平成19年11月2日(金)第14869号

◆全県◆
地震に6割が被害認識
県政世論調査の結果公表
公共サービスの施設充実へ
=8割 中心市街地の活性化望む=

◆東近江・東近江市◆
東近江の「秋まつり」
あす 湖東ひばり公園で開催
=二五八祭 市役所周辺で盛大に=


◆東近江・東近江市◆
福祉充実へチャリティー
市社協に15万1395円寄付
=中島NSGゴルフコンペ=


◆東近江・東近江市◆
2期に分けて計241点
第3回 市展開幕
=八日市文化芸術会館=


◆東近江・東近江市◆
気をつけて登ってね
事故防止看板を設置
=ポルトガル語併記=


◆東近江・東近江市◆
優しさあふれる
手作り絵本展
=4日まで―能登川博物館=


◆東近江・東近江市◆
まだまだ使える!
自転車やチャイルドシート
=長峰団地内でリサイクル=


地震に6割が被害認識

県政世論調査の結果公表

公共サービスの施設充実へ
=8割 中心市街地の活性化望む=


◆全県◆

県はこのほど、「第四十回県政世論調査」結果を公表した。それによると、まちの中心部(中心市街地)の活性化と大型店のあり方について、一番よく訪れる買い物先では「自宅近く(徒歩・自転車で行ける)のスーパー」が三二・二%で最も多い。「中心市街地」を活性化する取り組みについては「必要である」が七九・五%で、必要だと思う分野では「デイサービスセンター、病院、図書館、公民館などの公共サービス施設の充実」が二九・〇%で最も多い。新規出店する大型店へのさらなる規制については「必要である」が六一・二%で、その理由は「交通事故や交通渋滞の問題がある」が三二・六%で最も多い。

 配偶者からの暴力(DV)について、DVが起こる主な社会的背景は「家族間の結びつきが希薄になってきている」が二七・五%で最も多い。DV被害者になった場合に相談しようと思う相手は「親・兄弟姉妹・親戚」が四九・〇%で最も多く、次いで「友人・知人」三三・三%となっている。身近な人の中でのDV被害者の有無については「いる」が一三・二%となっている。DV対策について最も有効だと思う広報媒体では「新聞・テレビ・ラジオなどの広報媒体」が四八・二%で最も多い。

 地震については、琵琶湖西岸断層帯による地震と東南海・南海地震に対する認識では「琵琶湖西岸断層帯による地震で、あなたの住宅や住んでいる地域に重大な被害や影響が生じると思う」が五七・八%(平成十六年度四八・六%)で最も多い。日頃からの地震予防対策では「どこが避難場所や避難路に指定されている
か知っている」が四七・七%(同三四・八%)で最も多い。住民の自主防災活動の参加率については三二・八%(同二六・七%)で、内容では「消火訓練」が八二・九%で最も多い。県が重視すべき防災対策は「災害時の正確、迅速な情報連絡体制を充実する」が六三・三%で最も多い。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江の「秋まつり」

あす 湖東ひばり公園で開催

=二五八祭 市役所周辺で盛大に=


◆東近江・東近江市◆

 第三十一回「二五八祭」と物産まつり・健康フェアなど七イベントをジョイントした東近江の「秋まつり」は、三日に八日市会場(市役所周辺)と湖東会場(ひばり公園)に分かれて盛大に催される。

 商業や産業を一堂に集めた秋まつりは、古くから市場町として栄えてきた湖東の商都を再現し、活気あふれる明日の東近江を肌で感じようと開かれ、近隣はじめ多くの市民が集まり賑わいをみせる。健康をテーマにした催しにも力を入れ、三万人の人出が予想される。

 八日市会場で午前九時から開かれる「二五八祭」は秋まつりのメイン。市役所前の歩行者天国を市場にみたてたフリーマーケットや昔ながらの戸板販売、屋台村など、会場には二百五十軒近くの店が並び、パワーあふれる市場町を再現する。

 また、ステージショーや童の広場、子育て支援センターコーナーなどを設けるほか、地域振興局前では「建設・環境パネル」が展示される。一方、湖東会場の主な催しは次の通り。

 【ステージショー】ブラスバンド演奏、ジャグリングショー、太鼓演奏、ビンゴゲーム

 【農林水産まつり】新鮮やさい、地域特産品および加工品バザー、ふれあい牧場

 【健康フェア】血管美人で動脈硬化チェック、骨太蒸しパン無料配布、健康クイズ

 【物産まつり】地元物産販売、ガラガラ抽選会、風船プレゼント

 【ちょこっと交通ひろば】交通安全クイズラリー、ちょこっとバス「ニュー・ポンチョ」がやってくる!運転席に座れるよ!

 【二五八祭はたらキッズコーナー】企業による職業体験コーナー

 【ことうふるさとまつり】各種バザー、文化発表および展示(公民館、体育館)

 【JA湖東ふるさとまつり】特産品即売、各種バザー、農機具展示

 【気球コーナー】空から東近江市の全景がみられるよ!

同時開催キャンパスで
=滋賀文短「学園祭」=


 滋賀文化短期大学は、三日に学園祭「紅葉賀祭」を東近江市布施町のキャンパスを舞台に開催する。

 メインの「お笑いライブ」には麒麟、$10、ストリークが出演するほか、ふうせん宝さがしやステージショー、井上麻子トークライブなどを行い、学生らによる模擬店が軒を並べる。

 また、幼児・園児がアルミ缶五個を持参すると、先着二百人に素敵なプレゼントがあり、人気ゲーム機ウィや地デジ対応TV、デジカメなどが当たるチャリティービンゴ大会のカード代金(一枚二百円)は「あしなが育英会」に全額寄贈される。晩秋を迎えた蒲生野の夜空を彩る「打ち上げ花火」は午後五時半から。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


福祉充実へチャリティー

市社協に15万1395円寄付

=中島NSGゴルフコンペ=


▲チャリティー金を手渡す中島商事の辻野部長(左)
◆東近江・東近江市◆

 中島商事株式会社(東近江市宮荘町)主催の「第三十五回中島商事NSGゴルフコンペ」がこのほど蒲生ゴルフ倶楽部で開かれ、集まったチャリティー金十五万千三百九十五円が東近江市社会福祉協議会に寄付された。

 顧客や取引先との親睦会として十八年前から春・秋に開いているゴルフコンペを、地域への感謝を込めた「チャリティー」として企画し、今回で四回目になるコンペで、地域福祉の充実にと地元企業や県内外の商店、レストラン、個人客ら百八十五人が参加した。

 会場は、日本女子プロゴルフ選手権大会の会場にもなった蒲生ゴルフ倶楽部。フラットなグリーンベルトは優美で、広いフェアウェイに配置されるバンカーや立木は、知的な戦略が要求される丘陵・林間コース。

 各ホールから一斉スタートのショットガン方式でプレーを開始し、ナイスショットに湧くほか、OBやバンカー、池ポチャなどで笑いが起き、一回ごとに百円のチャリティー金で計十五万千三百九十五円が集まった。

 市社協五個荘支所を訪れた辻野逸司総務部長らは「地域のみなさんに育ててもらった会社です。何かお返しをしたい、という社員全員の思いに多くの善意をいただき、たいへん嬉しい。ぜひ、福祉の充実に役立てて下さい」と話し、奥善夫市社協会長に全額を手渡し、奥会長が「温かい心が詰まった寄付金、ありがたく有効に活用させていただきます」と固い握手を交わした。

 同社では、毎年開くトータルフェアのバザー収益金を十数年来、旧五個荘町社協に寄付しており、今後も市や地域のために貢献したい―としている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


2期に分けて計241点

第3回 市展開幕

=八日市文化芸術会館=


▲八日市文化芸術会館で始まった第3回市展
◆東近江・東近江市◆

 第三回東近江市美術展覧会の「一般・高校生の部」の第一期展示が、31日から八日市文化芸術会館展示室で始まった。展示作品は、洋画、彫刻彫塑、書で4日まで。引き続いて日本画、美術工芸、写真の部の第二期展が7日〜11日まで開かれる。開催時間はいずれも午前9時〜午後5時までで、4日と11日は作品の搬出作業のため午後三時まで。

 始まった第一期展では、洋画77点、彫刻彫塑11点、書43点の入選作品あわせて101点が、部門別に並べられ、来場者の目を楽しませている。

 洋画では、県内の自然風景や身近な植物などを題材にしたものが多く、いずれも大作が目立っている。また、書は力強く筆を走らせたものや文字が持つ意味合いを表現した作品など、様々な力作が寄せられており、観る人の足を止めている。

 七日からの第二期展では、日本画19点、美術工芸30点、写真73点が展示される。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


気をつけて登ってね

事故防止看板を設置

=ポルトガル語併記=


◆東近江・東近江市◆

 秋の観光シーズンを迎えた東近江市永源寺地区でこのほど、観光客や市内に多いブラジル系住民向けに日本語&ポルトガル語での「事故防止看板」が設置された。

 近年のレジャーブームに反映して、登山を楽しむレジャー客も増加傾向にあるなか、各種のルールや注意書きへの理解不足から危険な行動を取ってしまう観光客や外国人登山者も少なくない。

 このため、日本語とポルトガル語を併記した看板を設置し、登山中の事故防止とマナー向上を呼びかけようと、市観光協会や地元の老人介護福祉施設職員、駐在署員らが看板設置を計画し、同地区杠尾町地先にある鈴鹿国定公園管理事務所前や神崎川の河川敷、八風谷登山道の入り口など五カ所に設置した。

 看板は横一メートル、縦九十センチの大きさで、日本語とポルトガル語で「無計画な登山は慎み、万全の装備で」「不安を感じたら、間違いない場所まで戻りましょう」「ごみは各人で持ち帰りましょう」などと書いている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


優しさあふれる

手作り絵本展

=4日まで―能登川博物館=


▲手に取って見ることが出来る手作り絵本展
◆東近江・東近江市◆

 東近江市山路町の能登川博物館で、ぬくもりに満ちた「手作り絵本展」が開かれている。四日まで。

 普段は絵画や陶芸など、それぞれの分野で作品づくりを手がけている芸術家たちが集まり、年に一度、手づくりの絵本を楽しむ「絵本の会」(事務局=近江八幡市)の第三回展で、作り手と読み手が一緒になって楽しめる場を目指して、絵本の読み聞かせや手づくり教室などを開いている。

 出展は、陶芸作家・奥川祐二さん、切り絵作家・こばやしるみさん、似顔絵師・きたむらひろしげさん、絵本作家・花本喜美さん、setsubunmamekoさん、画家・松本寛さん―の六人。ストーリーの考案から装丁までを手掛けた力作ばかりで、コーナーの一角には、手作り絵本を手にとって楽しめるスペースがある。

 無料。問い合わせは同博物館(0748―42―6761)へ


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


まだまだ使える!

自転車やチャイルドシート

=長峰団地内でリサイクル=


▲長峰文化祭で希望者に無償譲渡された自転車(東近江市宮川町にある長峰コミュニティセンターで)
◆東近江・東近江市◆

 長峰連合自治会の環境部が先月二十八日、「長峰文化祭」で住民から募った自転車やチャイルドシートを、希望者に無料で譲渡するリサイクル運動を展開した。

 環境部では、平成十二年からリサイクル活動をスタート。文化祭前の同二十一日、環境部メンバーが各戸を訪ね、子どもから大人用まで使わなくなった自転車四十八台を住民からもらい受けた。

 新たな持ち主が見つかるようにと、環境部メンバーがパンク修理やタイヤの空気も入れて整えた。また、昨年から取り組んでいるチャイルドシート二十一台も回収。

▲回収してきた自転車をきれいに拭いて点検整備する環境部メンバーら
 秋空が広がった当日は、機能性に優れたマウンテンバイクなど、まだまだ使える自転車がずらりと並び、地域住民はじっくり品定めしていた。

 午前十時から希望する自転車の受け付けを開始し、同じ自転車を複数人が選択した場合のみ同十一時半からの抽選で決定。約七年間にわたり続いている活動だけあって地域住民にも定着しており、「あなたの自転車もここでもらったのよ」とわが子に語り掛ける母親の姿も見られた。

 同部の宮川清部長(67)は「回収を始める前までは、粗大ゴミの日になるとトラック二台分にもなる自転車が捨てられていた。不用になった自転車はまだ出てくると思うので、リサイクル活動を継続していくことが大切だと思う」と話していた。

 自転車のリサイクル以外に、環境部では「いつも心にリサイクルゴミ減量」と記したのぼり旗を作り、長峰団地内八カ所に掲示して住民意識の高揚も図っている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ