平成20年2月17日(日)第14959号

◆全県◆
県内景況 横ばいで推移
企業訪問とモニター調査結果
景気先行きに不安感が漂う
=雇用に人手不足やや強まる=

◆東近江・東近江市◆
市内のコンビニ全店が
こども110番の家に
子どもを助ける体勢
=全店舗で足並み整う=


◆東近江・東近江市◆
八日市大凧まつり
「風の女神」
=実行委が募集=


◆東近江・竜王町◆
ストレス社会だからこそ
心の健康を大切に!
=竜王町商工会館でセミナー=


◆東近江・安土町◆
新たに立派な虎口が出現
「外郭は内堀」が濃厚に
=安土城跡整備の発掘調査=


◆東近江・近江八幡市◆
生誕20年特別企画「麦酒舎 冬物語」
飲んで食べてほっこりあったか
=ホテルニューオウミ マジックや生演奏も=


県内景況 横ばいで推移

企業訪問とモニター調査結果

景気先行きに不安感が漂う
=雇用に人手不足やや強まる=


◆全県◆

 滋賀県は、県内景況を把握する企業訪問調査と、並行して行った景況モニター調査の結果をこのほどまとめた。前回調査に比べ、企業での景況は全体的に横ばいで推移し、個人消費からみた景気もマイナス基調との判断を示している。

 今期(昨年十〜十二月)の県内企業をみると、全体のDI指数(好転の企業割合から悪化の企業割合を差し引いた値)は、前回調査(同七〜九月)に比べ、生産のプラス幅が三・一ポイント縮小し、売上(一・四ポイント)と業況(〇・五ポイント)でマイナス幅が縮小し、経常利益で二・四ポイント拡大している。

 また、雇用水準DI(過剰―不足)は、マイナス一八・六と前期(マイナス一七・〇)に比べマイナス幅が再び拡大し、十二期連続して不足感が過剰感を上回り、雇用水準に人手不足は続く。

 業種別では、製造業の生産・売上・経常利益・業況すべてで悪化した。建設業は売上でやや悪化したが、経常利益・業況で改善している。卸売業では経常利益がやや悪化、売上・業況は改善した。小売業は売上・経常利益・業況とも悪化し、サービス業では売上・経常利益・業況ともマイナス幅が縮小している。

 来期(一〜三月)については、原材料の価格上昇などで業況のマイナス幅が拡大するものの、生産・売上・経常利益の各DIとも改善する見通しで、雇用については人手不足感が強まるとみている。

 一方、景気水準を示す個人モニター調査では、全体で「(ややも含め)良い」が七%に落ち込み、「どちらとも言えない」も三二%に減った反面、「(ややも含め)悪い」が六一%に拡大した。

 業種別では、サービス関連で「悪い」が六六%(悪い一四%、やや悪い五二%)との判断を示し、「やや悪い」は雇用関連五七%、販売関連五四%だった。

 景気の方向性について、全体的に「(ややも含め)悪くなる」(五七%)が「やや良くなる」(七%)を大幅に上回る一方で、「どちらとも言えない」が三七%を占めた。販売と雇用関連で「やや良くなる」の割合が一割程度と、景気への期待感は底を突いている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


市内のコンビニ全店が
こども110番の家に

子どもを助ける体勢
=全店舗で足並み整う=


▲15日、八日市国立滋賀病院前のローソンで行われた三角コーンの引き渡し式
◆東近江・東近江市◆

 八日市国立滋賀病院前のコンビニで十五日、「こども一一○番の家」の三角コーンの引き渡し式が行われ、未設置だった市内二十七店舗が、子どもの駆け込みに対応することになった。

 これにより、すでに設置されているコンビニを含め市内三十五店舗全店の店頭に三角コーンが置かれ、子どもの助けに対応する体勢がそろった。

 東近江市が、昨年十月に結成した東近江・愛知・日野地区コンビニエンスストアー安全なまちづくり推進協議会に協力を求めて実現した。

 こども一一○番の家は、子どもが助けを求めて来た時に保護し、状況に応じて警察、学校、市青少年課に通報することや、ケガがある場合は救急車の要請、事件事故の場合は警察、不審者や変質者を目撃した場合は容疑者の特徴の把握、逃走方向などの情報収集に努めることが申し合わされている。

 引き渡し式では、店舗責任者、市青少年課職員、東近江署の三者が立ち会い、目印となる三角コーンを設置するとともに子どもが助けを求めて来た場合の対処方法について店舗側に説明が行われた。

 市が調査したところによると、昨年四月からこれまでに子どもがコンビニ店に助けを求めて駆け込んだ件数は三十七件で、うち十二件がケガや病気、トイレなどの用件だったが、変質者や不審者、不審車両など犯罪に結びつく駆け込みが四件あった。

 三角コーンの設置は、市内の公共施設や事業所、個人宅や商店などに合わせて一、三七○カ所に増え、子どもの安全を地域で守る取り組みが前進した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


八日市大凧まつり

「風の女神」

=実行委が募集=


◆東近江・東近江市◆

 八日市大凧まつり実行委員会は、五月二十五日開催の2008八日市大凧まつりを盛り上げる「風の女神」(女性二人)を市内外を問わず募集している。

 風の女神は、大凧まつり当日や前夜祭に華を添えるほか、関連事業に参加できる十八歳以上の明朗な女性で、採用されると記念品と賞金二万円が贈られる。

 希望者は、二十二日までに所定の応募用紙(電話で請求可)で東近江市役所商工観光課内、大凧まつり実行委事務局(TEL24―5662)へ申し込む。選考は三日一日午前中に行われる。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ストレス社会だからこそ

心の健康を大切に!

=竜王町商工会館でセミナー=




▲参加者に対してうつ病の早期治療の重要性を説く田中院長(竜王町商工会館で)
◆東近江・竜王町◆

 心に薬がほしかった―。ストレス社会の中で心の健康に目を向け、リフレッシュできる機会提供を目的に、県東近江地域振興局地域健康福祉部と竜王町、竜王町商工会、同町商工会女性部の四者共催で「心の健康づくりセミナー」が、竜王町商工会館でこのほど開かれた。参加者からは「うつ病は身近かもしれない」との声も聞かれ、自分自身の心の健康状態を見直していた。

 仕事や育児、家事、介護にと、現代人は忙しい日常生活で気づかないうちにストレスを溜め込み、いい知れぬ不安を抱きつつ不眠・うつ病・心の病に苦しんでいる人は少なくない。

 今回は、働き盛りの人たちに体だけでなく心の健康にも目を向けてもらおうと、精神保健指定医で昨年三月草津市にクリニックを開いたひつじクリニック・田中和秀院長が「気づいていますか?こころの健康〜あなたと家族と大切な人のために〜」を演題に講演した。

 参加者約五十人は、まず、生活習慣など二十項目にわたるアンケートに答え、体と心の健康状態をセルフチェックした。田中院長は、四十歳代の女性が最も睡眠時間が短い現状を解説、子どもたちの夜型傾向に警鐘を鳴らし、「脳が元気でないとうつ病へとつながる」として六〜七時間の睡眠時間確保を呼び掛けた。

 また、うつ病の身体症状と精神症状(思考・認知・感情の障害)に触れ、早期治療の重要性を強調した。

 さらに、心が弱っている人への接し方として▽励まさない▽気晴らしに連れ出さない▽回復を焦らない―を挙げ、発症を未然に防ぐためにも心の健康を取り戻すオフタイムの大切さを説いた。

 心の健康を保つには、正しい情報に加えて笑い・音楽が有効的なため、講演の前後に竜王町商工会女性部による楽しい二人羽織とドレ美メンバーによるオカリナ演奏が披露された。

 講演後のアンケートで、参加者からは「自分自身の健康を見直すことができた」や「一年に二〜三回は、このようなお話を聞きたい」、「一人で悩まず、サービスや専門機関を積極的に受けるようにしたい」、「うつ病のことがよく分かった。今まで、この病気に対して思い違いをしていた」との感想が寄せられた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


▲新たに発見された東虎口
新たに立派な虎口が出現

「外郭は内堀」が濃厚に

=安土城跡整備の発掘調査=




◆東近江・安土町◆

 特別史跡安土城跡の調査および整備事業を行っている安土城郭調査研究所はこのほど、今年度実施している南面山裾部での発掘調査で通路に面して新たに二つめの虎口(出入り口)を検出したと発表した。これにより、これまで一般の人も通行できる城外路と考えられて来た百々橋から大手口の前に通じる通路が、実際には城内路であり、安土城の南の外郭はさらに南側の内堀になることが確実になった。

 発見されたのは、昨年秋に発表された虎口(西虎口)から約二十三・五メートル東(大手側)の「東虎口」。虎口の幅は約四・五メートルで、入り口に石段が三段分残っている。踏み石は六十センチから一メートルの大石が使われ、踏み代幅も九十センチある。

 虎口東側の幅約三十センチの石組み側溝は南側の通路側溝につながっていたと思われる。側溝奥に六十センチ大の礎石とみられる石が検出されたが、対になるものが見つからず、門の礎石かどうか不明。

 また、この礎石らしき石の上面と西虎口奥にある踊り場の面の高さがほぼ一致することから、この間の当初の遺構面はほぼ残されていることがわかった。東西両虎口の間口は同じだが、踏石や虎口内の構造の違いから、用途が異なるかもしれない。

 西虎口が防御性の弱い平屋の建物らしく、それより立派な東虎口が今回見つかったことから、通路は城内路であることが確実となり、西の百々橋口と、東の下街道に面した江藤の丘あたりで一般人の通行を禁止するなんらかの閉鎖施設の存在が浮かび上がり、安土城の南の外郭が内堀になることを示すものとなった。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


生誕20年特別企画「麦酒舎 冬物語」

飲んで食べてほっこりあったか

=ホテルニューオウミ マジックや生演奏も=


▲連日にぎわう「麦酒舎 冬物語」
◆東近江・近江八幡市◆

 三月三日に生誕二十周年を迎えるJR近江八幡駅前のホテルニューオウミは、特別企画として夏恒例で大好評の「麦酒舎(びーるや)」を、冬仕様にバージョンアップした「麦酒舎 冬物語」を、三月十六日までの期間限定でこのほどオープンした。

 会場も一階のトリニティに移し、夏とは一味違う和の雰囲気で演出。ホテルの料理人たちが用意したあたたかい料理で心と体をあたためながら、冷たいビールでさわやかに、心なごむ時間を楽しんでもらう。

 ホテルではメインの各種生ビールのほか、女性に人気のカクテル、各種銘柄の焼酎、飲めない人やハンドルキーパーのためのソフトドリンクもあり、好みに応じる。

 一方料理の方は、もつ鍋、串揚げ、明石焼き風たこ焼き、大中カブラと鶏のホワイトソース味、鶏と大根のたいたん、茶わん蒸しなど、ほっこりあったか料理を中心に、豆腐の味噌漬トマト添え、大中カブラサラダ、ハス寿司といった、地元の食材を使ったものなど、約二十五種類の料理やデザートをバイキング形式で大満足。

 料金は、限定一千人の前売三千九百八十円(当日四千五百円)、子ども二千円。時間は午後六時から九時までの間の二時間予約制で、飲み放題(一部別料金品目あり)、食べ放題。

 さらに、プレミア焼酎を除くなんでも飲み放題(月・火曜日)、マジック(水曜日)、生演奏(木曜日)、子ども料金半額(日曜日)のスペシャルデーを設定し、楽しい夜の宴を演出する。

 予約と問い合わせは、ホテルニューオウミ総合予約(TEL0748―36―6666)へ。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ