平成20年3月8日(土)第14976号

◆全県◆
単月発生件数
3カ月連続過去最悪!!
1月の県内企業倒産動向
=東京商工リサーチ調べ=

◆大津・大津市◆
外国籍市民向けに
大津市が生活マップ
=北部エリア版配布=


◆甲賀・甲賀市◆
ブラジル移民から百年
=甲賀市で映画上映&座談会=


◆東近江・東近江市◆
「蒲生野を描く洋画展」
見慣れた風景が光り輝く
=あすまで 八日市文芸で=


◆東近江・東近江市◆
一般質問に23人が立つ
東近江市3月議会
=10、12日=


◆東近江・東近江市◆
元気に長生きしてね
100歳迎えた山田このさん
=能登川支所長と園児が慶祝訪問=


◆東近江・東近江市◆
本番さながらの緊迫したムード
地震火災想定した消防訓練
=日本電気硝子で総勢200人参加=


◆東近江・東近江市◆
来て・見て・体験する!
「あかねっ子フェスタ」
=9日 蒲生公民館で=


単月発生件数

3カ月連続過去最悪!!

1月の県内企業倒産動向
=東京商工リサーチ調べ=


◆全県◆

 民間調査機関(株)東京商工リサーチはこのほど、今年一月の県内企業倒産動向を発表した。それによると、一月の滋賀県下における負債金額一千万円以上の倒産件数は十七件、負債総額は九億六千八百万円であった。件数は前月に対して三件増、前年同月に対して八件増、負債総額は前月に対して三億七千万円減、前年同月に対して一億九千四百万円の増加となった。

 一月単月の発生件数としては平成十二年一月の十四件を三件上回り過去最悪となった。昨年十一月より三カ月連続して単月発生件数過去最悪を更新する結果となった。一方、負債総額は負債額一億円以上の倒産が前月の四件に対して一件減の三件に止まり、また負債額の最大も三億六千万円であったこともあり、前月に対しては減少、前年同月も一億円以上の倒産が四件発生したものの、発生件数の増加により、前年同月に対して負債総額は増加した。負債額十億円以上の倒産は昨年九月に発生して以来四カ月連続発生していない。

 産業別では、一次産業一件(構成比五・八%)、建設業八件(四七・〇%)、製造業二件(一一・七%)、卸売業一件(五・八%)、小売業二件(一一・七%)、不動産一件(五・八%)、サービス業二件(一一・七%)であった。金融・保険、運輸・通信での発生はなかった。

 今年一月の倒産による失職者(一時的を含む)は少なくとも四十人(前月四十二人、前年同月四十五人)と見られる。

 同調査機関は「昨年十一月から三カ月連続して単月倒産発生件数は過去最悪を更新する結果となった。倒産一件平均の負債金額は五千六百万円と負債金額の小口化が顕著となっている。サブプライム問題に関連した米国景気の失速、株式市場の低迷、原油高騰による原材料価格の上昇などで、中小零細企業を中心に、今後も事業継続を断念し破綻する企業が増加する」と見ている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


外国籍市民向けに

大津市が生活マップ

=北部エリア版配布=


◆大津・大津市◆

 大津市はこのほど、英語・中国語・ポルトガル語の三言語による「大津市生活マップ」北部エリア版を作成した。

 市内在住の外国籍市民は平成十九年十二月末現在四千二百七十人で、韓国・朝鮮籍に次いで、中国籍、ブラジル籍、英語を公用語とする国籍をもつ人が多く在住している。言葉の壁や生活習慣、社会制度の違いから行政サービスを充分に享受できない外国籍市民が増えていることから、市の情報を周知するため発行した。

 地図は、英語版二千部、中国語千部、ポルトガル語千部を発行し、市役所受付と戸籍住民課、文化市民交流課、堅田支所、瀬田支所、(財)大津市国際親善協会、(財)滋賀県国際協会で配布している。

 表面には、市の主な施設や、主要道路、駅、バス停留所、保育園、幼稚園、学校、避難場所など、生活する上で必要な場所をカラーで表示している。

 裏面には、外国語の通じる相談窓口、市内の日本語教室、病院のほか、行政、福祉、教育、文化施設の情報を掲載した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ブラジル移民から百年

=甲賀市で映画上映&座談会=


▲ドキュメンタリー映画「PERMANCIA〜この国にとどまって〜」のパンフレット
◆甲賀・甲賀市◆

 甲賀市国際交流協会は、八日午後一時半から国際理解のための第二回グローバルセミナーとして「ドキュメンタリー映画『PERMANCIA〜この国にとどまって〜』上映会&座談会」(後援=甲賀市、甲賀市教育委員会、滋賀県国際協会、甲賀・湖南人権センター)を忍の里プララ甲南公民館で開催する。入場無料。

 一九〇八年に神戸港からブラジルへの移民船「笠戸丸」が出港し、今年でちょうど百年。甲賀市では、外国人登録者数が人口の約三%を占め、そのうち半数以上がブラジル人だという。

 日本とブラジルの関係や移民の歴史、日本在住の日系人の現状を知ることは、甲賀市の国際化と多文化共生を考える上で重要であり、今回、ブラジル人市民の相互理解と国際理解を推進する事業の一環として上映会と写真展が企画された。

 上映される作品は、エリオ・イシイ監督のドキュメンタリー映画「PERMANCIA〜この国にとどまって〜」(カラー六十八分、日本語字幕)=写真=。仕事を求めて日本に来たブラジル人・ペルー人とその家族が日本社会に順応していくプロセスと葛藤を描いた作品で、日本に来てまだ日が浅いブラジルの子どもたちが学校生活に馴染んでいくためのサポートをする支援団体と自治体の取り組みから始まり、日本語を母語のように話すブラジルやペルーの子どもたちの立場・親世代の胸中を取り上げている。

 また、日本で育ち、現在は日本の大学に通う三人のブラジル人の体験に基づき、これから社会人となっていく彼らが示す労働者の新たな問題点も提示している。二つの世界を持つことを余儀なくされるニューカマーの実態と将来を通して、「他」とは何かを考えるきっかけを作り出すことを試みる。

 午後一時半から映画上映が始まる予定で、ポルトガル語の部分は日本語字幕、日本語の部分はポルトガル語字幕が出るので、日本人もブラジル人も一緒に鑑賞できる。

 続いて、関西ブラジル人コミュニティー理事でアジア女性自立プロジェクト代表の森木和美さんを囲んでの座談会が、午後三時から行われる。上映映画の監督は、森木さんの娘婿にあたるという。
 会場では、日本とブラジルの交流の歴史を振り返れる「ブラジル移住百年の歴史写真展」が催され、日本を離れるまでの家族の様子や現地での苦労を捉えた写真、戦後の混乱など移民の背景を写真で紹介する。

 セミナー翌日からは、気軽に市民に鑑賞してもらおうと、水口図書館(九〜二十日)と滋賀銀行貴生川支店・水口郵便局(二十一〜三十日)で巡回展示する。

 甲賀市国際交流協会事務局は「このドキュメンタリーの上映会とブラジル移民百年の歴史展を開催することは大変意義深く、日本人も外国人もお互いに言葉や文化の違いを認め合い、多文化・多民族が共生する社会づくりを進めていく第一歩になれば」と、広く参加を呼び掛けている。

 開催時間は、午後一時半から同四時まで。詳しくは、甲賀市国際交流協会事務局(電話0748―63―8728)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


「蒲生野を描く洋画展」

見慣れた風景が光り輝く

=あすまで 八日市文芸で=


▲大勢の人でにぎわう「第8回蒲生野を描く洋画展」(東近江市立八日市文化芸術会館で)
◆東近江・東近江市◆

 湖国を代表する洋画家・野口謙蔵画伯に続く逸材が光る「第八回蒲生野を描く洋画展」が、九日まで東近江市立八日市文化芸術会館展示室で開かれている。入場無料。

 現東近江市綺田町に生まれた野口画伯は、四十三歳で亡くなるまでふるさと蒲生野の原風景や里人を描き続け、日本画的洋画という新たな画風を築き、今なお多くの人を魅了している。

 同洋画展では、野口画伯の顕彰事業として平成四年から隔年で続いている“蒲生野を描く洋画コンクール”の入選作品五十六点のほか、特別出展として野口画伯の作品「朝日」や審査員・実行委員・歴代コンクール大賞作品など計七十点が飾られている。

 見慣れた風景が色彩の美しさと動きのある構図によって輝きを取り戻し、ときの流れまで描き込まれた作品に来場者も釘付け。「何回も塗り重ねてはるんやろうな。すごいな」といった感嘆の声があちこちで聞かれ、来館者は現代に残るふるさとの魅力を再発見していた。

 開催時間は、午前十時から午後五時まで(入場は午後四時半まで)。

 詳しくは、蒲生教育分室(0748―55―4885)もしくは同芸術会館(0748―23―6862)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


一般質問に23人が立つ

東近江市3月議会

=10、12日=


◆東近江・東近江市◆

 先月二十七日に開会した東近江市三月定例議会の一般質問が十、十二両日に行われる。質問には個人の二十三人が立ち、議員活動から得た市民密着の諸問題解決へ、行政側の見解や対応、方向性などについて迫る。質問議員と内容(抜粋)は次の通り。発言者順で敬称略。

 《公明党》 【山田みを子】住民基本台帳カード推進▽成年後見制度の促進▽食の安心・安全

 《東近江市民クラブ》 【畑博夫】京都議定書【中村肇】今後の財政運営と財政改革▽平和祈念館【杉田米男】市立病院のあり方▽福祉暖房費助成【加藤正明】ふるさと納税制度▽まちづくり事業支援【澤田康弘】道路(県道中里山上日野線)整備計画【河並義一】職員のヤル気▽条例・規則・要項の再見直し【吉澤克美】愛知川(本山永源寺周辺)の濁水対策【川南博司】農業新制度(需給調整、農地・水・環境保全対策)【大橋市三】米政策と品目横断的経営安定対策の見直し【大澤貢】消費者生活の安心・安全【前田清子】男女共同参画社会の推進【周防清二】地球温暖化対策のための林業振興策

 《緑の市民クラブ》 【西村武一】医療行政の方向性【井上喜久男】農業政策▽通級指導教室の設置【青山弘男】市国土利用計画【畑重三】幼保一体化における園児の就学前教育▽公民館・コミュニティセンター運営のあり方▽観光対策【横山栄吉】道路行政▽学校給食の安全▽永源寺温泉

 《日本共産党議員団》 【野田清司】政所・甲津畑小学校の統合問題【野村秀一郎】学校給食のあり方【豆田昇一郎】集中改革プランによる上水道と公共下水道【川嶋重剛】都市整備計画の問題点と大型公共事業の見直し【藤田淳子】消費者被害と資格証明書交付世帯への対応

 《無会派》 【寺村義和】AEDの取り組み体制▽民家火災への対応策

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


元気に長生きしてね

100歳迎えた山田このさん

=能登川支所長と園児が慶祝訪問=


▲園児と記念撮影する山田さん
◆東近江・東近江市◆

 東近江市神郷町の山田このさんが五日に百歳の誕生日を迎え、入居先の特別養護老人ホーム・カルナハウス(建部下野町)で桂田重信・同市能登川支所長と園児らの慶祝訪問を受けた。

 この日、山田さんは、首もとにベージュのスカーフをし、上着は紺色のカーディガン、そしてダークグレイのズボンというおしゃれな装いで、家族とともに訪問を受けた。

 訪れた桂田支所長は「市内の最高齢者百四歳を超えるぐらいに、お元気に長生きして下さい」と声をかけ、記念書状と祝い金、花束を手渡した。

 また、能登川地区の保育園を代表して園児二人も、祝いの歌を披露したあと園児ら手づくりのマフラーと寄せ書きをプレゼントし、山田さんは笑顔で受け取った。

 山田さんは、脳内出血で倒れる九十四歳まで家事全般を一人でこなし、体が不自由になっても腕時計を肌身離さず持つ几帳面な性格。孫のもとに身を一時寄せていたが、昨年一月に体調を崩してカルナハウスに入居した。現在は足と耳が不自由だが、食事が何よりも楽しみだという。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


本番さながらの緊迫したムード

地震火災想定した消防訓練

=日本電気硝子で総勢200人参加=


▲日本電気硝子で行われた訓練
◆東近江・東近江市◆

 地震火災に備えた消防訓練が三日、日本電気硝子能登川事業場(東近江市今町)で実施され、東近江行政組合消防本部の隊員七十人と同事業所の従業員百三十人が参加した。

 訓練は、琵琶湖西岸断層帯による震度6強の揺れにより、損壊した建物に従業員が閉じこめられ、さらに火災が発生した想定で、本場さながらの緊迫したムードで行われた。

従業員らは、火災発生を消防署へ通報するとともに、屋外の広場へ五分程度で素早く避難した。続いて消火栓にホースをつなぎ、放水する初期消火訓練を手際よく行った。

通報を受けて消防車十三台で駆けつけた消防隊員らは、建物に取り残された従業員をはしご車で救助し、この後で放水活動を行った。広場にはテントも設営され、けが人を重傷、軽傷に分けて病院へ搬送する訓練が行われた。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


来て・見て・体験する!

「あかねっ子フェスタ」

=9日 蒲生公民館で=


◆東近江・東近江市◆

 蒲生地区地域教育力体験活動実行委員会とマックスクラブ指導者連絡会、東近江市教育委員会は、九日に「マックスクラブ発表会&あかねっ子フェスタ」を蒲生公民館一帯で開く。開催時間は、午前十時から午後三時まで。

 地元住民が指導者として子どもたちの体験活動をサポートする“蒲生マックスクラブ”(十四クラブ)は、蒲生公民館を中心に土曜日に開かれており、毎年、一年間の集大成として活動を広くPRするために発表会が実施されている。

 六年目を迎える今年は、地域の子どもは地域で育てようという気運を高めることを目的に、開催趣旨に賛同し青少年育成に取り組む蒲生地区内十六団体の協力を得て、あかねっ子フェスタも併せて催す。

 会場には、蒲生マックスクラブの活動をかじれる“体験コーナー”(参加費一部有料)や協力団体による屋台村(炊き込み寿司・かやくご飯・揚げドーナツ・ポテト・焼き鳥・クリームシチュー・百円パン・揚げたこ焼き・あつあつおもち・ふかし芋など)が出現する。

 また、各クラブ(ふるさとウォッチングクラブ・あかね手芸教室・蒲生野太鼓わらべ組・ITキッズクラブ・陶芸クラブ・わんぱくキッズクラブ・ネイチャーみぞっこ探検クラブ・美術クラブ・フラワーキッズアレンジ)による展示発表も行われる。

 東近江市内の子どもと大人なら誰でも参加可能。詳しくは、東近江市教育委員会蒲生教育分室(0748―55―4885)へ。

 なお、子どもたちを対象にした体験コーナーの内容は次の通り。

 ▽竹ぽっくりを作ってあそぼう・竹馬で遊ぼう・綱相撲チャンピオン大会▽あられ屋さん・かき餅屋さんになろう▽ビーズでワンちゃんを作ろう▽指導者と対局しよう(囲碁・将棋体験)▽音楽にあわせてダンス!▽かわいい木工細工▽らくがきひろば▽粘土で作ろう▽お〜抹茶体験▽パソコン体験▽バウムクーヘンづくり▽春のアレンジフラワー体験▽英語でゲームや歌あそび▽アクセサリー屋さん・輪ゴムてっぽう▽お蕎麦を打ってみよう!▽もちつき体験 ▽昔なつかしい型抜きに挑戦▽おりがみ教室▽巨大シャボン玉で遊ぼう▽木質ペレットで描こう▽子育て講座(大人と子どものクッキング)

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ