平成19年4月16日(月)

◆大津・大津市◆
県立近代美術館の常設展示
現代美術における「女性の力」
=ポップアートの名作「泣く女」など=

◆湖東・彦根市◆
彦根城築城400年祭
ひこにゃんクリップでPR
=各種催しで観光客に配布=


◆東近江・日野町◆
色付き甘み抜群!
いちご狩り実施中
=日野ダリア園で=


◆東近江・竜王町◆
人形劇通じて子育て支援
ボランティアを募集中
=NPOスペースwill=


◆東近江・近江八幡市◆
「祈りと祭り」刊行
近江八幡の歴史 第3巻
=市内関係施設・書店で発売=


県立近代美術館の常設展示

現代美術における「女性の力」

=ポップアートの名作「泣く女」など=


▲ロイ・リキテンスタイン「泣く女」
◆大津・大津市◆

 県立近代美術館(大津市)は、「女性の力」と題して、同美術館コレクションのなかから「現代美術における女性像」「女性アーティストによる表現」を集めた常設展を開催している。期間は七月一日まで。

 同展は、ボランティアの美術館サポーターが企画のプロセスに参加する新たな試み「サポーターズ・チョイス」で実施している。具体的には、学芸員が出品作品を選ぶのではなく、サポーター有志による投票によって決定された。

 展示されているのは、日本を代表する現代美術作家・草間彌生氏の「無限の網 No2」、ヨーロッパを代表する女性現代美術作家・アバカノヴィッチ氏の「群衆 」、ロイ・リキテンスタイン氏の女性の泣く横顔を描いたポップアートの名作「泣く女」など。

 入場は一般三百五十円、高校大学生二百五十円、小中生百二十円。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


彦根城築城400年祭

ひこにゃんクリップでPR
=各種催しで観光客に配布=


◆湖東・彦根市◆

 (社)びわこビジターズビューローは、国宝・彦根城築城四百年祭を全国的にPRしようと、「ひこにゃんオリジナルクリップ」を作成した。

クリップ本体は同祭マスコットキャラクター“ひこにゃん”がモデルで、台紙は井伊の赤備えをイメージした赤色を基調とし、中心には「井形紋」を配置、四百年の四にちなんで「井形紋」の四つの角に“癒し系キャラ”として爆発的な人気を呼んでいる「ひこにゃんオリジナルクリップ」を配置した。

滋賀観光ファンクラブ 会員(メルマガ)や彦根市内での各種催しなどで個人、団体客にプレゼントする。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


色付き甘み抜群!

いちご狩り実施中

=日野ダリア園で=



▲実の部分をやさしく持ち上げるだけで簡単に収穫できるイチゴ
◆東近江・日野町◆

 NPO法人日野ダリア園(平谷宗夫会長)で、現在、酸味が少なく甘味の強いイチゴ“章姫(あきひめ)”が次々と真っ赤に色付き、食べ頃サインを発信している。

 同園関係者は「ここ最近の好天続きで、収穫が間に合わないほど章姫が一気に色付き、甘みも抜群」と語り、自然豊かな同園の雰囲気と取れたてが味わえる至福のときを楽しんでほしいと来園を呼び掛けている。

 いちご狩りは一時間以内食べ放題。料金は、六月中旬まで平日が大人一千円、小人八百円、幼児三百円、土・日・祝日が大人一千二百円、小人一千円、幼児五百円。事前予約が必要。

 開園時間は午前十時から午後四時まで。イチゴのパック販売も実施中。 予約また問い合わせは、NPO法人日野ダリア園(0748―52―5651)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


人形劇通じて子育て支援

ボランティアを募集中

=NPOスペースwill=


◆東近江・竜王町◆

 NPOスペースwill(松浦弘美代表)は、子育て支援事業の新たな取り組みとして、四月から人形劇を通じて子どもたちの情操を豊かにする「人形劇ボランティア」をスタートさせた。この二十二日午後一時半から、竜王町岡屋にあるスペースwill事務所で三回目の活動を行う。

 松浦代表が目指すのはみんなでわいわい言いながら人形劇を作りあげていくボランティアサークル。現在、題目を決めて初心者でもできる簡単な人形づくりから取り掛かり、二回の活動を終えたところだという。

 「何よりもボランティア自身が楽しみながら活動し、そのわくわく感を子どもたちにどんどん伝えていきたい」と、人形劇経験の有無また老若男女問わず広く参加を呼び掛けている。

 活動日は原則として土曜、日曜日のいずれかを予定。人形劇ボランティア参加希望者は、NPOスペースwill・松浦代表(0748―58―1783)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ

「祈りと祭り」刊行

近江八幡の歴史 第3巻

=市内関係施設・書店で発売=



▲刊行された「近江八幡の歴史」第3巻
◆東近江・近江八幡市◆

 近江八幡市の市史編纂室は、「近江八幡の歴史」第三巻となる「祈りと祭り」を刊行、このほど販売を開始した。

 「近江八幡の歴史」は、テーマ編五巻、通史編四巻の全九巻。今年の「祈りと祭り」は、一昨年の第一巻「街道と町なみ」、昨年の第二巻「匠と技」に続くテーマ編第三弾。A4判、全カラーの三百ページ。一冊三千円。

 第一章「左義長」、第二章「松明祭り」、第三章「魅せる祭り」、第四章「節目を迎える」、第五章「暮らしの中の祈り」から成り、読みやすい本文と、豊富な写真や資料を大きく使う等、楽しみながら理解を深めることができる。

 購入申し込みは、専用はがき、電話(0748―33―2118)、ファクス(0748―33―2139)、メール(010424@city.omihachiman.lg.jp)で市史編纂室へ。また、市史編纂室(桜宮町)、市役所一階案内、市立図書館、市立資料館、市内公民館、市内各書店でも、直接購入することができる。

 問い合せは、市市編纂室(TEL0748―33―2118)まで。 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ