平成20年2月23日(土)第14964号

◆東近江・東近江市◆
東近江の景況 全体的に横ばい
経済雇用調査員の状況判断
輸出関連企業は好調を維持
=業種、企業間のバラツキ拡大=

◆東近江・東近江市◆
うるおいとにぎわいのまち 東近江市
新予算案 一般会計404億円
合併後の本格まちづくり着手
=子ども重視 暮らし安心・安全へ=


◆東近江・東近江市◆
情報交換で地域農業に活力
市場と農家の懇談会
=湖東農協が開催=


◆東近江・東近江市◆
エプロンの似合う男へ
団塊世代を応援!
=蒲生地区まち協=


◆東近江・近江八幡市◆
ご存知ですか「交通事故死ゼロを目指す日」
全国一斉に2月20日と4月10日
=近江八幡市でもドライバーにPR=


◆東近江・安土町◆
無料駐輪場を閉鎖
安土町 放置自転車撤去
有料の公営駐輪場を整備へ
=駅周辺の景観美化にも期待=


東近江の景況 全体的に横ばい

経済雇用調査員の状況判断

輸出関連企業は好調を維持
=業種、企業間のバラツキ拡大=


◆東近江・東近江市◆

 東近江地域の景況を把握する企業訪問調査によると、全体的に横ばいだが、業種間のバラツキが拡大していることが分かった。アジア市場の好況で輸出関連企業は好調を維持するが、サブプライムローン問題、原油の高騰、鉄鋼など原材料の値上がりで、先行き不透明感が残る一方、建築基準法改正で住宅関連産業に大きな影響が出ている。

 調査は、企業サイドの景況感を把握するため、東近江管内の企業百十六社(うち大企業二十八社)への訪問ヒヤリングを中心に行っている。業況、生産、売上、経常利益、在庫数量、雇用水準に関し、今期(昨年十〜十二月)の動向と来期(一〜三月)の見通しについて聞き取り調査した。

 経済雇用調査員は、今期の状況判断について「全般的に横ばいだが、業種間のバラツキが大きく、依然として厳しい事業所がある。輸出関連産業は好調だが、利益確保が困難な業種もある」と指摘する。調査員がまとめた各業種における今期の状況判断は次の通り。

 【製造業(横ばい)】輸出関連が好調を維持しるが、株価や為替乱高下などで先行き不透明。中小企業は原材料の値上がりなどで利益確保が困難。

 【建設業(横ばい)】公共事業にウエイトを置く企業は相変わらず低迷。民間シフトの企業も設備投資に一服感がみられ、原材料の高騰で厳しい。

 【卸売業(横ばい)】業務用やスーパー向け食品卸は好調に推移。大型店の仕入れコストの削減で、競争力のない地元卸売業の業績は悪化たどる。

 【小売業(横ばい)】個人消費は回復基調だが、大型店・スーパーの売り上げ鈍化。大型店同士の価格競争が激しく、地元商店街は大打撃受ける。

 【サービス業(横ばい)】車検や修理台数が減少し自動車関連での見通し悪化。運輸業は原油高騰によるコスト増を運賃に転嫁できず厳しい展開。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


うるおいとにぎわいのまち 東近江市

新予算案 一般会計404億円

合併後の本格まちづくり着手
=子ども重視 暮らし安心・安全へ=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市の平成二十年度当初予算案は総額七百二十三億円で、うち一般会計は四百四億円と前年度当初に比べ一〇・三%減にとどめた。負債を将来に残さず持続可能な財政健全化を求める中で、子ども施策に重点を起きながら、環境保全や地球温暖化対策、暮らし安心・安全、文化都市の創造などに取り組む。

 総合計画に基づく市民と行政の協働による「うるおいとにぎわいのまち東近江市」の実現を目指し、これに掲げる▽市民が主役▽人と環境にやさしい▽誰もが笑顔で暮らせる▽次代を担う人材を育む▽地域の活力を生み出す▽市民生活・地域経済を支える――の六本柱に沿って予算を編成している。主な事業は次の通り。

 【新規事業】こども未来夢基金活用「河辺いきものの森植物図鑑・ブックスタート・こども夢基金文庫」(六百五十万円)▽文化政策推進「景観計画策定準備・文化の森会議開催」(百三十万円)▽滋賀学園「びわこ学院大学」開設補助(三千万円)▽公文書センター整備(六千五百万円)▽次世代育成支援行動計画策定(二百五十万円)▽就学前乳幼児の医療費無料化の継続(二千百万円)▽文化施設再編計画策定「市民活動総合拠点施設整備検討」(二百八十万円)▽ケーブルテレビ活用の緊急地震速報システム整備(千三百万円)▽八日市駅の防犯カメラ設置(八百万円)▽後期高齢者医療制度(八億五千万円)

 ▽環境基本計画策定(八十万円)▽地球温暖化対策推進「市民が守る子どもたちの森づくり・市民おひさま発電所研究調査・エコスマイル事業」(三百五十万円)▽伊庭の里湖(さとうみ)づくり(三百万円)▽弁護士による消費生活無料法律相談(六十万円)▽地域福祉推進「地域デビュー応援塾開催・里山で学ぶいい大人事業」(二百四十万円)▽マーガレットステーション直売館整備(一億二千五百万円)▽都市計画マスタープラン策定(四百万円)▽八日市南小学校分離新設整備(十四億五千八百万円)▽長峰幼稚園増築工事(六千百万円)▽蒲生図書館整備「蒲生支所改修・図書購入」(二億円)▽澤島忠文庫整備(八十万円)▽布引体育館屋根改修(四千九百万円)▽あかね寮整備負担(二千五百万円)

 【ハード事業】幼保一体施設整備「沖野・聖徳、湖東」(九千百万円)▽安心・安全防犯灯設置(二千五百万円)▽集落営農ステップアップ実践補助(四千五百万円)▽土地改良(一億六千万円)▽中山間総合整備(一億九千八百万円)▽林道整備(三千三百万円)▽道路新設改良(四億六千九百万円)勤労者グラウンド整備(千六百万円)▽八日市南小学校分離新設に伴う通学路整備(一億三千五百万円)▽布引運動公園整備(十三億円)▽消防施設整備(五千八百万円)▽幼稚園・小学校施設整備(二千七百万円)▽伝統的建造物保存・改修(二千七百万円)


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


情報交換で地域農業に活力

市場と農家の懇談会

=湖東農協が開催=


▲市場関係者と生産農家が活発な意見交換を行った懇談会
◆東近江・東近江市◆

 卸売り市場に集まる農産物の反応や競合産地の情報を取り入れて、地域農業が目指す方向性を探ると共に魅力ある農業経営を見い出そうと十九日、八日市ロイヤルホテルで市場と農家の懇談会が開かれた。
 湖東農協の呼びかけで開かれたもので今回で五回目。会場には、京都や県内の市場で取り引きする青果会社や行政の担当者、果樹や野菜を中心とした生産農家と農協担当者などあわせて約一四○人が参加した。

 午後一時半から始まった懇談会では、各市場の情勢や出荷状況、農産物の生産状況の報告が行われた後、イチジクやブドウ、カボチャ、キャベツなどの4つの生産農家別のグループに分かれ、青果会社などと意見交換の場を持った。

 青果会社の担当者からは「出荷してもらっているナシは市場で高い評価を受けており、品薄になっている」や「農作物に対して量、質、価格の三つの安定を市場は求めている」、「近年、トマトの売り上げが目立って伸びている」などの状況が報告された。一方、生産農家からは「商品に張り付けている生産者シールは、売り上げに効果をあげているのか」や「獣害の被害を受け、安定した生産は難しい作物がある」などの質問や意見が出された。

 市場側からは「生産者の仲間を作り、目標を持って取り組む」や「最低三年間は出荷を続け、商品の認知度をあげる」、「先進地に学び、ノウハウを取り入れ、ブランド化を目指す」など、売れる農産物作りへの意見が交わされた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


エプロンの似合う男へ

団塊世代を応援!

=蒲生地区まち協=


▲互いに協力して楽しみながら調理する地域デビュー応援塾の受講生ら(蒲生公民館調理実習室で)
◆東近江・東近江市◆

 「公園で遊ぶ子どもたちのようだ」。団塊世代の地域デビューを応援する蒲生地区まちづくり協議会あかね部会主催の講座で、参加した男性たちは未知の世界に足を踏み入れ、童心にかえって純粋に料理を楽しんだ。

 昨年十二月、蒲生地区まちづくり協議会あかね部会が、団塊世代の地域デビューと仲間づくりを後押ししようと「地域デビュー応援塾」(全六回)を開講した。

 第二回の講座テーマは“男の料理教室”。今月十六日午後六時から蒲生公民館調理実習室で開かれた料理教室には、蒲生地区以外に八日市地区からの参加もあり、仲間の輪の広がりを見せた。

 受講生二十一人は、早速、エプロンとトンボ柄のブルーのバンダナを身に付け、管理栄養士の大田初代さんに手の洗い方から指導を受けた。調理をサポートする東近江市健康推進員協議会蒲生支部の健康推進員六人が紹介されると、「口は出しても手は出さずが原則。みなさん頼らないように」と大田さんが念押しし、受講生は思わず苦笑い。

 今回の献立は、「和風仕立ての牛肉のしょうがソース」と「スモークサーモンのゆず風味マリネ」、大根にも置き換えられる「カブと帆立のスープ」の三品。具材となる野菜は、すべて蒲生地区でとれた物を使用し、地産地消にも取り組んだ。

 慣れた手付きで野菜を切り分ける人もいれば、「訳がわからん」や「大変やな」と漏らす家庭での料理経験ゼロの人もいた。健康推進員の指導を仰ぎながら、受講生はレシピ片手に個々の力を持ち寄り、目標通り約一時間で調理を終えた。

 受講生の西村達夫さん(58)=蒲生地区在住=は「まだまだこれから。最終的に魚の三枚おろしができるようになりたい。毎晩の酒三合のあてに、自分で魚の煮付けが作れるようになれれば」と語り、エプロンの似合う男を目指す。

 次回の第三回講座は、三月十五日午後六時から“男の料理教室”がせせらぎ調理実習室で催される。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ご存知ですか「交通事故死ゼロを目指す日」

全国一斉に2月20日と4月10日

=近江八幡市でもドライバーにPR=


▲ドライバーに「交通事故死ゼロを目指す日」への協力を呼びかける参加者――近江八幡市鷹飼町で――
◆東近江・近江八幡市◆

 「交通事故死ゼロを目指す日」を地域住民に知ってもらおうと、近江八幡署などは十九日、近江八幡市鷹飼町のサン・ビレッジ近江八幡前でPR活動を行った。

 「交通事故死ゼロを目指す日」は、交通事故死者数は減少傾向にあるとはいえ、飲酒や携帯電話の使用、シートベルトの不着用など、ドライバーや周囲の人の安全意識や運転マナー向上への努力があれば犠牲者を出さないで済んだ、あるいは、事故そのものが発生していなかった事例がまだまだ絶えないことから、昨年十二月に内閣により立ち上げられた「生活安全プロジェクト」で緊急実施の四つの国民運動の一つとして取り組むことが決まり、一月十一日の中央交通安全対策会議交通対策本部で二月二十日と四月十日を今年の「交通事故死ゼロを目指す日」に定め、全国一斉に運動を展開することになった。

 記録が残る昭和四十三年以降、全国で交通事故死者ゼロの日は一日もない。また、昨年一年間の交通事故死者数は、全国が五千三百四十四人、滋賀県は九十三人で、二ケタになったのは四十九年ぶり。

 滋賀県交通対策協議会(会長・嘉田由紀子県知事)では、自動車ドライバーへ▽安全スピードや安全確認の徹底▽シートベルト着用・チャイルドシートの使用▽飲酒運転を絶対しない・させない、自転車利用者へ▽交差点での安全確認▽無灯火・二人乗り・かささし運転の禁止、高齢者へ▽道路横断時の安全確認▽夜間外出時の目立つ服装や装備――などを、呼びかける。

 近江八幡市での街頭啓発では、近江八幡署員や近江八幡地区の交通安全協会と安全運転管理者協会、近江八幡・安土・竜王の市町担当職員ら三十人ほどが、ドライバーに啓発用チラシと、シートベルト着用を呼び掛ける救急セットや、「油断せず いつも心に 初心者マーク」「青だけど 車はわたしを 見てるかな」などと書かれた安全運転を呼び掛ける“注意んガム”といった啓発グッズを配りながら、「交通事故死ゼロを目指す日」をPRするとともに、運動への協力を訴えた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


無料駐輪場を閉鎖

安土町 放置自転車撤去

有料の公営駐輪場を整備へ
=駅周辺の景観美化にも期待=


▲放置自転車を撤去する町職員やシルバー人材センター会員――安土駅前無料駐輪場で――
◆東近江・安土町◆

 安土町は十八日、JR安土駅前の自転車・バイク用無料駐輪場を閉鎖した。四月からの新年度に新たに公営有料駐輪場を整備するための議案が来月開会する三月町議会に提出される。

 町では看板や広報などを通じて無料駐輪場の閉鎖及び駅周辺を含めた放置自転車の撤去を周知し、近くの民間駐輪場を利用するよう呼び掛けるなどした結果、四百台ほどあった自転車のうち約八割がこの日の朝までに移動を済ませ、二割の八十台ほどが移動されず放置されたままとなっていた。

 前日からの雪をかぶった自転車は、町担当職員や町シルバー人材センターの会員の手によって次々と軽トラックに積み込まれ、駅南側の町有地に強制撤去された。

 町では今週一週間保管して、最終的に所有者が取りに来ない自転車については、二十五日に処分することにしている。

 同駐輪場は公衆トイレなどと共に観光客などの自動車のための駐車スペースとして整備されたが、駅前の放置自転車問題解消のために、数年前から自動車用スペースを一部残して、無料駐輪場として開放して来た。

 しかし、古くから経営を続けて来た民間有料駐輪場からの客離れなど経営者への影響も大きく、利用者の駐輪マナーも悪いなど、当初から改善を訴える声が多く上がっていた。

 今回の閉鎖に伴って、駅周辺での無料駐輪場はなくなった。利用者が少しずつ戻って来ている民間駐輪場もあるとのことで、今後、自転車利用者のマナー向上で駅周辺の景観美化にも期待が寄せられている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ