平成20年5月28日(水)第15044号

◆全県◆
5割占めるネグレクト
=昨年度の子ども虐待相談状況=

◆東近江・東近江市◆
12年ぶり全国大会出場
創部50余年の「玉園クラブ」
=第29回全日本クラブ男子ソフトボール大会=


◆東近江・東近江市◆
末永く交流を
統營市使節団が来市
=24日市役所を表敬訪問=


◆東近江・東近江市◆
アートギャラリー・ヘムスロイド
お目当ての品を求めて1万人
=新緑の森に110店が軒を並べる=


◆東近江・東近江市◆
政所小児童が茶摘み体験
=「新茶を飲むのが楽しみ」=


◆東近江・近江八幡市◆
ボランティアグループがデザイン
心なごむ「みどりの病院」に
=31日まで 近江八幡市立総合医療センター=


5割占めるネグレクト

=昨年度の子ども虐待相談状況=


◆全県◆

 県は、平成十九年度中に、中央家庭相談センター(草津市笠山)と彦根子ども家庭相談センター(彦根市小泉町)に寄せられた、子どもの虐待に関する相談状況をまとめ、このほど速報値として公表した。

 それによると、相談件数は七百六十四件(前年度七百十一件)で、児童虐待防止法施行の平成十二年度の二百九十五件の約二・六倍に増加し、平成二年度の調査開始以降、最も多くなった。

 主な特徴としては、「前年度からの継続ケース」は四百八十八件(前年度三百九十七件)で、前年度比一二二・九%増加した。複雑、困難なケースの増加に伴い、援助が継続、長期化していることが考えられる。一方で、「新規ケース」は二百七十六件(同三百十四件)で減少した。虐待種別では、「保護の怠慢ないし拒否(ネグレクト)」が三百九十七件(同三百六十三件)と最も多く、全体の半分を超えている。また、年齢別では、「〇〜三歳未満」が百三十四件(同百一件)と増加率が一番高い――という結果が出た。

 センターでは二十四時間対応の「虐待ホットライン」(077―562―8996)を開設しており、利用を呼びかけている。

【センターの相談状況】

 ▽相談種別 虐待種別では「保護の怠慢ないし拒否(ネグレクト)」三百九十七件(全体の五割)、「身体的虐待」二百三十五件(全体の三割)。増加率では「身体的虐待」一〇九・八%、「保護の怠慢ないし拒否(ネグレクト)」一〇九・四%。

 ▽年齢別 「小学生」三百件(四割)、「三〜学齢前児童」百六十九件(二割)。増加率では「〇〜三歳未満」一三二・七%で、その内、「心理的虐待」二一一%、「保護の怠慢ないし拒否(ネグレクト)」一三九・七%だった。その他の年齢層は、いずれも微増。

 ▽相談の経路状況 市町三百七十二件、学校等百十一件、家族九十三件の順。なお、平成十七年以降は、市町からの相談が一番多く、全体の約五割を占めている。

 ▽主な虐待者 「実母」五百十六件(全体の七割弱)、「実父」百五十六件、「実父以外の父親」五十六件だった。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


12年ぶり全国大会出場

創部50余年の「玉園クラブ」

=第29回全日本クラブ男子ソフトボール大会=


▲近畿ベスト4に入り、全国大会に出場する玉園クラブ
◆東近江・東近江市◆

 十八日、京都府宮津市で開かれた「第二十九回全日本クラブ男子ソフトボール選手権大会」の近畿予選大会で東近江市の玉園クラブが和歌山のあぶさんチームを3―0で破り、近畿代表四チームの一つに選ばれた。七月十九日から三日間、北海道紋別郡遠軽町で開かれる全国大会に出場する。

 玉園クラブは、一九五六年に玉園中学校の先生と生徒で創部。依頼、五十年に渡り活動を続けている伝統のチーム。これまでに県体や各種大会で数多く優勝する経験をもつ、県下でも強豪の名門チームとして知られる。

 四月二十日、草津市で行われた県予選大会には県内各地から七チーム出場。玉園クラブは、初戦の高島マグマスを9―2で突き放し、続く二回戦で大津クラブと対戦では12―1の大差で快勝。県代表二チームの一つとして近畿予選大会に進んだ。

 近畿予選大会では、一回戦不戦勝、二回戦で京都の舞成クラブを破って駒を進めてきた、あぶさんと対戦。名門の強さを発揮して3―0の完封勝ちで近畿四強入りを果たし、十二年ぶりに全国大会への出場権を獲得した。現在、部員は三十人で、全員、仕事を持ちながら全国大会に向けて練習に励んでいる。

 選手らは「全国大会でも滋賀県、近畿の代表として日頃の練習で磨いた実力を発揮し、優秀な成績が収められるよう頑張ります」と意気込みを見せている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


末永く交流を

統營市使節団が来市

=24日市役所を表敬訪問=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市の文化交流都市、韓国・統營市の交流使節団がこのほど来市。二十四日には市役所を表敬訪問した。

 一行は、金安永(キム アニョン)統營文化院院長を団長とする同院理事と韓国海洋少年団の関係者ら合わせて八人。

 共にまちの伝統文化として継承されている凧の縁で交流が始まり、東近江市になって二回目の来市。

 一行を出迎えた中村功一市長は「市民レベルの交流の裾野が広がっていることに喜びと感謝申し上げます。今後もいろんな分野で交流が広がり、両市の友好の絆が一層深まることを願っています」とあいさつ。これに応えて金団長が「これからも益々、よい交流が続けられることを信じています」と述べた。

 一行は、二十五日の八日市大凧まつりや市内公共施設の見学、文化団体との交流会などに出席して友好を深め、二十七日帰国した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


アートギャラリー・ヘムスロイド

お目当ての品を求めて1万人

=新緑の森に110店が軒を並べる=


▲多くにの人が訪れたアートギャラリー・湖東ヘムスロイド村
◆東近江・東近江市◆

 八日市大凧まつりとともに東近江市で開かれた新緑イベントの一つ「アートギャラリー・ヘムスロイド2008」が二十四、二十五両日、ことうヘムスロイド村(平柳町)で開催された。

 会場には、様々な部門の工芸家が全国各地から集まり、作品の展示販売が行われ、新緑美しいヘムスロイド村には、木々の合問のあちこちに陶芸品,木製品,藍染め,革製品、アクセサリー、ガラスエ芸など約百十軒の小さなお店が軒を並べた。

 普段ひっそりした静かな村に一万人が訪れ、雨上がりの新緑を楽しむ中で、工芸作品を身近に感じながら、のんびりと自分自分が気に入った品を探していた。ヘムスロイドは、スウェーデン語で「手工芸」の意味。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


政所小児童が茶摘み体験

=「新茶を飲むのが楽しみ」=


▲茶葉を丁寧に摘み取る児童
◆東近江・東近江市◆

 東近江市立政所小学校の児童十二人が二十六日、保護者・地域住民とともに学校茶園で毎年恒例の茶摘み体験を楽しんだ。

 永源寺地区東部は、高級茶の産地として知られ、各家庭でも自前で栽培するほど製茶の盛んな地域。同校でも、児童に地域の文化、歴史に理解を深めてもらおうと、茶の栽培を教育に取り入れている。

 二百平方メートルの学校茶園では、児童を含めた約四十人が朝から茶摘みを始めた。手慣れた上級生が下級生に摘み方や新しい葉の見分け方を教えながら、今春生えたばかりの茶葉を丁寧に摘み取り、各自のカゴに入れていた。作業は昼前まで続けられ、柔らかくしてみずみずしい若葉約六十キロがとれた。

 茶葉は近くの工場ですぐに製茶され、地域住民と保護者への感謝の気持ちを込めて、七月三日のパーティーで振る舞う。

 参加した二年生の女児は「自分で育てて摘み取ったお茶を飲むのが楽しみ」と声を弾ませ、地域住民は「食が問題になっているので、こういう伝統は大切にしたいです」と話していた。 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ボランティアグループがデザイン

心なごむ「みどりの病院」に

=31日まで 近江八幡市立総合医療センター=


▲展示されているグループ作品
◆東近江・近江八幡市◆

 近江八幡市立総合医療センターの玄関前のスペースが色とりどりの花で飾られ、来院者の心をなごませている。

 市民らで作る「みどりの病院ボランティアグループ」(小澤健二代表、メンバー十六人)が、殺風景な玄関先を明るくしようと、また、グループの日頃の活動の成果を発表するイベントとしてやってみようと、グループ展にはじめて取り組んだ。会期は、三十一日まで。

 グループは一昨年十月のセンター開院当初から、都市再生緑化や屋上庭園など総合立体緑化の環境デザイン家として国内外で活躍している二見恵美子さんの指導を受けながら、同センター三階にある庭園の世話を毎月一回続けている。

▲作品づくりに取り組むメンバー
 プランター代わりの青竹は、小澤代表も参加するおやじ連の「八幡山の景観を良くする会」の協力で、八幡山から切り出されたもの。花の苗は、同センターが用意した。

 男性メンバーが竹を切り、組み合わせ、女性メンバーがパンジー、バーベナ、ペチュニアなど色とりどりの花が楽しめるものや、黒リュウやミントなど華やかさを引き立てる草花の苗を、竹のプランターに植え込んだ。

 石とガラスでデザインされた無機質な前庭が、グループ展のおかげで、初夏の日差しを浴び、心あたたまる空間に生まれ変わっている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ