平成20年4月18日(金)第15011号

◆大津・大津市◆
地域を再発見しビジネスモデル提案へ
『近江学研究所』開設
19日に開設記念公開講座
=成安造形大=

◆東近江・東近江市◆
東近江市 いきいき市民活動
あす 市役所別館で発表会
=補助金の募集説明会も開く=


◆東近江・東近江市◆
チーム東近江の発足記念
西沢久夫パーティー
=あす 市長選出馬表明も=


◆東近江・東近江市◆
遅咲きのサクラ楽しみませんか
19日、永源寺春まつり
=産業振興会館一帯で多彩な催し=


◆東近江・東近江市◆
野外ステージに落書き
市が警察に被害届け
=11〜14日の間の犯行=


◆東近江・近江八幡市◆
「近江商人1dayパス」新発売
近江鉄道と観光協会
近江八幡・日野・五個荘へ集客
=電車・バス・入場券をセットに=


地域を再発見しビジネスモデル提案へ

『近江学研究所』開設

19日に開設記念公開講座
=成安造形大=


▲近江文化の創造に乗り出した成安造形大学
◆大津・大津市◆

 成安造形大学(大津市、木村至宏学長)は、この一日から大学附属「近江学研究所」を開設し、十九日には一般参加が可能な開設記念講座「近江学概論〜とくに近江の街道とその文化について〜」を開催する。

 「近江学研究所」は、近江が持つ風土や文化を検証して、自らの地域を再発見し、滋賀県における新たなビジネスモデルを提案していくとしている。また近江を多角的に探求するフィールドワークや研究活動を行う。その近江学研究の成果を生かした基礎教育プログラム、さらに社会と直結した実践型の各種プロジェクトを中心としたキャリア教育プログラムを構築する。

 加えて生涯学習型社会に必要な地域に開かれた教育システムを検討し、一般社会人を対象とした学ぴの場を提供していく。さらに県内の大学や研究機関、研究者などが取り組んでいる研究成果など、地域に散在する貴重な情報を相互に共有し蓄積する。また、それらの情報を相互利用するためのネットワーク作りを推進し、リアルタイムな活動報告としてのWebサイト、情報誌の発行、公開講座などを行う。

 なお問い合わせは、同大学附属芸術文化交流センター(電話077ー574ー2118)まで。

 近江学研究所所員・研究員は、次のみなさん(敬称略)。

 所長=木村至宏(成安造形大学学長)▽参与=石丸正運(彦根城博物舘館長)、今森光彦(写真家)、上原恵美(京都橘大学教授)、岸野洋(県文化振興財団理事長)、清原恵光(延暦寺執行)、小林徹(オプテックス(株)社長)、宮崎君武(県商工会議所連合会会長)▽学外研究員=水本邦彦(京都府立大学教授)、福家俊彦(三井寺執事)、和田光生(大津市歴史博物館学芸員)、高梨純次(県立近代美術館学芸課長)▽学内研究員=大岩剛一(成安造形大学デザイン科教授)、辻喜代治(同)、小嵜善通(同)、永江弘之(同准教授)、加藤賢治(同大学教学課課長)


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江市 いきいき市民活動

あす 市役所別館で発表会

=補助金の募集説明会も開く=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市は、十九日午後一時半から「いきいき市民活動事業」の補助金交付団体の成果発表会と二十年度の募集説明会を市役所別館二階ホールで開催する。

 いきいき市民活動事業補助は、地域社会の課題解決を目的として、市民自らが企画、実施する事業を応援する補助制度で、十九年度は十二団体が交付を受け、それぞれの事業に取り組んだ。成果発表の団体は次の通り。

 「認知症に関する啓発・家族支援・介護予防・指導者養成」(NPO法人認知症を学び介護する会ほほえみ)「東近江の映像記録」(東近江映像記録会)「金堂町並みPR」(NPO法人金堂まちなみ保存会)「ふれあいデイキャンプ」(蒲生地区障害児の生活を考える会「あかねっこの会」)

 「日本語教室・出前教室」(八日市日本語教室ボランティアグループ)「めざせ!おはなしのセミプロ〜ことばと心で伝える絵本とすばなし〜」(おはなしポッケ)「蒲生地区障害児お泊り体験」(障害児学童保護者会)、「エコスクール支援」(エコスクール支援委員会)「環境ボランティア活動」(能登川地区環境ボランティアの会)「いきがい未来塾」(パソコンボランティア能登川和ねっと!)「まい・たけばし・ぷろじぇくと」(環境学び舎わのたね)「新しい旅の提案・東近江ツーリズム創造」(NPO法人愛のまちエコ倶楽部)

 同補助制度は、市内に活動拠点を持つNPO法人か市民活動(任意)団体が、不特定多数の利益供与を目的に取り組む事業が対象となる。詳しくは市役所まちづくり推進課(TEL24―5623)ヘ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


チーム東近江の発足記念

西沢久夫パーティー

=あす 市長選出馬表明も=


◆東近江・東近江市◆

 西沢久夫の市政再挑戦をささえる会(世話人代表・畑重三市議)は、十九日午前十一時から市長選推進母体となる「チーム東近江」の発足記念パーティーを八日市ロイヤルホテルで催す。

 記念講演には、TBSサンデーモーニングで知られる涌井史郎・桐蔭横浜大学教授(造園家)を招き、演題「自然・景観を活かしたまちづくり―鈴鹿から琵琶湖まで―」から、人と自然との共生について学び、まちづくりの方向性を探る。

 約二百人が参加するパーティーでは、任期満了(来年二月)に伴う市長選へ再度挑む西沢久夫元県議が正式に出馬表明することから、奥村展三衆院議員、林久美子参院議員、徳永久志参院議員、嘉田知事支援団体「対話の会」の寺川庄蔵代表らが激励に駆け付ける。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


遅咲きのサクラ楽しみませんか

19日、永源寺春まつり
=産業振興会館一帯で多彩な催し=



▲永源寺桜
◆東近江・東近江市◆

 遅咲きの永源寺桜が見ごろ迎える十九日、「永源寺春まつり」が東近江市永源寺地域産業振興会館(山上町)で開催される。

 春まつりは午前十時のオープングセレモニーで開会され、会場ではステージショー(歌謡、手品、大道芸)、親子で楽しめるちびっ子広場(バルーンアート、エア遊具・ふあふあドーム)、フリーマーケット(永源寺ソバ、イワナの塩焼き、ジェラートなど)、小物づくり体験、ビンゴ大会が催される。

 なお、主な内容は次の通り。問い合わせは同商工会内の実行委員会(エ0748―27―0360、IP電話050ー5802ー8360)へ。

 【ステージショー】
 ▽歌謡ショー(午前十時半、午後一時)=数少ない女流音頭とりとして河内音頭と演歌で活躍中の生駒尚子、永源寺地区のエンターテイナー・小坂たかしが出演する。
 ▽マジック&ジャグリング(午前十一時半、午後二時)=リバーが出演。何でもこなす実力派で、子どもから大人まで楽しめるパフォーマンスショーを披露する。

子どもに人気のふわふわドーム
 【ちびっこ広場】
 ▽ふあふあドーム=子どもたちに人気のドーム型のエア遊具。中に入ってトランポリンのように遊べる。
 ▽わくわくバルーンアート教室=風船を使ってイヌ、ウサギ、剣など色々なものがつくれる。

 【フリーマーケット】
 永源寺ソバ▽イワナの塩焼き▽そばクレープ▽イタリアンジェラート▽ワイン▽たこ焼き▽フランクフルト▽みたらし団子▽山菜ご飯▽手作りこんにゃく▽和菓子喫茶▽コーヒー▽うどん▽寿司▽パン▽おもちゃ▽雑貨

 【小物づくり体験】
 小枝でストラップやペンダントを作る。アイデア次第で色々な作品が出来上がる。一個二百円。



 
 永源寺桜 名称の由来は大本山永源寺の境内にあったことにちなむ。花びらが七ー十三枚もあって一見八重桜のようにみえ、花の直径は大きく五センチもある。同地区ではいつの間にか途絶えていたが、商工会女性部が地域の名物にしようと、十一年前から毎年植樹し、今では八百本以上が春を彩っている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


野外ステージに落書き

市が警察に被害届け

=11〜14日の間の犯行=


▲落書きがされた野外ステージ壁面
◆東近江・東近江市◆

 延命公園の野外ステージ壁面にスプレーのようなもので落書きされているのを訪れた市民が見つけ、同公園を管理する市に通報した。

 落書きは、十一日〜十四日の間に描かれたもので「17代目」、「参上」、「BPK」などの文字が高さ約二メートル幅十三メートルもの面積に書き重ねられていた。

 犯行が行われたと思われる期間は、延命山のサクラが満開となったころと重なり、落書きの周囲にバーベキューをしたと思われる焼け跡や飲食ゴミが散乱していたことから、何人かのグループが花見に来て、書いたのではないかと見られている。

 同公園は、地元自治会やボランティアグループが定期的に清掃活動を行っており、こうした活動の成果や市民の心を踏みにじる悪質な行為として市は、警察に被害届けを提出し、犯人探しの捜査を依頼するとともに警戒を強めている。

 来園者に目立つこともあり、壁面を上塗りして落書きを消す作業が行われ、現在はなくなっている。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


「近江商人1dayパス」新発売

近江鉄道と観光協会
近江八幡・日野・五個荘へ集客
=電車・バス・入場券をセットに=


▲情緒あふれる近江商人のふるさと
◆東近江・近江八幡市◆

 近江鉄道は、沿線に点在する近江八幡・日野・五個荘(東近江市)といった近江商人発祥の地にさらに多くの観光客を呼び込もうと、近江鉄道電車一日フリー券と施設や町並みまでの最寄り駅からの往復バス代、入館料をセットにした便利でお得な乗車券「近江商人1dayパス」を、各市町観光協会と協力して今月から売り出した。

 乗車券は、近江八幡市立資料館(郷土資料館、旧伴家住宅、歴史民俗資料館、旧西川家住宅)、近江日野商人館、五個荘近江商人屋敷(外村繁邸、外村宇兵衛邸、中江準五郎邸)の三か所から二か所を選んで利用できる。

 通常なら二千八百八十円から三千九百八十円かかるところが、「近江商人1dayパス」なら大人千八百円(小人九百円)に。来年三月末まで、近江鉄道米原・彦根・高宮・愛知川・八日市・近江八幡・日野・貴生川の各駅や近江八幡駅前観光案内所などで、施設の休館日(月曜日、祝日の翌日、年末・年始)を除く毎日発売している。

 問い合せは、近江鉄道(TEL0749―22―3303)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ