平成20年3月26日(水)第14991号

◆全県◆
総勢1675人動く
県が人事異動を内示
防災、医療、子育てを優先
=組織再編へ嘉田カラー反映=

◆湖東・愛荘町◆
地域子育て支援センター設置へ
4月から準備室開設
税滞納者への対策強化
60人に人事異動内示
=愛荘町=


◆東近江・東近江市◆
「ピュアライフ桜川」
県内4棟目の高専賃竣工
自由で安心できる居住空間
=株式会社ナガオカが提供=


◆東近江・東近江市◆
歴史ロマンと自然を満喫しませんか
ハイキングイベント「千草街道を往く」
=4月1日から参加者受け付け=


◆東近江・竜王町◆
海の向こうのペンフレンドへ
=竜王中1年生  初めて英語レター送る=


総勢1675人動く

県が人事異動を内示

防災、医療、子育てを優先
=組織再編へ嘉田カラー反映=


◆全県◆

 県は二十五日、平成二十年度の人事異動を内示した。基本構想実現三戦略の着実な推進へ、防災や医療、子育て、温暖化、農産ブランドの充実などを柱に、簡素で効率的な組織体制の整備に努めた。未来志向の県政へ積極的に挑戦する人材と女性の登用に努め、嘉田由紀子知事のトップマネジメントを発揮する異動となった。

 異動規模は、現組織のスリム化を主眼に昨年を一人下回り、部長級十三人、次長級三十七人、課長・参事級二百九十八人、課長補佐・主幹級四百七十四人、副主幹・主査級五百六十二人など計千六百七十五人(昨年千六百七十六人)となった。退職は部長級十二人を含む二百十人(同百六十三人)で、新規採用は九十二人(同八十七人)となり、四月一日付で発令される。

 組織機構改革では、新年度から緊急・重要な行政課題に機動的に対応するとともに、危機管理事案件に迅速に対処するため、知事直轄組織を設置した。これまでの政策調整部を廃止し七部体制で臨む。

 知事直轄組織には、秘書課、広報課、企画調整課、防災危機管理局、新駅問題支援対策室を置き、政策調整部にあった地域振興課を廃止したほか、統計課を総務部へ、男女共同参画課を県民文化生活部へ組み入れた。

 行政基盤の確立へは行政経営改革室を経営企画室に改称し、医療充実に向けては医療政策室、薬務室、精神科救急情報センター準備室を新たに設置したほか、全国スポーツ・レクリエーション祭推進室に切り替えた。

 子育て支援では子ども家庭相談センターに児童福祉司を二人増員し、男女共同参画課と新たに設けた温暖化対策室に、対策担当管理監(次長級)を置いた。一方、環境こだわり農業課を廃止し、農産ブランド推進室を新設している。

 人材の登用では、生活者の視点や現場かの発想、多面的視野を持って課題解決や政策形成に富む能力重視に置き、育成面で国、民間企業、大学などへの派遣、他府県との人事交流を積極的に行った。女性の管理職登用は六十五人(同六十一人)。部長級の異動は次の通り。カッコ内は前任。敬称略。

 【就任】 病院事業管理者・病院事業庁長(総務部長)谷口日出夫▽政策監・防災危機管理監(防災危機管理監)上原正男▽総務部長(政策理事)川口逸司▽県民文化生活部長(商工観光労働部長)沢井進一▽健康福祉部長(琵琶湖環境部次長)漣藤寿▽商工観光労働部長(政策調整部次長)瀬古良勝▽土木交通部長(国土交通省河川局治水課河川保全企画室長)田村秀夫▽会計管理者・会計管理局長(政策調整部長)橋本俊和▽湖東地域振興局長(土木交通部次長)河那部隆二▽理事・びわ湖ホール館長(県民文化生活部管理監)井上建夫▽理事・環境事業公社副理事長(総務部次長)廣田由行▽公営企業管理者・企業庁長(県民文化生活部次長)古川源二郎▽議会事務局長(琵琶湖博物館副館長)寺田治雄

 【退職】 谷口日出夫(総務部長)▽牛島授公(財政・行政経営改革担当理事)▽中村順一(県民文化生活部長)▽上田一好(琵琶湖環境研究調整担当理事)▽馬淵義博(健康福祉部長)▽青木孝夫(企業誘致担当理事)▽江崎喜久雄(全国豊かなうみづくり大会担当理事)▽吉岡淳(土木交通部長)▽加藤晴吾(会計管理者・出納局長)▽堀正基(湖東地域振興局長)▽小川義隆(公営企業管理者・企業庁長)▽塩見和夫(議会事務局長)


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


地域子育て支援センター設置へ

4月から準備室開設

税滞納者への対策強化
60人に人事異動内示
=愛荘町=


◆湖東・愛荘町◆

 愛荘町は二十四日、総勢六十人の人事異動を内示した。発令は四月一日。

 合併から三年目を迎える同町は、町総合計画の基本方針としている「安心すこやかな健康・福祉のまちづくり」を重要課題と位置づけ、新年度から安心して子どもを生み、育てられる環境づくりの拠点「地域子育て支援センター」を設置することを決定。その準備室を新設する。

 また、税の滞納が増加傾向にあることを受け、納税の公平性を確保することや厳しい町財政への対応策として支払い能力があるのに支払わない人、また、不払いの正当な理由がない人に対しての徴収の促進や、他の徴収業務の体勢強化のため税務課内に「収納管理主監」のポストを設置し、税務課長が兼任することにした。

 さらに町環境基本計画に基づく事業施策を展開していくため、これまでの環境対策室を「課」に改編し環境問題について積極的に取り組んでいくことにした。

課長補佐級以上の内示は次のとおり。敬称略。( )内は前職。太字は昇格。

【主監級】
▽議会事務局長・宇野太佳司(政策調整室長)▽会計管理者兼会計室長・高橋正夫(議会事務局長)▽総務主監・細江新市(総務主監兼愛知川サービス室長)▽収納管理主監兼税務課長・山田清孝(総務課長)▽住民福祉主監兼子育て支援センター準備室長・西村久昭(住民福祉主監)▽教育次長兼庶務課長・辻孝志(会計管理者兼会計室長)。

【課長・参事級】
▽政策調整室長・村西作雄(管理課長)▽総務課長・福田俊男(住民課長)▽管理課長・北川孝司(管理課課長補佐)▽住民課長・辻善嗣(総務課課長補佐)▽環境対策課長・西川作男(文化振興課課長)▽つくし保育園長・中里奈美子(つくし保育園園長補佐)▽健康福祉課長・杉本幸雄(健康福祉課長兼包括支援センター所長)▽生涯学習課長兼スポーツセンター所長・林吉次(生涯学習課長)▽文化振興課長兼ハーティーセンター館長・林定信(文化振興課課長補佐)▽愛知川図書館長兼びんてまり館長兼秦荘図書館長・山田登美子(秦荘図書館長)。
【課長補佐級】
▽会計室長補佐・木村幸子(会計室係長)▽総務課長補佐・居島惣偉智(総務課係長)▽環境対策課長補佐・高岡務(環境対策室室長補佐)▽子育て支援センター準備室長補佐・川村節子(政策調整室室長補佐)▽つくし保育園長補佐・青木喜美子(つくし保育園主任保育士)▽健康福祉課長補佐・岡部得晴(健康福祉課係長)▽包括支援センター所長・酒井紀子(包括支援センター係長)▽農林商工課長補佐・廣瀬猛(住民課係長)▽学校教育課長補佐・満島徳男(農林商工課課長補佐)▽秦荘幼稚園長補佐・藤本康子(秦荘幼稚園主任教諭)。

退職者
【主監級】愛知川図書館長(文化振興主監・びんてまり館長兼務)・渡部幹雄
【主監級】教育次長・西沢和一郎
【課長級】税務課長・小杉勝三
【課長級】環境対策室長・藤野総五郎


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


「ピュアライフ桜川」

県内4棟目の高専賃竣工

自由で安心できる居住空間
=株式会社ナガオカが提供=


▲完成を祝って乾杯する出席者ら(東近江市桜川西町にあるピュアライフ桜川で)
◆東近江・東近江市◆

 株式会社ナガオカ(長岡範行代表取締役、東近江市五個荘竜田町)が二十日、東近江市桜川西町に完成した高齢者専用賃貸住宅「ピュアライフ桜川」の竣工式と記念式典を開き、出席者約五十人が地域の高齢者福祉向上に期待を寄せた。  

 県内で四棟目となる高専賃“ピュアライフ桜川”は、三年前に不動産業を営む傍ら介護事業に参入した株式会社ナガオカが事業主で、設計監理を株式会社想武、施工を辻寅建設株式会社がそれぞれ担当した。

 完成した住宅は鉄筋コンクリート造の地上四階建で、一般賃貸住宅と同じように完全独立住戸(浴室・トイレ・ミニキッチン付き)になっており、単身高齢者向けタイプ(約二十六平方メートル)と高齢者夫婦向けタイプ(約四十平方メートル)の計三十五戸。

 高齢者自身が自由に暮らしを組み立て、死を迎えるまで安心して生活できる居住空間をとの思いから、介護・認知症専門家を住宅管理者として配置し、入居者の要介護認定範囲に適したケアプランを作成して介護サービスを提供するほか、軽度の認知症高齢者も受け入れる。

▲桜川西町に誕生したピュアライフ桜川の外観
 また、住宅一階部分には居宅介護支援事業所や訪問介護事業所、福祉用具貸与事業所を併設し、身近な地域の介護ニーズにもこたえていく。

 竣工式に引き続き行われた落成記念式典では、県議会議員や市議会議員、桜川西町の自治会代表者、近隣の福祉施設関係者、工事関係者ら出席者約五十人を前に、株式会社ナガオカの長岡代表取締役が「『自由に暮らす、安心に暮らす』を基本理念とし、地域との調和を大切にした居住空間と質の高いサービスを提供できるよう、社員一同、より一層の努力を重ねていく」とあいさつした。

 介護参入の立役者である株式会社長岡建設の長岡秀治取締役会長は、「新たな高齢者の暮らし方を支援するピュアライフ桜川を完成できたことはとても感慨深い。いい仕事をしたいという志の高いスタッフが集まってくれたので質の高い介護を提供し、地域へ恩返ししていきたい」と決意を新たにし、真心のこもった事業展開を約束。

 来賓の宇賀武県議は「物質的な豊かさから安心・潤い・ゆとりのある生活を求める社会へと変化している。時代を先取りした事業展開で、その先見性に深い感服を覚えているところ。高齢者のみなさんに愛される施設になることを期待する」と語り、滋賀報知新聞社の冨田正敏社長も「官民一体となってこういった形の施設を作って核とし、高齢者が安心して暮らせて、住んでみたいと思えるまちづくりを考えてほしい」と高齢者福祉発展の足掛かりとして大きな期待を寄せた。

 入居は四月一日からで、あと少し空き部屋もあるという。見学予約また資料請求など詳しくは、ピュアライフ桜川(0748―55―8175)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


歴史ロマンと自然を満喫しませんか

ハイキングイベント「千草街道を往く」
=4月1日から参加者受け付け=


▲昨年の開催風景
◆東近江・東近江市◆

 東近江市永源寺地区まちづくり協議会は、山越商人が中世、鈴鹿山脈を越えるのに使った交易の道を歩くことで、ふるさとの自然と歴史を満喫するハイキングイベント「千草街道を往く」を四月二十六日に開催する。

 千草街道(永源寺地区甲津畑町〜三重県菰野町)は、保内(東近江市八日市地区)と小幡(同五個荘地区)、石塔(同蒲生地区)、沓掛(愛荘町)を拠点とする山越商人がかつて、伊勢方面と通商した交易の道として知られる。現在では、雨乞岳など鈴鹿の山々へ向かう道として、数多くの登山者でにぎわっている。

 イベント当日は、東近江市永源寺支所前の永源寺地域産業振興会館に午前六時四十分に集合し、同七時に出発式を行う。出発地点の同地区・甲津畑町の岩ヶ谷林道入口へはバスで移動し、ここから徒歩で蓮如上人旧跡、杉峠、御池鉱山旧跡、根平峠を経て、三重県菰野町の朝明キャンプ場に午後三時二十五分に到着する。帰路はバスで永源寺地域産業振興会館へ同五時十分に戻り、解散する。全行程約十五キロ。

 募集定員は先着八十人で、費用千円(保険)が必要。参加者は弁当、水筒、着替え、タオルを持参すること。当日は登山靴が望ましいが、運動靴でも可。

 参加希望者は、永源寺地区まちづくり協議会事務局(0748―27―2181、IP電話050―5801―2181、ファックス0748―27―1668)へ所定の用紙に参加者の郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先を記入して、四月一日から同月十八日までにファックスするか、電話で申し込む。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


海の向こうのペンフレンドへ

=竜王中1年生  初めて英語レター送る=


▲封筒の宛名書きや手紙の清書をする生徒ら(竜王中学校1年3組の教室で)
◆東近江・竜王町◆

 「返事が楽しみ」と、目を輝かせる竜王中学校の一年生たち。今月二十四日、一年間学んできた英語力を生かして、竜王町と姉妹都市提携を結んでいるアメリカ合衆国ミシガン州スーセーマリー市の中学校などに手紙を送った。

 初の試みである海外文通は、竜王中学校英語担当の土井幸子教諭とALT(外国語指導助手)のダイアナ・デンズモア教諭の発案。「生の英語に触れたときにこそ、自らの英語力を痛感し、会話したいとの思いが学習意欲を高める。生徒たちにはそういった体験を積み重ね、文通を通して出会いを大切に表現することのすばらしさを知ってほしいと思った」と語る土井教諭。
 ダイアナ教諭も「アメリカにいる子どもたちも、手紙が届くことにとても興奮している。両国の子どもたちにとっていいことだと思う」と、スーセーマリー市以外に友人などに協力を求めて文通相手を確保した。

 一年生約百四十人は、一年間で習った文法などを駆使して、英語の授業の中で手紙に書く文章を練った。「スポーツは何をしていますか」や「好きな科目は何ですか」といった相手の趣味・趣向を尋ねる内容が多く、ある男子生徒は「日本文を英語に直すのが大変で、けっこうしんどかった」と漏らしながらも一枚の便せんにびっしり思いを綴った。

 慣れない宛名書きにも一苦労したが、デコレーションした手紙のほかに自分の写真と国際返信用切手券を封筒に入れて、「返事が楽しみ」と心を躍らせる生徒たち。

 手紙は、スーセーマリー市の中学校のほか、ダイアナ教諭の友人がいるアメリカとアイルランドの学校へ分散して送られる。

 また、今年はスーセーマリー市から使節団が訪問する年にあたるため、文通相手との初対面も叶うかもしれないという。

 言葉も習慣も違う海の向こうのペンフレンドとの出会いが、生徒たちの英語を学ぶ意義や目標を明確にし、視野の広がりが人生の宝物になるにちがいない。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ