平成19年12月22日(土)第14912号

◆全県◆
びわこ新年互礼会
1月8日 ミシガン船上で
新春恒例の賀詞交換会
=集合場所 八日市大凧会館駐車場=

◆東近江・東近江市◆
がんばれ!滋賀学園
23日の全国高校駅伝に
=女子チームが県代表出場=


◆東近江・竜王町◆
来年執行の竜王町長選
「今しばらく時間を」
=山口町長が態度保留=


◆東近江・近江八幡市◆
福祉施設に今年もクリスマスプレゼント
心込めた「愛の手作りケーキ」
=近江八幡市勤労青少年ホーム利用会員=


◆東近江・安土町◆
安土町副町長に
=県から中井氏=


びわこ新年互礼会

1月8日 ミシガン船上で

新春恒例の賀詞交換会
=集合場所 八日市大凧会館駐車場=


◆全県◆

 新春の琵琶湖で一年の計を誓い賀詞を交換する「第二十三回びわこ新年互礼会(隆昌祈願祭)」(滋賀報知新聞社主催)は、来年一月八日に琵琶湖上に浮かぶ豪華外輪船ミシガン号をチャーターして開催される。

 東近江や湖東地域はじめ県下の政治、経済、文化各界の代表らが一堂に会する新春恒例の行事で、知事や市長、議長はじめ各機関、団体長らの参加を得て、新しく迎える子年ヘの抱負を語り合い親交を深める。

 当日午前八時半に八日市大凧会館駐車場を出発し、二台のバスに分乗して浜大津港に向かい、同十時にミシガン号に乗船する。貸し切りの船内では、来賓の嘉田由起子知事や国会議員、県議ほか中村功一東近江市長、冨士谷英正近江八幡市長らから年頭のあいさつを受ける。参加費(乗船代・正月料理すべて含む)は一万五千円で、詳しくは滋賀報知新聞社「びわこ新年互礼会」係(TEL0748―23―1111)へ。

 【バス集合場所・変更のお知らせ】 これまで、参加者のうちバス利用の集合場所が東近江市役所駐車場でしたが、今回から「八日市大凧会館駐車場」に変更になりましたのでご注意下さい。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


がんばれ!滋賀学園

23日の全国高校駅伝に

=女子チームが県代表出場=


▲市役所で行われた滋賀学園高校女子チームの激励会
◆東近江・東近江市◆

 二十三日、西京極陸上競技場を発着点に京都市内の都大路を駆け巡る「第十九回全国高校駅伝競走大会」に滋賀県代表として出場する滋賀学園高校陸上競技部女子チームの激励会が十七日、東近江市役所で開かれた。

 午後五時過ぎから一階ロビーで開かれた激励会には、出席した選手十人と監督、コーチの紹介に続いて中村功一市長が「十二万市民の代表として、また、滋賀県の代表として悔いのないよう頑張ってください」と激励の言葉を送った。これに応えキャプテンの深尾萌衣選手(三年生)が「一人ひとりが自分たちの力を信じ、今まで支えていただいた方々への感謝の気持ちを忘れず、自分たちの目標が達成できるよう、思い切ったレースをしていきたいと思います。応援をよろしくお願いします」と決意を述べた。

 大会の模様は、同日午前十時○五分からNHK総合テレビで生中継される。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


来年執行の竜王町長選

「今しばらく時間を」

=山口町長が態度保留=


▲再出馬に関して答弁する山口町長(竜王町議会議場で)
◆東近江・竜王町◆

 竜王町の山口喜代治町長(75)は十九日、十二月定例会一般質問で、来年六月に執行予定の町長選挙への再出馬について問われ「今しばらく時間をいただきたい」と態度を保留した。

 午後六時から始まった夜間議会で、圖司重夫議員が「地域の特性を生かした主体的なまちづくりが求められている今、早くも町民の間で町長選が話題となっており、町長の動向が注目されている。二期目の出馬について所信をお伺いする」と質問。

 これに対して、山口町長は「就任から三年六カ月が経過し、若者定住や中心核づくり、インター周辺整備、合併問題など多くの課題に取り組ませていただいた。現在、これら山積する課題に集中して取り組んでいる最中であり、今しばらく(考える)時間をいただきたい」と答え、再出馬に関して明言を避けた。

 また、まちの将来を大きく左右する合併問題について、共産党の若井敏子議員が「合併しなければならない根拠を明らかにした上で、住民生活に基軸を置いた議論をするべきではないか」と指摘し、住民投票の実施を求めた。

 山口町長は「竜王町の選択肢はいろいろある。来年一月末から二月にかけて各集落でタウンミーティングを開き、議会合併調査特別委員会や区長会、市町合併推進検討会議からも意見を受け、三月定例会に組長として一定の方向を示させていただく」とし、住民投票実施を考えていないことを明らかにした。

 《山口町長略歴》昭和五十八年十月に竜王町議会議員に当選して以来、五期二十年務め、平成七年十月には議長、同十二年三月には県町村議会議長会会長も歴任。その後、平成十六年六月の竜王町長選挙に初当選、現在、一期目。任期は、平成二十年六月二十三日まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


福祉施設に今年もクリスマスプレゼント

心込めた「愛の手作りケーキ」

=近江八幡市勤労青少年ホーム利用会員=


▲完成した手作りケーキとポインセチアと会員――近江八幡市勤労青少年ホームで――
◆東近江・近江八幡市◆

 クリスマスを前に、近江八幡市内の共同作業所や老人ホームなどの福祉施設に、手づくりのクリスマスケーキが届けられた。

 ケーキを届けたのは、三十五歳までの若年勤労者が自己研さんに利用する市勤労青少年ホーム(宇津呂町)で開かれている各種講座を受講する利用者友の会の会員サンタ。十九日に九か所の施設にプレゼントした。

 「愛の手作りケーキ」として毎年贈っているもので、今年で十三回目となる。前日の十八日夜には、
▲手作りケーキをプレゼントされ喜ぶお年寄り――特別養護老人ホームふれあいで――
会員の女性有志二十人が手作りパン教室講師の寺井良恵さんの指導で、イチゴ、モモ、パイナップルといったたっぷりのフルーツとサンタクロースやモミの木などクリスマスデコレーションで飾られた約三十センチ四方の大きなクリスマスケーキ十八個をつくった。

 十九日朝から、会員の藤谷はる美さんと河村良子さんの二人が同ホーム職員と各施設を訪ね、「会員みんなで作りました、どうぞみんなで召し上がって下さい」と、ケーキ二個にクリスマスの雰囲気にぴったりのポインセチアの鉢植え一鉢を添えて届けた。

 プレゼントを受け取った老人ホームのお年寄りは、「ありがとう、毎年楽しみにしています」「とてもうれしい」と感激していた。

 藤谷さんは、「毎年楽しみにしてもらっているようでうれしい、心を込めて作りました」と、笑顔で答えた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


安土町副町長に

=県から中井氏=

▲中井清氏

◆東近江・安土町◆

 空席だった安土町の副町長に、県職員から中井清氏(50)が二十日付けで就任した。任期は四年間。

 十九日に提出された副町長選任議案に、町議会が同意した。

 中井氏は、滋賀大経済学部経済学科卒。昭和五十五年四月から県職員。今年四月から政策調整部企画調整課参事。守山市洲本町。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ