平成19年7月21日(土)第14780号

◆全県◆
エコ家族になりませんか
=県が実践プログラム参加者募る =

◆全県◆
新聞紙でつくる
=コンテスト=


◆東近江・東近江市◆
爽やかな輝き
吹きガラス展
=風野工房ギャラリー=


◆東近江・東近江市◆
たそがれコンサート
=22日 太子ホール=


◆東近江・東近江市◆
蒲生地区「青少年の主張大会」
小中学生15人の言葉
=大人の心に染み入る=


◆東近江・近江八幡市◆
夏の全国・国際大会出場
市長らが選手を激励
=近江八幡市 7大会10競技に35人=


エコ家族になりませんか

=県が実践プログラム参加者募る =


◆全県◆

  県琵琶湖環境部は、家庭向けのエコライフ実践プログラム「しが☆エコ家族プログラム」の参加者を募集している。

 地球温暖化への対応や、環境汚染の防止のためには、一人ひとりがライフスタイルを見直し、知らず知らず習慣となっている、環境に負荷をかける生活習慣を見直す必要がある。

 このプログラムは、環境にやさしい生活習慣(エコライフ)を身につけるために取り組むもの。

 従来「ISOエコ家族」として一年間のスケジュールで実施していたプログラムをこのほど改訂し、インターネット利用による参加を取り入れ、期間を三カ月としてより取り組みやすくした。日常の生活の中で、それぞれの家庭に合わせたエコライフを実践してもらえる。

 内容的には、エコライフ一覧表から取り組む項目を選ぶ「ISOエコ家族」、インターネットで家庭のCO2排出量を記録する「インターネット環境家計簿」、ゲーム感覚でエコライフを実践する「我が家の環境大臣」の三プログラムから、家族で一つを選ぶ。詳しくは、同部環境政策課(電話077ー528ー3493)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


新聞紙でつくる

=コンテスト=


◆全県◆

 NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社・稲葉英憲支社長)は八月三十一日まで、道路に触れ合い、親しんでもらうことを目的に、「第二回新聞紙で作る高速道路(橋)コンテスト」への参加者を募集している。

 このコンテストは、誰にでも簡単に入手して加工できる新聞紙を材料にし、高遠道路の橋梁を製作、作品のデザインや強さを競い合うもの。

 競技内容は▽耐荷の部=作品の真ん中に錘(おもり)を下げ、どれだけの重さに耐えられるか▽軽量の部=一キログラムの錘に耐える橋をいかに軽く作るか▽デザインの部=美しさのほか、独創性・機能性・企画力など、デザインに関して競い合う。それぞれ、中学生以下の部と一般の部がある。問い合わせは、同コンテスト事務局(電話052ー222ー1181)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


爽やかな輝き吹きガラス展

=風野工房ギャラリー=


◆東近江・東近江市◆

 透明な輝きが涼げな「山下達巳 吹きガラス展」が、東近江市永源寺相谷町にある風野工房ギャラリーで開かれている。二十二日まで。

 丈夫で実用的な作品づくりに励む山下さんは、兵庫県でガラス一筋三十年という大ベテラン。ほんのり色づいた器は自己を主張しすぎず、爽やかな引き立て役として使いやすい。無料。午前十時〜午後六時開館。

 山下さんは昭和二十六年佐賀県生まれ。カガミクリスタル製作所(東京)に入社し、横浜にガラス共同窯を開いたのち、兵庫県猪名川町に工房を設立。現在に至っている。問い合わせは風野工房ギャラリー(0748―27―2049)。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


たそがれコンサート

=22日 太子ホール=


◆東近江・東近江市◆

 中高年がステージを飾る「たそがれコンサート」は、二十二日午後七時から東近江市金屋大通りの太子ホールで開かれる。飲み物付きで五百円。

 八日市マンドリンクラブ、クロマティクハーモニカかめさんらの昔懐かしい曲のほか、みんなで歌おうコーナーもある。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


蒲生地区

「青少年の主張大会」

小中学生15人の言葉
=大人の心に染み入る=



▲原稿を見ず前を向き語る山本さん
◆東近江・東近江市◆

 「平成十九年度蒲生地区青少年の主張大会」(東近江市青少年育成市民会議蒲生支部主催)が十五日、蒲生公民館小ホールで開かれ、保護者や地域住民ら約二百三十人が子どもの思いに耳を傾けた。

 同蒲生支部の山田平一郎支部長は、冒頭、「子どもたちは大人の背中を見て育つ。未来に向かって前進している十五人のみなさんが、実直に語り掛けてくれる。最後までご静聴と応援を」と呼び掛けた。

 同大会には、企画段階から朝桜中学校生徒が携わり、受付や舞台裏などを担当。当日も生徒の司会進行により、小学四年生から中学三年生まで計十五人が登壇した。

▲会場を見渡しながら思いを伝える里本さん(蒲生公民館小ホールで)
 発表内容は、将来の夢や身近な川・湖・森から考えた環境問題、家族・仲間の存在に関するものが多く、実体験を通して言葉の重みや実践・継続する大切さに気付き、理想の人物像を膨らませていた。

 審査の結果、最優秀賞に、小学生の部で登校班長また学校の顔として「下級生から信頼される人になりたい」と語った蒲生北小六年・山本遥乃さん、中学生の部でいじめのつらい時期に親友の存在で救われた経験から人を信じ感謝する気持ちを知った朝桜中三年・里本真衣さんがそれぞれ選ばれた。里本さんは、県大会予選に推薦される。

 なお、大会結果は次の通り(敬称略)。

 【最優秀賞】小学生の部=山本遥乃(蒲生北小六年)▽中学生の部=里本真衣(朝桜中三年)

 【優秀賞】小学生の部=奥村波奈(蒲生東小四年)市川莉帆(蒲生西小四年)谷村良美(蒲生北小四年)藤原綾(蒲生東小五年)森田鈴音(蒲生西小五年)小林洋斗(蒲生北小五年)福島早織(蒲生東小六年)若村美波(蒲生西小六年)▽中学生の部=西澤光(朝桜中一年)本間桃里(同一年)諏訪貴之(同二年)川西寧々(同二年)北村光(同三年) 

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


夏の全国・国際大会出場

市長らが選手を激励

=近江八幡市 7大会10競技に35人=


▲決意表明する堀・八幡工業高校剣道部主将――近江八幡市役所で――
◆東近江・近江八幡市◆

 夏の全国大会や国際大会などに近江八幡市から出場する選手の激励会が、十八日に市役所玄関ロビーでで行われた。

 二十八日から佐賀県で開催される全国高校総体に三年ぶり六回目出場で春夏連続出場となる八幡工業高校剣道部をはじめ、小学生から成人まで約三十人が出席。

 冨士谷英正市長が、「大会をめざしてそれぞれがんばってこられた。晴れの舞台で悔いのない戦いをして、いい青春の、人生の思い出の一ページとしてもらいたい」と健闘を祈り、市スポーツ優秀選手として表彰し激励金を贈った。

 選手を代表して八幡工業高校剣道部主将の堀正人選手(三年)が「日頃の練習の成果を発揮します。湖国滋賀の代表として胸を張って試合し、近江八幡市の声援にこたえられるようがんばります」と力強く決意表明した。

 この後、冨士谷市長と中江義一教育長、加納隆市体協副会長らが出席した選手全員と握手し、激励した。

 出場するのは次のみなさん。敬称略。

【全国高等学校総合体育大会】7月27日―8月20日 佐賀県
 ▽剣道 男子団体 八幡工業高校(堀正人・林祐貴・門裕貴・中川良介・井上竜太・林俊輔・吉川駿介)▽同個人 堀正人
 ▽カヌー 男子カヤック団体 八幡商業高校(矢尾健太郎・横井裕介・西居慎平・貝原和馬・佃昌樹)
 ▽柔道 男子個人60キロ級 小森啓太(瀬田工業高校)
 ▽バスケットボール 男子 原田一樹(光泉高校)
 ▽バレーボール 男子 福井圭太・大本博也(近江高校)

【全国レディース卓球大会】7月27―29日 岐阜県
 ▽個人 斉藤久美子・北川のぶ子・長田登茂子(野洲クラブ)

【全日本少年サッカー大会】8月4―11日 福島県
 大橋稔矢(桐原小学校)吉田純斗(北里小学校)

【全日本少年少女空手道選手権大会】8月5日 東京都
 ▽個人 5年生女子組手・形 向井珠来(桐原小学校)▽4年同 藤村のどか(八幡小学校)▽2年同 向井緋誉莉(桐原小学校)

【全日本少年剣道練成大会】7月25・26日 東京都
 ▽小学の部団体 戸川あやめ・馬場悠河・戸川さくら・岸幹太・藤井颯太郎(桐原少年剣道道場)
 ▽中学の部団体 太田悠・池田一馬・葉玉成夢・水谷ひとみ・馬場彩実(桐原少年剣道道場)

【スイスオープン大会】7月18―23日・【アジアAG大会】8月5―10日 インドネシア
 ▽シンクロナイズドスイミング 個人 乾友紀子(近江兄弟社高校)

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ