平成19年9月17日(月)

◆全県◆
近江八幡の長命寺川で
外来魚ディスカス捕獲
=繁殖の可能性低い=

◆湖北・長浜市◆
浅井・織田、激戦の横山城跡
=甲冑の小札出土=


◆湖西・高島市◆
謎の大王「継体天皇」実像に迫る
=生誕の地・高島で30日にフォーラム =


◆湖南・栗東市◆
秋の栗東、満喫しませんか
金勝山・旧東海道のウォーク
=参加者募集中=


◆東近江・東近江市◆
元気パワー炸裂!キッズエアロ
プリティ・ジュニア&セブンが出場
10月開幕の「体操フェスティバル」
=OSAKA国際大会へ=


近江八幡の長命寺川で

外来魚ディスカス捕獲

=繁殖の可能性低い=


▲南米アマゾン原産のディスカス
◆全県◆

  県農政水産部水産試験場はこのほど、長命寺川における外来魚(ディスカス)を捕獲したと発表した。今年八月二十三日に、近江ハ幡市長命寺町の長命寺川で、漁業者の外来魚捕獲用のカゴ網にディスカス(三尾)が捕獲されたもの。

 同魚種は、特定外来生物による生態系などに係る被害の防止に関する法律で指定された特定外来生物ではないが、外来魚などの無許可放流は県漁業調整規則(昭和四十年三月三十一日滋賀県規則第六号)によって禁止されており、違反者は処罰の対象となる。

 捕獲魚(三尾)の大きさは、<1>全長百二十四ミリ、体長九十九ミリ、体重六十九グラム。<2>全長百十七ミリ、体長九十三ミリ、体重五十一グラム。<3>全長百ミリ、体長七十九ミリ、体重三十二グラムで、いずれも背ビレの大部分が欠除していた。

 魚の特徴は、南米アマゾン原産の熱帯魚で、体が円盤状をしていることからディスカスと呼ばれている。観賞魚で人気があり、熱帯魚の王様といわれ、アジア、ヨーロッパなどで養殖、品種改良が盛んで、多くの品種が市販されている。ディスカスは親の体表から分泌される粘液「ディスカスミルク」を稚魚が摂取して成長するという特異な生態をもつことでも有名である。主にプランクトンを摂食する。南米を中心として分布している魚なので、冬季の低水温によって死滅することが考えられるが、温暖な時期には生存できる。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


浅井・織田、激戦の横山城跡

=甲冑の小札出土=


▲出土した小札
◆湖北・長浜市◆

 長浜市教委文化財保護センターはこのほど、長浜市の横山城遺跡調査結果を公表した。同遺跡は、長浜市堀部町・石田町の横山標高二百九十二・七五メートル付近に位置している。

 それによると出土した土師皿(はじさら)は、十六世紀後半頃で長さ八十センチ、幅二十四センチ、深さ十センチ、埋土は明黄褐色土で床面に張り付いて出土した。

 小札(こざね)は、室町時代〜桃山時代ころ(十六世紀後半頃)でたて約六・七センチ、横約二・六センチ、厚さ約〇・二センチ、重さ十グラム。材質は鉄で二段に十四穴をあけている。内面に弱く湾曲して錆びている。甲冑の胴と草摺、および兜の鍛に用いられた。威毛とともに甲のもっとも主要な部分である。別名さねともいい、もっとも一般的なものが革、または鉄板を材とした縦長の小形のもので小札の名がある。

 この小札の特異な点は、通常は片山形に造る札頭を一文字に切っていることである。もとより一枚の小札のみから早急な判断はできないが、出土地も考慮すると、いわゆる戦国時代頃の包腹巻・包胴丸・包腹当、あるいは初期の包胴具足の類に使用した小札ではないかと推定される。

 通常の札拵えは、小札を組糸や韋で威す(上下に連結する)ので札頭が露出し、統一的な美観が要求されるが、包胴は全体を韋で包み込んで各段の小札と菱綴するので、小札自体は外からは見えない。

 一枚毎に小札を威す手間も省ける包胴は、甲冑の需要の増大に応じて造りだされた簡易化した構造であり、小札も既存の複数種を寄せ集めたものが多く、中には十種類もの小札が混用されている包腹巻の例もある。ただし一文字頭のこの小札は、既存のものを寄せ合わせた中の一枚ではなく、包胴用に造られた可能性が強いようである。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


謎の大王「継体天皇」実像に迫る

=生誕の地・高島で30日にフォーラム =


◆湖西・高島市◆

 継体天皇即位千五百年記念事業として高島歴史フォーラム「継体天皇と古代高島ー謎の大王の実像をさぐるー」が三十日午前十時十五分から高島市民会館大ホール(高島市今津町中沼一丁目)で開催される。継体天皇の生誕地とされる古代高島の歴史を見つめ直し、継体天皇と高島にまつわる歴史文化を広く発信するとともに、次世代へ語り伝えることを目的としている。

 基調講演は坂元義種氏(京都府立大学名誉教授)「東アジアから見た継体天皇」、塚口義信氏(堺女子短期大学学長) 「継体天皇の出自と即位の背景」、基調報告は中司照世氏(前福井県埋蔵文化財センター所長)の「近江・越前の古墳と継体天皇」、森下章司氏(大手前大学准教授)の「高島市鴨稲荷山古墳の冠と沓」となっている。これに続いて、アトラクションとパネルディスカッション「謎の大王の実像を探る」が行われる。

 参加料は一人五百円(資料代を含む)、なお、当日は、継体天皇即位千五百年を記念し、地元食材を使って特別に創作された「古代ロマン弁当」を特別販売する(予約制千円)。

 参加希望者は、代表者氏名(ふりがな)と住所、電話番号、その他の参加者氏名を往復ハガキに記入するか、ファックス、Eメールで申し込む。申し込みと問い合わせ先は〒520-1592高島市新旭町北畑五六五、高島市商工観光課(0740-25-8514、FAX0740-25-8518、E-mail:shoko@city.takashima.shiga.jp)。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


秋の栗東、満喫しませんか

金勝山・旧東海道のウォーク
=参加者募集中=


▲金勝寺(上)、狛磨崖仏(下)
◆湖南・栗東市◆

 栗東市観光物産協会は、湖南アルプスの金勝山を登るハイキングや、宿場町の風情が残る旧東海道筋を探訪する東海道ウォークを開催する。弁当・水筒・敷物・手袋・ごみ袋・タオル・雨具・虫よけは各自持参すること。

 「狛坂磨崖仏(こまさかまがいぶつ)と金勝山ハイキング」は、十月二十日<1>(歩行距離約十キロ)の日帰り、十一月十七・十八日<2>(歩行距離約十四キロ)の一泊二日で実施する。ハイキングでは、湖南仏教の中心地だった金勝寺や高さ六メートル、幅四メートルの大きな花コウ岩の壁面に掘られた狛坂磨崖仏を訪ねる。<1>は定員四十人、参加費七百円(保険代、記念品等含む)、<2>は定員二十人、参加費六千円(二日目の昼食代、記念品も含む)。

 「東海道ウォーク(栗東-草津)〜田楽発祥の地を訪ねる」(歩行距離約九キロ)は、十月二十八日に催される。田楽発祥の地である目川地域をはじめ、旧和中散本舗など旧東海道沿いの様々な史跡を訪ねる。定員三十人で、参加費千八百円(入館料、昼食代、保険料、記念品など含む)。

 申し込みと問い合わせは、栗東市役所内の観光物産協会事務局(電話077-551-0126)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


元気パワー炸裂!キッズエアロ

プリティ・ジュニア&セブンが出場

10月開幕の「体操フェスティバル」
=OSAKA国際大会へ=


▲「プリティ・ジュニア」「プリティ・セブン」の子どもたち
◆東近江・東近江市◆

 地域住民の手で運営していく新しい形のスポーツクラブ「能登川総合スポーツクラブ」において、子どもたちの元気パワーを発揮しているキッズエアロのプリティ・ジュニア、プリティ・セブンが、十月十九日に開幕する『体操フェスティバル2007 OSAKA国際大会〜第二十五回記念大会〜」に出場することが決まり、世界共通の“楽しさ”をダンスとパフォーマンスで表現する。

 プリティ・ジュニア、プリティ・セブンは、結成から四年目を迎えるチビッ子エアロビクスのチームで、現在、小学一年〜六年生の二十六人をメンバーに、毎週土曜日の午後二時半から二時間、初級と中級に分かれて練習を行っている。

 同大会は、昭和五十八年の第一回大会から「動く喜び」と「観る喜び」を満喫する三日間のプログラムとして、子どもから熟年までの国民および海外からのパフォーマーたちが集合する国際大会であり、今年は十月十九・二十・二十一日の三日間、大阪市庁舎前(海外参加チームによる演技)や大阪厚生年金会館(ステージ発表)、大阪市中央体育館(同)を会場に開催される。

 プリティ・ジュニア、プリティ・セブンの出番は、最終日の二十一日午前十時から始まるフェスティバル・デイにおいて、四世代が届ける「ニコニコ大集合」に出場し、未来に飛び出す子ども部門で力強いパフォーマンスを披露する。

 なお、海外からの参加予定グループは、▽オーストラリア「バンクスタウン・スポーツ・ユース・クラブ」(アクロバティック体操)▽中国「上海市健康舞操団」(民族音楽による伝統舞踊)▽中国「上海曹揚高校体操隊」(体操&民族風情の一体化ダンス)▽フィンランド「ユバスキュラ体操クラブ“シリウス”」(エステティックダンス)▽オランダ「VOETSIE」(ジャズダンス)▽スイス「体操チーム“ミューリゲン”」(ステップ台を使った楽しい体操)。

 主催はNPO法人MGLA。問い合わせは、同事務局内の体操フェスティバル2007 OSAKA国際大会実行委員会(06―6374―5274)へ。

 キッズエアロの練習会場は能登川スポーツセンターの武道館で、毎週土曜日の午後二時半〜三時半(初級)、同三時半〜四時半(中級)に楽しんでおり、興味のある家族は、能登川教育分室内の能登川総合スポーツクラブ事務局(0748―42―9916)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


◆************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ