平成20年4月5日(土)第15000号

◆全県◆
韓国の鳥インフルエンザ発生で
=県が7日から立ち入り調査=


◆湖南・草津市◆
野菜ソムリエ育成へ
=19日から滋賀県初の講座開講=

◆東近江・東近江市◆
郷土の画家 織田瑟々の桜画
名古屋城特別展に展示
東近江市の個人所蔵者が協力
=来月6日まで 城の春「さくらの美術」=


◆東近江・東近江市◆
東近江市史 愛東の歴史
「第1巻資料編」を発刊
=きょう 午後1時半から記念講演会=


◆東近江・近江八幡市◆
子育て支援の地域拠点
子どもセンター開所
近江八幡市 中学校区ごとに
=遊びや体験、親の交流や相談=


◆東近江・日野町◆
日野祭 村井の神輿に輝き
=50年に1度の全面修復=


韓国の鳥インフルエンザ発生で

=県が7日から立ち入り調査=


◆全県◆

 県畜産課は四日、韓国において一年ぷりに高病原性鳥インルエンザ(H5N1亜型)の発生が確認されたことを受け、七日から県内の養鶏農家を立ち入り調査を実施するなど、発生予防に向けて万全の態勢で臨むと発表した。

 具体的には▽養鶏農家への正確な情報の提供と早期通報の徹底▽養鶏農家への緊急巡回指導の実施=七日〜十一日の期間、養鶏場への立ち入リによる発生予防対策の徹底指導(昨年度は定期巡回として年間三回実施)▽琵琶湖周辺の水鳥のウイルス保有状況調査時期=昨年十月〜今年三月まで実施していた調査を一か月延長(琵琶湖周辺の水鳥の落下ふんを採取)▽養鶏農家のモニタリング調査の継続=毎月一回、県内の東西南北に位置する四農場において、ウイルス分離と抗休検査を定期的に実施ーなどに取り組むとしている。

 農林水産省からの情報によれば今月二日、韓国の全羅北道金堤市(韓国南西部)の農場で、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)の感染が確認され、現在までに全飼養羽数十五万五百七十羽中、二千三百八十羽が死亡したという。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


野菜ソムリエ育成へ

=19日から滋賀県初の講座開講=


◆湖南・草津市◆

 日本ベジタブル&フルーツマイスター協会は、滋賀県初となる「野菜ソムリエの養成講座(滋賀一期ジュニアマイスターコース)」を、十九日から開講する。

 豊かな食生活と食文化の発展を願う同協会では、野菜や果物の総合的な知識と情報を広く世に伝えるスペシャリスト“野菜ソムリエ(同協会が認定する資格保持者の通称)”を育成している。

 資格は、ジュニアベジタブル&フルーツマイスター(初級)とベジタブル&フルーツマイスター(中級)、シニアベジタブル&フルーツマイスターの三段階に分かれている。会社員や主婦のほか、青果物・食品業界に携わる人まで幅広い年代の男女が目標を持って受講し、累計受講生は今年二月末で一万八千人を超えた。

 現在、滋賀県内でも、七十九人がジュニアマイスター、一人がマイスターの資格を有する。「知らないで食べる」から「知って食べる」への変化が食生活をより豊かにするため、かねてより地元での講座開講を求める声があった。

 そこで、今回、初めて滋賀県内で講座が催される運びとなり、同協会としても全四十七都道府県を制覇したことになるという。

 草津市市民交流プラザを会場に開講される講座は、「ジュニアマイスターコース(短期コース)」。開講日は、今月十九、二十、二十七日、五月十一日の四日間。

 カリキュラム内容は、ベジフルコミュニケーション(青果物から得られる新しい発見に感動する力とその感動を表現する力を養う)やベジフル入門(青果物の生産から流通までの知識を身に付ける理論編とさまざまな条件による味のちがいを見極める力を養成する野菜・果物編)、ベジフルサイエンス(食べ物がどのように体に影響しているかという基本から、野菜・果物がどのような作用を持っているかを学ぶ。また、生活習慣病についての基礎知識を学んで野菜・果物の効用を確認する)、ベジフルクッカリー(野菜料理を作る楽しさを再確認し、品種や作型などの違いに対応した料理コーディネーション能力習得を目指す)など。

 野菜や果物の正しい知識を習得し、学んだ知識の伝え方やレシピ提案に役立つノウハウなどを学び、日々の生活に役立てることを目指す。

 受講資格は、野菜や果物に興味のある人。受講料は、十三万三千三百五十円(入会金・受講料・試験料)。

 申し込み方法など詳しくは、同協会名古屋支社(電話052―249―9557、ホームページhttp://www.vege-fru.com/)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


郷土の画家 織田瑟々の桜画

名古屋城特別展に展示

東近江市の個人所蔵者が協力
=来月6日まで 城の春「さくらの美術」=


▲桜画特別展のポスター
◆東近江・東近江市◆

 郷土の女流画家「織田瑟々の桜画」が、本丸御殿の復元工事着工を間近に控えた名古屋城天守閣二階展示室で開催の特別展「城の春・さくらの美術」に展示されている。五月六日まで。

 特別展は、近代武家文化の象徴として親しまれてきた「名古屋城と桜」をテーマに、桜にまつわる江戸時代の美術を集約した百二十点(うち重要文化財二点)が展示され、花見に興じる人々を描いた大画面の障壁画ほか、花見に用いられたであろう弁当箱や酒徳利などが目を引く。

 江戸時代後半、生涯をかけ桜だけを描いた画家の桜画約六十点も一堂に集められている。中でも、織田瑟々は、織田信長の九男信貞の子孫として近江国御園村川合寺(現在の東近江市川合寺町)に生まれ、十七歳のころ京都画壇に登場したが、いつのころか郷里の川合寺に帰り、名誉とは無縁の生活の中で桜を描き続け、五十三歳の若さで生涯を閉じている。

 十七世紀から十八世紀にかけて、本草学の発展は目覚ましく、精緻な動植物の写生と享保十六年(一七三一)に長崎に来日した清国の沈南蘋の写実的画法などが、日本絵画の写実主義に大きな影響を与えた。

 こうした時代背景の中で、京都の三熊思孝(一七三〇―九四)、その妹露香、広瀬花隠、露香の弟子織田瑟々(一七七九―一八三二)らのグループ「三熊派」は、桜へ異常とも思える執着と愛情を持って、桜だけを描き続け、独自の画壇の中で「桜画」の地位を確立していった。

 瑟々の生涯について、ほとんど直接的な資料は見当たらないが、作品の「桜画」については旧八日市市周辺の個人が多く所有し、所蔵者の協力を得て「特別展」は開かれている。入場料は、大人八百円(名古屋城観覧料含む)、中学生以下は無料。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江市史 愛東の歴史

「第1巻資料編」を発刊

=きょう 午後1時半から記念講演会=


▲発刊された東近江市史・愛東の歴史「第1巻資料編」
◆東近江・東近江市◆

  東近江市と市教委は、東近江市史「愛東の歴史第一巻・資料編」の発刊を記念してきょう五日午後一時半から愛東公民館大ホールで講演会を開く。入場無料だが、会場の都合で先着四百人の入場制限有り。

 市史発刊記念式典のあと、執筆に携わった中井真孝・佛教大学前学長が「湖東の古代
▲きょうの発刊記念講演会のチラシ
寺院と仏教」をテーマに基調講演を行い、続いて門田誠一・仏教大学文学部教授が「考古学からみた愛東」と題して、最後に山岸常人・京都大学大学院准教授が「古建築からみた近江、愛東、そして未来へ」と題して講演する。

 愛東地区の歴史を調査研究してまとめた歴史書は、「近江愛智郡志」以来七十九年ぶりの発刊で、新たな史実の調査と研究成果に期待が寄せられている。

 歴史書の発刊は、市史編さん室が作業を進めているもので「愛東の歴史」は、平成二十二年までにあと本文編「上・下」二巻、概要を分かりやすくまとめたフルカラー刷りのダイジェスト版を順次刊行していく。

 今回は第一巻・資料編(B五版・七○○ページ)の発刊で文献資料・美術、建築、百済寺資料、歴史地理・民族のジャンルに分け、愛東地区の古文書や仏像、社寺建築、民族地図など、これまで知られていなかった貴重な資料を紹介している。

一冊四千円で頒布されている。問い合わせは、愛東公民館内の市史編さん室(0749-46-2272)へ。講演会の当日、会場でも頒布される。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


子育て支援の地域拠点

子どもセンター開所

近江八幡市 中学校区ごとに
=遊びや体験、親の交流や相談=


▲除幕式で開所を喜ぶ冨士谷市長と子どもたち――八幡子どもセンターで――
◆東近江・近江八幡市◆

 近江八幡市は一日、子育て支援の拠点となる「子どもセンター」を市内中学校区を基準に、三か所開設した。

 子どもセンターでは十八歳未満の子どもを対象に、遊びや体験を通した健全な発達、親の交流や出会いによる子育ての不安や負担解消、地域全体での子育て環境づくりを目標に、遊び教室、創作活動、自然体験や、育児相談、食育活動、講習会などの事業を展開する。

 また、中学校区が広いこともあって、公民館などへセンター職員が出向いて、移動教室や出前講座などを開くなどして、子どもセンターの事業を利用してもらったり、センター利用をアピールしてゆく。

 施設は、平成十九年度での同和対策関連事業全面的廃止により、廃止された地域総合センターの児童館などの施設を活用し、子ども未来部からセンター長、保育士や幼稚園教諭の資格を持つ指導厚生員を配置した。

 この日、八幡町の八幡子どもセンター(前・八幡会館 八幡中学校区)では、冨士谷英正市長といっしょに子ども達や保護者らが設置された新しい看板の除幕式を行い、開所を祝った。

 センター内で開かれた「はじまりの会」で冨士谷市長は、「(小学校の八幡学区だけでなく)これからは島学区や金田学区の子ども達もいっしょに利用することになります。小学校から帰ったり、土曜日など、友だちを誘って遊びに来て下さい。平日の午前中には未就園の子ども達を対象にした催しも計画しているので、ぜひ利用して下さい。運営には、子育て支援団体のボランティアの力を借りながら、地域全体で取り組んでいきたい」と、あいさつした。

 八幡子どもセンター以外では、末広町の八幡東子どもセンター(前・末広児童館と末広教育集会所 八幡東中学校区)、大森町の八幡西子どもセンター(前・大森児童館と老人憩いの家 八幡西中学校区)がオープンした。センター利用は三館とも、午前九時から午後五時までで、日曜日と月曜日は休館。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


日野祭 村井の神輿に輝き

=50年に1度の全面修復=


▲氏子らの協力によって輝きを取り戻した村井の神輿(馬見岡綿向神社で)
◆東近江・日野町◆

 日野祭(宵宮=五月二日、本祭=三日)まで、あと約一カ月。曳山と並んで祭の目玉である日野町村井の神輿がこのほど、全面修復を終え、百八十六年前の輝きを取り戻した。

 馬見岡綿向神社には、神様を乗せる三基の神輿がある。本祭では、同神社に集結した曳山に見送られながら、神子や神馬に続き西大路・村井・大窪松尾の順で三基の神輿が御旅所(ひばり野)まで渡御へ向かう。

 現存する三基の神輿は、江戸時代に作られたもの。中之番と称される村井の神輿は、位の高い神様が乗ることを意味する“擬宝珠(ぎぼし)”が屋根の上に取り付けてあるのが特徴的で、文政四年(一八二一年)に新しく作り替えられたと伝わる。

 その後、嘉永二年(一八四九年)と明治三十三年(一九〇〇年)、昭和三十一年(一九五六年)に全面修復が実施され、五十年に一度、全面修復をするのが慣わし。

 四年前に氏子総代となった同町村井の辻修さん(69)は「神輿や曳山がなくなったら日野祭は廃れてしまう。誰かが進めなければ」と、全面修復を提案。村井地区の氏子(約二百二十戸)の理解・協力を得て、平成十八年に「村井神輿修復委員会」を発足した。

 昨年、日野祭を終えてから、神輿は京都の業者のもとに修復の旅へ。作業は解体から始まり、漆の塗り直しや金箔押し、飾り金具の鍍金(メッキ)の張り直しなどが行われた。費用は約千五百万円かかり、氏子らの浄財で賄われた。

 同年十二月九日には、元の形に組み立てられた神輿の竣工お祓い神事を綿向神社で開催。同委員会委員長でもある辻さんは「完全に組み上がった神輿を見て、ホッとした」と振り返り、「あと五十年経ったら、この趣旨をわきまえた人が出てきて、また修復し引き継いでいってほしい」と願う。

 前回から五十一年目を迎え、鮮やかによみがえった村井の神輿。今月十三日には、お披露目をかねて村井地区内を練り歩く“神輿修復完成披露祝賀渡御”が行われる予定。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


◆************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ