平成19年7月28日(土)第14786号

◆大津・大津市◆
JC滋賀ブロック協議会が
=29日、『いのちの水』事業=

◆湖東・愛荘町◆
災害時の飲料提供協定
愛荘町と三笠コカ・コーラが締結
=災害救済自販機も設置=


◆東近江・東近江市◆
あす投開票 参院選
=政権交代に関心集まる=


◆東近江・近江八幡市◆
天下分け目の近江八幡
'07参院選 滋賀選挙区
1500人集会ガチンコは互角
=先行徳永VS猛追山下 あす投票=


JC滋賀ブロック協議会が

=29日、『いのちの水』事業=

◆大津・大津市◆

(社)日本青年会議所近畿地区滋賀ブロック協議会は二十九日、“守りたい・手渡したい『いのちの水』〜下流河川へ、そして未来へ〜”を県立近代美術館(大津市)で開催する。

 同協議会では、平成十五年に開催された世界水フォーラムで高まった気運を絶やすことなく、「マザーレイク21計画」を推進している滋賀県と協働して「琵琶湖」、「水」をテーマとして五年間継続して「水」事業を展開している。

 今年度は、琵琶湖の水を近畿一千四百万人が生きていくために必要な資源である『いのちの水』と捉え、意識変革事業を展開するもの。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


災害時の飲料提供協定

愛荘町と三笠コカ・コーラが締結

=災害救済自販機も設置=



▲愛知川庁舎前に設置された災害救援型自販機のテープをカットする木原取締役専務執行役員(左)と村西町長
◆湖東・愛荘町◆

 愛荘町は二十六日、地元に拠点工場がある三笠コカ・コーラボトリングから地震、水害等の大規模災害時に飲料水を提供してもらうことで合意し「災害時における飲料の提供協力に関する協定」を結んだ。また、同協定に基づき同社から提供を受けた「災害救援型自販機」を愛知川と秦荘の両庁舎に一台ずつ設置した。県内の市町に同自販機が設置されるのは初めて。

 同協定は、災害時に品不足で価格が高騰しても町災害対策本部の要請により、安定した価格で飲料品が提供され、自販機内の飲料も同本部の判断で被災者に無料で提供することができる。また、自販機一台につき、災害備蓄用の飲料を無償提供するというもの。数量と時期については今後調整することにしている。

 同自販機は、普段は他の機種と同じようにコーラやお茶、スポーツドリンクなど最大三十七種類、計六百本のペットボトルや缶入り飲料が収蔵され、有料販売されているが、大きな緊急災害時は、遠隔操作により代金を入れなくてもボタンを押すだけで希望する飲料品が出てくるもので、停電時でも内臓バッテリーに切り替わり、操作キーにより無料提供できる装置が組み込まれている。

 通常時は、飲料販売の他自販機頂部に設置されている液晶ディスプレイにニュースや町内の催し物などを知らせる地域情報、緊急時の災害情報が流れる仕組みになっている。すでに震災があった能登半島や新潟県内では普及が進んでいる。

 午後三時から愛知川庁舎で行われた調印式には、三笠コカ・コーラボトリングから木原伸司・取締役専務執行役員をはじめ四人、町からは村西俊雄町長、宇野一雄副町長、幹部二人が出席。木原取締役専務執行役員と村西町長が調印書にサインした。

 調印後、村西町長は「災害は必ずやって来るという認識で万全な対策に取り組んでいるが、まだ十分とは言えない。そうした中、我が町のシンボル企業ともいえるコカ・コーラさんの好意に大変感謝している」と謝辞を述べた。これに応え木原氏は「地元で四十年操業させてもらっており、滋賀県内で第一番目の調印は地元の愛荘町と決めていた。災害時に被災者の方々に少しでも役に立てることは、企業としてもうれしい」と述べた。

 調印式の後、役場庁舎前に設置自販機のテープカットが行われ、この日から稼働した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


あす投開票 参院選

=政権交代に関心集まる=

徳永候補 明日の政治を変える
山下候補 責任もって年金解決
坪田候補 暮らしと憲法を守る


◆東近江・東近江市◆

 参院選滋賀県選挙区(改選数一)は、民主新人の徳永久志候補(44)=国民新党推薦=、自民現職で三選を目指す山下英利候補(54)=公明推薦=、共産新人の坪田五久男候補(48)の三人が立ち、十七日間の激しい選挙戦を繰り広げ、二十九日の投票とともに即日開票される。

 自民・公明連立の安倍政権持続か、民主が二大政党への足掛かりをつかむか、共産が消費税アップや憲法改正を阻止できるか、各候補は、党の威信をかけ三者択一の判断を有権者に求めている。

 滋賀を最重点選挙区と位置付ける党本部から、幹部クラスの大物が続々と応援に駆け付けた。責任政党堅持の自民・公明に対し、民主は政権交代をうかがう。事実上の一騎討ちに狭まれた共産がどこまで食い込むのかが焦点となる。

 序盤には、自民党の山下英利候補の応援に駆け付けた安倍晋三首相の昭恵夫人や、民主党の徳永久志候補の激励に訪れた鳩山由紀夫幹事長ほか、比例区に出馬の公明党の山本香苗候補(36)も山下候補応援に東近江市入りし、八日市駅前のアピア前などで支援を求めた。

 昭恵夫人は、マイクもそこそこに「主人を助けてやって下さい」と、駆け付けた支持者と握手をして回り、山本候補も「公明党のマニフェスト達成率は九八%に及ぶ」と、未来に責任を持つ政治に理解を求め、鳩山幹事長は「準備はできている。政権交代へ逆転の夏にしたい」と訴えた。

 続発する自民党内の不祥事に徳永候補は「党内の構造的欠陥が市民生活に影響を及ぼし、年金問題に象徴される。安倍政権にストップを突き付けることで、明日の政治を変えたい。暮らしを良くするため、選挙で世直しする逆転の夏にしよう」と呼び掛ける。

 年金問題で苦境に立つ山下候補は「責任政党として真正面から取り組み、全額受け取れることを約束する」と理解を求め、党環境部会長として「琵琶湖の環境を守り、日本環境立国の柱にしたい」と、地域貢献にも力を注ぐ決意を述べ、支持を訴えてきた。

 坪田候補は「庶民増税、貧困拡大、憲法九条改悪など、国民を無視した政治の横暴に真っ向から立ち向かう絶好のチャンス」と、憲法改正や消費税アップへ「自民・民主の中身は同じ」と批判し、国民の暮らしと憲法九条を守る「確かな野党」を強調する。

 東近江市での投票は、二十九日午前七時から午後八時まで市内百二か所で行われ、午後九時十五分から湖東中学校体育館で即日開票される。市内の関心は今一つで、投票率は五五%前後の見通し。自民の山下、民主の徳永両候補の競り合い激しく、大勢判明は同十時過ぎとみられる。東近江市の有権者は九万七百七十六人(県下約百九万六千人)。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


天下分け目の近江八幡

'07参院選 滋賀選挙区
1500人集会ガチンコは互角
=先行徳永VS猛追山下 あす投票=



◆東近江・近江八幡市◆

 昨年の知事選挙で嘉田旋風をいっきに巻き起こした近江八幡。一年後の参院選で再び旋風が巻き起こるのか。舞台は近江八幡市文化会館。民主党新人の徳永久志候補(44)が二十五日に一五〇〇人大決起集会を開けば、翌二十六日には自民党現職の山下英利候補(54)が同じ会場で決起集会を兼ねた個人演説会をぶつけ、いっきに形勢逆転をねらいに出た。

 振り返れば公示日の十二日には、共産党新人の坪田五久男候補(48)を加えた三人がそろって近江八幡入りして個人演説会を開き、そこから激しい選挙戦がスタートした。

 それ以後、連日、各候補の応援に党首脳陣が入れ代わり立ち代わり訪れ、熱い応援合戦を繰り広げながら支持拡大へ死闘を戦って来た。そして、いよいよ決戦の日を前に、再び近江八幡に徳永候補と山下候補のガチンコ対決の火花が散った。

 徳永候補にとっては地元でもあり、会場は早くから支持者でいっぱい。年金問題の長妻昭衆院議員をはじめ県選出の民主党国会議員が勢ぞろいして、満ちあふれる熱気の中で「小泉構造改革の流れは経済効率一辺倒で、教育や医療などいたるところで大きなひずみが生じている」「自民党の古い大きな壁を突き破るところまで来た」と、大転換の最大のチャンスを確信した。

 一方、山下候補には逆風が吹き荒れ、関係者もどれくらい集まってもらえるか、不安の中で開幕を待った。しかし、その心配は吹き飛んだ。満席の会場に岩永峯一選対本部長は「涙が出るほどうれしい」と声を詰まらせた。比例区の有村治子候補(36)もタスキをはずして涙の応援。山下候補は「釈明と反省の上に立って信頼回復のチャンスを」と壇上での土下座で訴えた。

 坪田候補は、二十一日に市立総合福祉センターに教え子ら支持者約百人を集めて演説会を開いた。「自民・公明に対決できるのは民主ではなく、歴史ある確かな野党の共産党だけ」と、「ストップ貧困、守れ九条」をスローガンに掲げ、党首討論ができる十議席獲得に向け、まず比例区での改選四議席に一議席の上乗せをめざして、票獲得をアピールしていた。

 これまでの選挙でも多くのドラマを生んだ近江八幡の風。はたして今回はどんな結末をもたらすのか。あすの投開票で答が出る。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ