平成19年4月30日(月)

◆全県◆
「糸賀一雄記念賞」候補募る
=障害福祉の功績表彰=

◆大津・大津市◆
花咲き乱れる比叡山頂へようこそ!
ガーデンミュージアム今シーズン営業開始
=1万5千球のチューリップなど彩る=


◆大津・大津市◆
あなたは“花より団子派”?
花と和菓子テーマにガイド
=びわ湖大津観光協会=


◆湖南・栗東市◆
栗東金勝山へのハイキングは
=こんぜシャトルバスで!=


◆東近江・東近江市◆
自信作募集
花壇とバスケット
=花フェスタin2007=


「糸賀一雄記念賞」候補募る

=障害福祉の功績表彰=



▲「この子らを世の光に」と訴え続け、障害者福祉の向上に尽くした故糸賀一雄氏
◆全県◆

 財団法人糸賀一雄記念財団(理事長・嘉田由紀子県知事)は五月三十一日まで、第十一回「糸賀一雄記念賞」の候補者を募っている。

 生涯を通じ、障害者福祉の向上に尽くした故糸賀一雄氏の心を受け継ぐ同賞は、障害者やその家族が安心して生活できる福祉社会の実現に寄与することを目的に、多年にわたって障害福祉の分野で活躍している人へ贈られるもので、候補者資格は、日本、東アジア地域、東南アジアおよび西太平洋地域(オーストラリアとニュージーランドは除く)に居住し、障害者福祉の活動実績が高く評価され、今後の活躍が一層期待される個人。

 推薦のあった候補者の中から、選考委員会が選び、理事会の決定を経て今秋に受賞式を行う予定で、受賞者には一人につき賞状と賞金二百万円が授与される。

 応募は、自薦、他薦を問わない。ただし、自薦の場合は第三者の推薦書を必要とし、所定の候補者応募書に必要事項を明記して五月三十一日までに送付する。

 選考委員は、国際医療福祉大学総長・(財)糸賀一雄記念財団副理事長の大谷藤郎氏、(財)日本知的障害者福祉協会顧問・(社福)旭川荘理事長・川崎医療福祉大学名誉学長の江草安彦氏、東京都立東部療育センター院長・(社)日本知的障害者福祉連盟会長の有馬正高氏ら。

 なお、障害者福祉の父と称えられる糸賀氏は、荒廃した戦後のなかで障害児者の人権と福祉を訴え、昭和二十一年に「近江学園」を創立。全国から集まった福祉関係者によって先駆的な取り組みが展開されてきたが、同四十三年九月、「この子らを世の光に」と訴え続けた壇上で倒れ、五十四歳の若さでその生涯を閉じた。

 学園の創立から半世紀が経ったいま、国はようやく人権の世紀に取り組んでおり、県は、これを支える関係者の発掘・育成・奨励を行うことによって多様な人と情報が交流し、更なる障害者福祉の向上につながることを目指している。

 送付先と問い合わせは、糸賀一雄記念財団(〒520―3111滋賀県湖南市東寺4丁目1―1、0748―77―0357)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


花咲き乱れる比叡山頂へようこそ!

ガーデンミュージアム今シーズン営業開始
=1万5千球のチューリップなど彩る=


▲チューリップ(〜5月上旬)
◆大津・大津市◆

 比叡山頂ガーデンミュージアム比叡(京都市左京区修学院尺羅ケ谷四明ケ嶽)が、四月二十日から今シーズンの営業を始めた。「香りの庭」の全面植替えを開業以来初めて行ったほか、六十種・一万五干球のチューリップが五月上旬まで咲き誇る。そのほか、ビオラ、パンジー、アネモネ、ルピナス、マーガレットそしてシャクナゲなどが春の庭を彩る。

 ギャラリーでは、「西村昌佐子銅版画展―幸福な場所―」(四月二十日―五月二十日)が開催される。京都市で銅版画を主宰する西村昌佐子さんの個展で、約五十点の作品を展示・販売する。

▲ビオラ(〜5月下旬)
 営業時間は通常期午前十時―午後五時半。七月十四日から九月二日までの土日祝日、八月九日から同月十九日までは午前十時―午後九時(ナイター営業の入園は午後八時まで)。入園料金は四月二十日から十一月十九日までは大人千円・子供(四歳―小学生)五百円、十一月二十日から十二月二日までは大人五百円・子供(四歳―小学生)二百五十円。

 電車・バス・ケーブル・ロープウェイで比叡山頂へ行くには、京阪坂本駅またはJR比叡山坂本駅から坂本ケーブルでケーブル延暦寺駅下車し東塔バス停からバスで「比叡山頂」下車すぐ。自動車の場合、国道161号堅田・雄琴方面から奥比叡ドライブウェイ。

 問い合わせは、ガーデンミュージアム比叡(075―707―7733)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


あなたは“花より団子派”?

花と和菓子テーマにガイド

=びわ湖大津観光協会=


◆大津・大津市◆

 社団法人びわ湖大津観光協会は、大津の花と名所、和菓子を紹介するガイドブック「大津春の観光季刊誌 春号」を製作した。自然のなかで春の息吹を感じられる観光スポットや大津ならではの繊細な味を味わえる和菓子の名店を中心に紹介している。

 A4版八ページ、中綴じ、四色印刷で、五万部発行。内容的には特集「大津、湖都の春、花と和菓子めぐり」「花の香りに誘われてスイーツ&クルーズ」「坂本の歴史息づく素朴な味わい」「雄大な琵琶湖と春を告げる花々の共演」、花の歳時記、大津花ごよみとなっている。

 冊子を配布しているのは、JR西日本五十九駅のほか、観光案内所(大津駅、石山駅、坂本、石山寺)、大津市役所観光振興課、びわ湖大津観光協会など。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


栗東金勝山へのハイキングは

=こんぜシャトルバスで!=


◆湖南・栗東市◆

 狛坂磨崖仏や名刹金勝寺、湖南地域最大の九品の滝など見どころのある金勝山へのシャトルバスが、六月三十日までの土、日、祝日、JR手原、JR栗東の両駅から運行される。料金は一日フリーパス大人八百円、小学生四百円(車内で販売)。片道は大人五百円、小学生二百五十円(どの停留所で降りても同一料金)。

 往路は栗東駅東口を出発、JR手原を経由し、中村バス停、片山バス停、道の駅こんぜの里付近バス停、こんぜの里森遊館バス停に到着し、復路は折り返し逆ルートで栗東駅へ向かう。

 片山バス停は九品の滝、大野神社、春日神社、十九道ダムに近く、道の駅こんぜの里付近バス停は金勝山県民の森、道の駅こんぜの里りっとう、金勝山ハイキングコース(金勝山、竜王山、狛坂磨崖仏、天狗岩)への足掛かり。宿泊研修施設森遊館やバンガロー村の利用者は、こんぜの里森遊館バス停で降車する。

 問い合わせは栗東市観光振興室(077-551-0126)へ。なお、運行ダイヤは次の通り。

  【往路】
 JR栗東駅東口(9時05分、11時、14時50分)〜JR手原駅(9時17分、11時12分、15時2分)〜中村(9時23分、11時18分、15時8分)〜片山(9時26分、11時21分、15時11分)〜道の駅こんぜの里付近(9時37分、11時32分、15時22分)〜こんぜの里森遊館(9時38分、11時33分、15時23分)

  【復路】
 こんぜの里森遊館(9時48分、13時54分、15時34分)〜道の駅こんぜの里付近(9時49分、13時55分、15時35分)〜片山(9時56分、14時2分、15時42分)〜中村(9時59分、14時5分、15時45分)〜JR手原駅(10時5分、14時11分、15時51分)〜JR栗東駅東口(10時17分、14時23分、16時3分)。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


自信作募集

花壇とバスケット

=花フェスタin2007=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市と財団法人・愛の田園振興公社は来月二十七日、あいとうマーガレットステーションで開催する「花フェスタ2007in愛の田園コンテスト」の作品出品者を募集している。

 募集する作品は、コンテナ花壇百点、吊り下げタイプと壁掛けタイプのバンキングバケットそれぞれ五十点で、いずれも自宅で育てた花苗や市販のもので製作したオリジナル作品であること。大きさと種類は自由。個人でもグループでも参加できる。作品の搬入は五月二十四日。応募締切は五月二十日。申し込みと問い合わせはマーガレットステーション(0479-46-1110)へ。 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ