平成19年6月23日(土)第14756号

◆東近江・東近江市◆
焼き物職人らの住居跡
芝原南遺跡発掘調査
=あす午後1時半から現地説明会=

◆東近江・東近江市◆
新茶 一緒に味わおう!
政所小学生が招待
=地域住民と「チャムチャムパーティー」=

◆東近江・東近江市◆
東近江市消防団第8方面隊
小型ポンプの中継に力点!
=蒲生頭首工活用し火災防御訓練=


◆東近江・東近江市◆
花の美・表現
アピアで写真展
=競い合う力作60点=


◆東近江・近江八幡市◆
まだまだ進化する
健康推進友の会創立5周年
定年退職男性ボランティアの祖
=「近江八幡方式」として全国へ=


焼き物職人らの住居跡

芝原南遺跡発掘調査

=あす午後1時半から現地説明会=


▲芝原南遺跡発掘現場。上前方の白い屋根は布引運動公園体育館
◆東近江・東近江市◆

 東近江市教委は二十一日、同市芝原町の布引丘陵で進めていた芝原南遺跡の調査で、白鳳期〜奈良時代前半(七世紀〜八世紀)にかけての集落跡を発掘したと発表した。あす、二十四日午後一時半から一般市民対象の現地説明会を開く。

 発掘場所は、市が進めている布引運動公園建設予定地で、今年四月から二ヶ月間かけて約四、五○○平方メートルの面積を対象に遺構の試掘調査と出土品の分析を進めていた。

▲出土した不良ばかりの須恵器など
 今回の調査で、かまどや貯蔵穴がある竪穴式住居三棟の跡と、もともと住居にあったのではないかと考えられる五十基の土壙(どこう・地面に掘られた穴)を発掘し、須恵器を中心に多数の土器が出土した。

 現場は、須恵器を焼いた窯跡が見つかっている壺焼谷遺跡に隣接することから、焼き物づくりに関わる人々の集落跡ではないかと考えられている。

 また、発掘された土器のほとんどは、変形したり欠けていたりしていることから、壷焼谷遺跡の窯で焼き上がった不良品を捨てたのではないかと、推測される。

 調査後の現場は、運動公園敷地の一部に造成される。一般対象の現地説明会の集合場所は、布引運動公園体育館東側の県道から入った工事現場内の広場。雨天決行。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


新茶 一緒に味わおう!

政所小学生が招待

=地域住民と「チャムチャムパーティー」=


▲地域住民を招いた政所小学生の「チャムチャムパーティー」
◆東近江・東近江市◆

 政所茶の産地・東近江市政所町の政所小学生十七人が二十日、摘み取った新茶を振る舞う「チャムチャムパーティー」を開き、招待した地域住民三十人とお茶を囲んだ楽しい一時を過ごした。

 同校では、地域の産業と環境を学ぶ総合学習として学校茶園(二アール)を栽培しており、三月から九月までを中心に施肥や除草、えん刈り(丸く形を整える作業)などの作業を続けている。先月二十七日には、住民の協力を得ながら新芽の手摘み作業を行い、六十五キロの茶葉を収穫した。

 パーティーは、そのお礼にと、お世話になっているお年寄りら地域住民を招き、製茶したお茶を振る舞う交流会で、企画から招待状の配布まで子どもたちが行った。また、植物や生物観察から学んだクイズや発表、合唱会などを繰り広げ、子どもたちの一生懸命な姿に会場から大きな拍手が贈られた。

 中でも、六年生四人が演じた昔話の寸劇「イワナの坊さま」は、イワナをたくさん獲るために違法な手を使おうとする村人と、それをやめさせようとする坊さんに化けた川の主とのやりとりを展開し、生き物を大切にすること、命の尊さを知ってほしい―というメッセージを熱く込めた。

 この日を楽しみにしていたと言う女性は「とてもおいしいお茶でした。発表を聞いて自分自身の勉強にもなり、子どもたちに教えてもらいました」と話していた。

 また、政所駐在所の畑野武雄さんは「子どもたちが丹精込めてつくったお茶は大変おいしかった。今年入学の一年生も、三カ月の間の成長を実感しました」と優しく見守り、健やかな成長を願っていた。

 このあと、お手玉やおはじき、けん玉などの「昔の遊びコーナー」が設けられ、お年寄りたちにコツを教えてもらうなどして楽しくふれ合った。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江市消防団第8方面隊

小型ポンプの中継に力点!

=蒲生頭首工活用し火災防御訓練=


▲管理者の協力を得て蒲生頭首工の管理橋上に可搬ポンプを運びホースラインを確保(蒲生大森町地先で)
◆東近江・東近江市◆

 東近江市消防団第八方面隊(福永敬治隊長)が十七日、同市蒲生大森町地先の蒲生頭首工付近で、小型ポンプでの中継に力を入れた「火災防御訓練」を繰り広げた。

 これは、蒲生地域での災害に備え、第八方面隊内の連携強化と現場に即応した指揮の統制、組織活動の体制づくりを目的にしたもので、頭首工を管理している水土里ネット日野川流域が農業用水の多面的利用の観点から訓練に協力した。

 午前六時四十五分、大森橋付近の日野川沿い竹やぶから出火し、強風で対岸の竹やぶに延焼、さらに燃え広がる危険性が迫っているとの想定で、訓練がスタート。

▲ホースをかつぎ次々と延長する消防団員ら
 蒲生西小学校前駐車場に現場指揮本部を設置し、第八方面隊の消防団員百四十人に出動命令が下った。火災現場付近はポンプ車といった大型車両の進入が難しいことから、小型ポンプ車などに分乗して駆け付けた。

 消防団員らは、まず、山之上幹線用水路や蒲生頭首工付近で水利を確保した。その後、可搬ポンプ約二十台を均等に配置し、その間を四〜五本のホースでつなぎ、安定した水の供給に努めた。また、管理者の協力を得て、普段立ち入ることのできない頭首工の管理橋上にもホースラインを伸ばし、対岸からの消火活動も展開。

 初めて訓練に参加した日野川流域管理課・西村勲課長は、「頭首工付近には常に水があり、防火用水にも適していると考える。これからは他地域での訓練にも参加し、農業用水としての利用だけでなく防火用水としての活路も広げていきたい」と話していた。

 約一時間にわたる訓練終了後、東近江市消防団・宇川惠三団長は小型ポンプの中継に力点を置いた珍しい訓練を高く評価し、東近江行政組合日野消防署・野田久三郎署長が「高低差のある場所では、筒先の圧力を維持するのも難しくなる。可搬ポンプは林野火災では重要なものであり、何度も訓練を繰り返して技術習得に努めてほしい」と呼び掛けた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


花の美・表現

アピアで写真展

=競い合う力作60点=


▲アピア四階で開かれている「花・花フォトコンテスト」
◆東近江・東近江市◆

 アピア四階の情報プラザで、広く一般から募集された花の写真展「花・花フォトコンテスト」が開かれている。二十五日まで。

 一階の写真店・カメラのスズカが毎年、この時期に開いているもので、今年もカメラ愛好者を中心に約六十点の力作が寄せられ、出来映えを競い合っている。

 会場には、満開のサクラ、梅雨に似合うアジサイ、春の花が咲いた風景などのほか、花をクローズアップした特殊撮影作品など、様々な視点で花の美しさをフィルムカメラやデジタルカメラでとらえた作品が並んでいる。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


まだまだ進化する

健康推進友の会創立5周年

定年退職男性ボランティアの祖
=「近江八幡方式」として全国へ=


▲創立5周年を祝う式典――ウェルサンピア滋賀で――
◆東近江・近江八幡市◆

 全国的に注目を集める近江八幡市の定年退職男性による地域ボランティア活動のきっかけとなった「健康推進友の会」が創立五周年を迎え、記念の式典が、同市北之庄町のウェルサンピア滋賀で二十一日開かれた。

 記念式典には会員ら約三十人が出席。塩川和宏代表があいさつで、「一緒に料理を作り、食をする仲間と気持ちの通じるものが生まれ、参加できるときだけ参加しようという基本スタイルで気楽にスタートした」と創立当時を振り返り、厳しい指導とやさしく接してくれた行政担当者へ感謝の意を示した。

 同会生みの親である市高齢・障がい生活支援センターの森村敬子さんと岩越和子さんが来賓として招かれ、森村さんが「当時は、定年退職者を地域でどう受け入れるかが課題だった。いつまでも健康で自分らしくいきいきと暮らしてほしいという目標を、みごとに実践していただき、先導役として活躍されている」とたたえ、岩越さんは「中高年のための健康講座」開設を前に著名な料理家に講師を断られたことから、「自分達でNHKが取材に来るような誇れる活動にしよう」とファイトを燃やした裏話などを紹介しながら、「やるべき課題が先にあるのではなく、仲間がいるだけで集まり、いろんな活動へ広げていくという、他の自治体とは違う『八幡方式』を作り上げ、NHKを含めて他方面から取材や視察を受けるようになった」と、一緒に喜んだ。

 また、冨士谷英正市長も祝いに駆け付け、「みなさんの経験や知恵を近江八幡市のためにお貸しいただいている。ボランティアの伝統を八幡から発信し、さらなる活躍と発展を」と述べ、行政の支援を約束した。

 単なる式典だけで済まないのがおやじたちの心意気。森村さんから認知症について講義を受け、認知症が老化とは違う記憶のメカニズムの比較を通じて病気であることを正しく理解し、対応の仕方、誰がなっても安心して生きられる本当のまちづくりへ理解を深め、認知症サポーターの印であるオレンジリングを受け取った。認知症予防のキーワードは感動・興味・工夫・健康・恋心の「か・き・く・け・こ」。

 「健康推進友の会」は、平成十四年二月健康福祉部が開講した「中高年のための健康講座」受講生が、せっかくの出会いを大切にしようと自主活動グループとして同年六月に結成。以来、毎月一回六十歳前後の男性を対象にした料理教室を開き、今月で六十回を迎える。

 また、毎年の講座受講生が同様のボランティア組織を結成し、あるいはそれぞれの会を飛び越えた新たなグループが次々とできあがり、今では連合組織「近江八幡おやじ連」として、裾野を広げている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


◆************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ