平成19年7月18日(水)第14777号

◆甲賀・甲賀市◆
甲賀市工業会、25日に発足
=まちづくりへの貢献目指す=

◆東近江・東近江市◆
消費者セミナー第2弾
チャレンジ!食育クッキング
=新たな発見 乳製品で和食=


◆東近江・東近江市◆
幼児〜年輩者まで
華麗にステージ飾る
第21回発表公演
=内藤ひろみバレエ研究所=


◆東近江・東近江市◆
サマーデイキャンプ
カレー作りで交流
=子育てサロン「チャオ」=


◆東近江・近江八幡市◆
近江八幡・竜王・安土で
合併考える意見交換会
=8月5日 男女共同参画センター=


甲賀市工業会、25日に発足

=まちづくりへの貢献目指す=


◆甲賀・甲賀市◆

 甲賀市工業会が二十五日に設立される。市内には事業所が四百五十社あり、年間製造出荷額は六千六百十七億円と県内二位。同会には正会員七十八社、賛助会員五社が参加し、会員相互の交流と創造的活動を通じて工業の振興を図り、甲賀市の目指すまちづくりの実現に寄与することを目的とする。

 同会の活動目標は次の通り。

 ▽「人が集まる環境づくり」=人口増加はまちづくりの基本であり、人材は企業経営の要。甲賀市の人口増加にむけた施策を「工業会」として検討する。

 ▽「働きやすい進出しやすい環境つくり」=甲賀市の工場立地条件の優位性の検証を通じて課題の顕在化と対応について。

 ▽商圏ネットワークの拡大促進=会員同士の相互補完体制の具現化を追求し、ビジネスチャンスにつながるネットワーク構築を目指す。

 ▽関係機関及び企業間交流の活性化=関係機関との連携、企業間交流、会員の企業ガイド発刊など、工業会の組織的活動を通じて情報の開示と共有化に取り組む。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


消費者セミナー第2弾

チャレンジ!食育クッキング

=新たな発見 乳製品で和食=


▲骨粗しょう症などを予防する牛乳と乳製品。意外な食材で和食づくりを楽しむ参加者ら
◆東近江・東近江市◆

 東近江市五個荘公民館(五個荘竜田町)でこのほど、同市消費生活課主催の第二回消費者セミナー「チャレンジ!食育クッキング」が開かれ、参加の男女二十六人が乳製品の基礎知識や調理法を教わった。

 エムズキッチン関西から二人の栄養士を講師に迎え、牛乳・乳製品についての基礎知識や骨粗しょう症予防など、食生活についての話を聞いたあと、さっそく調理に取りかかった。

 メニューは「鮭のチーズちらしずし」「豆腐とチーズのトースター焼き」「ヨーグルトのかき玉スープ」「抹茶の変わり白玉」の四品で、それぞれ役割分担を決めながら料理づくりを楽しみ、約一時間余りで美味しそうな匂いが立ちこめた。

 試食後、参加者らは「意外な食材でとても美味しいご馳走ができ、新しい発見です」「乳製品がこんなにも和食に合うなんてビックリです」「家で穫れた野菜と身体によい乳製品を使って、さっそく家族に食べさせたい」などと話し、簡単に出来る美味しい料理に大満足の様子だった。

 また、乳製品が苦手な人も「孫と一緒に一日三回、乳製品を食べるようにしたいです」と話していた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


幼児〜年輩者まで

華麗にステージ飾る

第21回発表公演
=内藤ひろみバレエ研究所=


▲全員で華麗な演技を繰り広げた第21回発表公演
◆東近江・東近江市◆

 内藤ひろみバレエ研究所の第二十一回発表公演(滋賀報知新聞社など後援)が、十五日午後一時半から八日市文化芸術会館大ホールで行われ、同研究所に通う三歳児から五十歳代の年輩者まで約五十人の教室生が華麗な演技でステージを盛り上げた。

 一年間のレッスンの成果を一般の人々にも観てもらうことで、教室生のモチベーションを高め、同時にバレエの楽しさを広く知ってもらおうと毎年開かれている。

 今回は、ロシア人指導者の振付とプロダンサー二人をゲストに招き、約五時間半の第六部構成で幕が開いた。ソロの演技を集めた一、三、五部のバレエコンサートでは、覚えたばかり可愛い演技や磨いた技を披露する精一杯のソロの演技が次々と繰り広げられ、家族や友人、一般の人々で埋まった会場から盛んな拍手が送られた。

 ゲストと共演した第二部の「ライモンダ第一幕より」や第六部の「ドン・キホーテ第三幕より」は、ステージ一いっぱいに華麗な演技が繰り広げられ、客席を魅了した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


サマーデイキャンプ

カレー作りで交流

=子育てサロン「チャオ」=


▲大きな鍋でカレーづくりに取り組む子どもたち
◆東近江・東近江市◆

 東近江市の子育てサロン「チャオ」のサマーデイキャンプが十六日、小田苅町地先の愛知川沿いにあるすこやかの杜で開かれた。

 夏休みを前に市内の小学生を対象にみんなで協力し合う野外活動を通して交流を深めようと開催。参加の呼びかけに市内九校の三〜六年生、合わせて二十三人が集まった。

 この日のメイン活動は、みんなでおいしいカレー作り。準備された野菜の皮を剥いて一口大に切りそろえたり、薪でご飯を炊いたり、スタッフの指導を受けながらオリジナルカレー作りに取り組んだ。

 中には、包丁を初めて持つ児童やご飯を炊く子もいたが、教えたり、教えられたりしておいしいカレーが出来上がり、自然の中で格別の昼食を囲んだ。

 午後からは、竹で水鉄砲を作り、的当てゲームを楽しみ、交流を深めた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


近江八幡・竜王・安土で

合併考える意見交換会

=8月5日 男女共同参画センター=

▲7月1日付けで対象地域住民に配布された「地域の将来を考えよう!」創刊号

◆東近江・近江八幡市◆

 県が昨年十二月に策定した「自主的な市町の合併の推進に関する構想」の考え方(近江八幡市・竜王町・安土町)の周知と、合併推進に向けて住民と意見交換を行う「市町合併を考える意見交換会」(県・県東近江地域振興局主催)が、八月五日午後二時から県立男女共同参画センターで開催される。

 県総務部自治振興課からの話題提供を受けて、県東近江地域振興局長はじめ担当職員に、総務省合併推進課員で県市町合併推進審議会会長の真山達志同志社大学政策学部教授をオブザーバー役として加わえ、参加者と共に意見を交換する。

 この意見交換会への参加者八十人を現在募集している。参加希望者は、東近江地域振興局地域振興課(TEL0748―22―7705)へ、二十日までに申し込みを。申込み多数の場合は抽選。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ