平成19年3月26日(月)

◆湖南・守山市◆
平山郁夫氏の新作
「大唐西域画」公開
=佐川美術館で記念展=

◆甲賀・甲賀市◆
信楽の里、窯元訪ねませんか
「散策路の仲間たち展」
=30日からスタンプラリー=


◆甲賀・甲賀市◆
近江のやきもの
入門書
=陶芸の森が発刊=


◆東近江・東近江市◆
役立つ知識、技術を学ぶ
親子350人が防災体験
=ここだワン! 救助犬訓練も見学=


◆東近江・東近江市◆
東近江市 文化政策ビジョン
懇話会 策定へ提案書を提出
魅力ある文化まちづくりへ
=協働でプロジェクト推進=


平山郁夫氏の新作

「大唐西域画」公開

=佐川美術館で記念展=



◆湖南・守山市◆

 佐川美術館(守山市水保町)は、このほど新たに収蔵した日本画家・平山郁夫氏の作品「大唐西域画」を一般公開する記念展を開催している。期間は六月十七日まで。

 設立母体である佐川急便が創立五十周年の記念事業として、同氏の新作「大唐西域画」全七場面十三点を収蔵した。この作品は、唐の高僧・玄奘三蔵が仏教の教義・経典を求め、中国長安からシルクロードを経てインドに至る足跡を、同氏が数十年にわたる現地取材の中でスケッチを重ねて完成させたもの。連作は、長安の夜明けに始まり、インド・ナーランダの夜でおわる。

 入館料は一般千円、高・大生六百円、小・中生三百円。問い合わせは同館(077-585-7800)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


信楽の里、窯元訪ねませんか

「散策路の仲間たち展」

=30日からスタンプラリー=


◆甲賀・甲賀市◆

 信楽の陶芸作家による「窯元散策路の仲間たち展」が、三月三十日から四月一日までの三日間、窯元が集まる甲賀市信楽町長野で開催される。当日は十一の窯元を訪ね、スタンプを集めれば参加賞がもらえる。

 問い合わせは、主催の「信楽窯元散策路のWA」事務局の今井智一・丸滋製陶代表取締役(電話0748-82-0033)まで。なお、スタンプラリーに参加している窯元、開催している催しは次の通り。

 ▽「嶋吉陶房」新作展▽「丸滋製陶」職人体験教室▽「壷久郎陶房」絵付体験(有料)▽「丸倍製陶」登り窯見学▽「卯山窯」野外展示▽「谷寛窯」つくり手達のコラボレーション展▽「顕三陶房」ろくろ実演見学▽「ますみ窯」足湯&お楽しみ▽「やすお陶房」野外ギャラリー▽「松庄」信楽焼のめし炊き釜で炊いたご飯


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


近江のやきもの入門書

=陶芸の森が発刊=


◆甲賀・甲賀市◆

 近江の焼きものの歴史たどる書籍「近江やきものがたり」がこのほど、刊行された。約九千年に及ぶ近江(滋賀)の焼きものの歴史を、分りやすく紹介したもの。

 信楽焼をはじめ、県内の焼きものの全体像や歴史を網羅した入門書はこれまでほとんどなかった。編集・著作にあたった県立陶芸の森は「陶芸愛好家や、県民に近江のやきものの魅力に親しんで戴ける待望の一冊」とPRしている。

 内容的には、先史・古代の土器から現代陶芸まで、二百二十七件の作品・資料を収録している。また、解説をはじめ、銘・箱書の関連写真や、年譜、用語解説、地図など関連資料も充実している。

 四六判・オールカラーの三百七十六ぺージ。定価は千八百九十円(本体千八百円)。書店または陶芸の森ホームページ(http://www.sccp.jp)から注文することもできる。問い合わせは陶芸の森(電話0748-83-0909)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


役立つ知識、技術を学ぶ

親子350人が防災体験

=ここだワン! 救助犬訓練も見学=



◆東近江・東近江市◆

 東近江市上二俣町の永源寺運動公園でこのほど、緊急事態にでも適切に、安全に身を守る術を身につけてほしいと、親子らを対象にした「春の防災体験教室」が開かれた。

 火山列島の日本、大規模な地震がいつ起きるとも分からない。そんな事態に備え、楽しく学びながら災害時に役立つ知識や技術を身につけてほしいと、同市永源寺商工会青年部が企画した小・中学生親子ら対象の体験型防災教室で、二回目の今年は、市内外から約三百五十人の親子が参加した。

 会場では、ライフラインが切れた場合を想定して、摩擦熱を使った火おこしや水のろ過、アルミ缶炊飯の方法を教わる「サバイバル体験」が行われたほか、起震車による地震体験や煙体験、放水体験のほか、災害救助犬・ウイズとアトレーユ(富山市のNPO法人全国災害救助犬協会)の救助訓練が展開され、見事、人が入った箱を嗅ぎわけると、子どもたちから大きな拍手が起こった。

 このあと、自衛隊の特殊車両(ジープ、バイク、ファイバースコープ等)との記念撮影を楽しんだ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江市 文化政策ビジョン

懇話会 策定へ提案書を提出

魅力ある文化まちづくりへ
=協働でプロジェクト推進=



▲織田座長から提案書を受ける中村市長
◆東近江・東近江市◆

 東近江市文化政策懇話会(十九人)の織田直文座長(京都橘大教授)と村田利子副座長(市文化団体連合会長)は、このほど文化政策ビジョン策定に向け提案書を中村功一市長に手渡した。

 懇話会は、文化の視点を取り入れた魅力あるまちづくりを目指す「文化政策ビジョン」の方向性について、十七年度にまとめた文化政策基礎的調査を基に、十八年七月から協議を重ねてきた。

 織田座長は「市民の積極的な議論からまとめたビジョン(案)が文化をテーマにしたまちづくりのあらゆる場面で生かされ、心豊かな東近江市になることを期待する」と述べ、中村市長は「提案のビジョンをもとに、文化の薫る取り組みを進めていきたい」と答えた。

 提案内容は、「お互いさまとおかげさまの心で築くまちづくり」をキャッチフレーズに、基本方針を「文化のまちづくり」「文化の基盤整備」「文化の拠点形成」「文化の経済・産業育成」「協働型自治文化の構築」の五点にまとめている。

 早期に取り組むべき具体的な事業を「知」「食」「木と水」「光」「風」をイメージする五プロジェクトにまとめ、実現には市民と行政が協働して進めることが必要と提案している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ