平成20年4月21日(月)第15014号

◆全県◆
キャッフィーの
お菓子発売
=スポレク’08=

◆大津・大津市◆
沼尻竜典&トウキョウ
モーツァルトプレーヤーズ
=びわ湖ホールで6月開催=


◆甲賀・甲賀市◆
「春の信楽駅前陶器市」
=26日〜5月6日まで開催=


◆東近江・東近江市◆
一流の指導者招いて
ゴスペル教室開催
コンサートや音楽祭めざす
東近江キリスト福音教会
=参加者募集=


◆東近江・日野町◆
政治活動団体が発足
「日野元気プロジェクト」
=町長選は高井氏推薦へ=


◆東近江・日野町◆
約100万本の菜の花
=まきばのお花畑で満開=


キャッフィーのお菓子発売

=スポレク’08=


◆全県◆

 十月に開催される「第二十一回全国スポーツ・レクリエーション祭」を盛り上げようと、マスコットキャラクター「キャッフィー」のお菓子が完成し、県内六か所の観光施設などで販売されいる。

 全国スポーツ・レクリエーション祭準備室が祭典の趣旨に賛同する協賛企業の一つ「株式会社いのうえ」(大津市)の協力で開発したもので、マスコットキャラクター「キャッフィー」をモチーフにした「近江米コシヒカリ煎餅」「おやつエビマヨネーズ煎餅」「スイートサンドせんべい」(二種類)「駄菓子やさん飴ちゃん」の五種類ある。

 現在、びわこバレイ、JR雄琴駅観光案内所、クレフィール湖東、JR大津駅名店街、道の駅琵琶湖大橋米プラザレストラン、道の駅愛東マーガレットステーションのおみやげ売り場などに並んでいる。

 問い合せは、株式会社いのうえ(077―522―7352)、全国スポーツ・レクリエーション祭準備室(077―528―4628)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


沼尻竜典&トウキョウ
モーツァルトプレーヤーズ
=びわ湖ホールで6月開催=


◆大津・大津市◆

 県立芸術劇場びわ湖ホール(大津市)は六月二十九日、「沼尻竜典&トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ」の演奏会を開催する。

 トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ(TMP)は、東京とその近郊で活躍しているフリーランスや、主要オーケストラに所属しているメンバーで構成されている。沼尻氏自らがメンバーを選定したため、設立当初は同級生が中心だったが、最近では少しづつ若返っている。三鷹市の「風のホール」での定期演奏会を活動の中心としている室内オーケストラである。

 昨年十一月にびわ湖ホールで、ベートーヴェンの交響曲第7番や、同氏の弾き振りによるモーツァルトのロンドを演奏し好評を得た。コンサートの最初は、モーツァルトのモテットから「踊れ、喜べ、幸いな魂よ」を同ホール声楽アンサンブル出身の谷村由美子氏の歌で楽しんでもらう。

 入場料は、S席四千円。A席三千円。B席二千円。青少年(二十五歳未満)千五百円。問い合わせは、同ホールチケットセンター(077ー523ー7136)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


「春の信楽駅前陶器市」

=26日〜5月6日まで開催=


◆甲賀・甲賀市◆

  信楽駅前陶商振興会(加藤茂夫会長)は、二十六日から五月六日までの十一日間、「第十四回春の信楽駅前陶器市」(写真)を信楽高原鐵道信楽駅前広場で催す。開催時間は、午前九時から午後五時まで。

 会場では、信楽焼陶器の日替わりオークション(二十七日、二十九日、五月三日、四日、五日、六日)や信楽焼狸・フクロウ大即売会、手造り狸の体験教室、信楽焼大狸の重量当てクイズのほか、紫香楽太鼓“炎”の演奏も行われる。

 また、食の市と題して、狸汁の販売や信楽の土産物販売、農家レストランなど十店舗が出店する。 信楽高原鐵道を利用すると、陶器市会場の陶器店で一〇%引きで買い物ができ、午前十時五十四分貴生川発の同十一時十八分信楽着で来場した人の中から毎日十人に信楽宝狸がプレゼントされる。

 さらに、信楽駅より春季特別展「与謝蕪村〜翔けめぐる創意〜」を開催中のミホミュージアムまで無料シャトルバスが運行する。

 陶器市に関する問い合わせは、信楽駅前陶商振興会事務局(電話0748―82―4366)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


一流の指導者招いてゴスペル教室開催

コンサートや音楽祭めざす

東近江キリスト福音教会
=参加者募集=


▲吉村美穂さん
◆東近江・東近江市◆

 世界を舞台に活躍する音楽家・吉村美穂さんを講師に招いたゴスペル教室が、五月一日から東近江市東沖野四丁目の東近江キリスト福音教会で開かれる。

 ゴスペルは、「福音」または「福音書」という意味で、キリスト教の宗教音楽のルーツとして知られている。のちのジャズやロックなどさまざまなジャンルの音楽に影響を与え、いまや宗教を超えた音楽として世界中で親しまれている。

 同教会では、こうした宗教観とは別にゴスペルの楽しさを一流の指導者のもとで一緒に味わい、市内の音楽祭や教会主催のコンサートへの出演をめざしている。

 講師の吉村美穂さんは、立命館大学法学部卒業後、京都市立芸術大学音楽学部に進んで声楽を学び、ウィーンに留学。グラーツ国立音楽大学修了の後、ウィーンを拠点に海外で活躍する傍ら、音楽で日本とルーマニアの交流にも力を入れている。

 二○○六年からは、クリスチャンシンガーとして活動をスタートさせ、国内外の教会、学校、病院等で賛美コンサートを開いている。翌年十月にはファーストアルバム「こころから」を発表。ボイストレーナーとしての顔も持つ。

 同教会の教室では、楽しく歌うためのストレッチから発生練習、呼吸法などの基本を十月まで計十回学ぶ。

 現在、宗教に関係なく、誰でも自由にレッスンを受ける同教室への参加者を募集している。対象は高校生以上。教室は原則として毎週木曜日の午後七時〜八時半まで。レッスン料は十回分一万円。募集定員二十人。参加申し込みと問い合わせは、午後八時〜同十時の間に同福音教会・植木さん(携帯・090-1140-0917)または、eメール gospelwave8@yahoo.co.jpへ。二十六日締め切り。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


政治活動団体が発足

「日野元気プロジェクト」

=町長選は高井氏推薦へ=


▲日野町林業センターで開かれた日野元気プロジェクトの記者会見
◆東近江・日野町◆

 真の自立したまちづくりの実現に向けて政策提言など政治活動を行う団体「日野元気プロジェクト」(島田浩一郎代表)が発足し、十五日に日野町林業センター研修室で記者会見を開いた。

 日野元気プロジェクト・塚本茂樹事務局長によると、二月末に高井章博氏(42)が日野町長選挙への出馬を表明した前後から「単独の道を歩む日野町だからこそ、若者がもっと政治に参画し、自分たちの思いを町政に届けていかなければ」との気運が高まったという。その後、三月下旬に設立準備会を立ち上げ、四月一日に選挙管理委員会への届け出を済ませた。

 現在、高井氏の小学校時代同級生や商店主ら二十一人がメンバーとして活動しており、記者会見場にも約十五人が駆け付けた。

 島田代表(42)は「まちのみなさんの声を集め、だんだん進化していく政策を提言し、住み良い元気あふれる本当の意味で自立した日野町の実現に向けて活動していく」と決意を語り、「遅れた四年間の月日を取り戻すのは高井さんにしかできない」と団体あげて推薦することを発表した。

 活動内容に、来月末までに公表予定の高井マニフェスト(日野元気マップ)作りへの参画や宣伝カーによる街宣活動、ミニ集会・シンポジウムの開催、ホームページ(http://www.hinogenki-project.net)上での意見聴取などを挙げ、「選挙だけにかかわらず、今後も政策集団的な立場で提言・継続できる団体になればと考えている」と強調。

 選挙戦に向けて、高井あきひろ後援会(西岡孫衛会長)を核に、日野元気プロジェクトが広報や政策提言といった役割を担うという。

 高井氏は、日野元気プロジェクトに対して「日野のまちのために、若手が集まる核になっていってほしい」と話した。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


約100万本の菜の花

=まきばのお花畑で満開=



▲満開の菜の花にチョウも楽しげに舞う花畑
◆東近江・日野町◆

 滋賀農業公園ブルーメの丘内まきばのお花畑で、約百万本の菜の花が咲き誇り、春風に揺れる愛らしい姿に来場者が小さな幸せを見つけている。

 同園東側に位置する約一万平方メートルの花畑は、黄色のじゅうたんを敷き詰めたように美しい。

 昨年四月には散歩道と花畑を結ぶ歩道橋も開通し、親子連れやカメラ愛好家らでにぎわっている。

 問い合わせは、同園ブルーメの丘(52―2611)まで。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ