平成20年5月31日(土)第15047号

◆全県◆
高谷清氏著
『こどもの心・ おとなの眼』
=かもがわ出版から発売=

◆湖南・草津市◆
日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」展
フロアートーク開催中
=琵琶湖博物館=


◆東近江・東近江市◆
利用広がる
東近江市の子育て支援制度
ファミリーサポート
=会員数100人超える=


◆東近江・東近江市◆
魚の産卵場復活へ
ニゴロブナ放流
=市子沖町の水田で=


◆東近江・東近江市◆
東近江署管内外国人地域連協
7月のG8洞爺湖サミット念頭に
=不法滞在・就労の防止に重点=


◆東近江・東近江市◆
新設小学校の名称募集
平成22年4月小脇町に開校
=八日市南小の分離校=


◆東近江・竜王町◆
全長75メートル
空に浮かぶ船
=竜王で待機中=


◆東近江・近江八幡市◆
女性防火クラブリーダー
火事・災害の被害軽減へ
=近江八幡消防署で研修会=


高谷清氏著

『こどもの心・ おとなの眼』

=かもがわ出版から発売=

◆全県◆

 障害のある子の診察を続ける小児科医師である高谷清氏著『こどもの心・おとなの眼(人間・障害・思想)』(写真)がこのほど、かもがわ出版から発売された。高谷氏は平成十七年に力作「異質の光 糸賀一雄の魂と思想」(大月書店)を書き上げたが、福祉の父と呼ばれる糸賀一雄に迫る中で、その背景にある哲学、宗教学にも目を向けたのが、今回の『こどもの心・おとなの眼』で結実している。

 人の気持ちや心をどうとらえるのか、最近の風潮の「自己実現」にも考察を深めて、「自己実現」は「他者実現」でなければならないという思想にまでたどり着く。とくにマルクスの「経済学・哲学草稿」の疎外論から、「自己実現」を展開する様は、圧巻である。定価は、消費税別で千七百円。最寄りの書店で発売中。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」展

フロアートーク開催中

=琵琶湖博物館=


◆湖南・草津市◆
▲企画展示室内でのフロアートークの様子(10日)

 県立琵琶湖博物館では、日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」展のフロアートークを開催している。

 これは、川那部浩哉・琵琶湖博物館長をはじめ、学芸員や県内で活動している昆虫団体が、展示室内で展示の解説や来館者との交流を行うもの。

 川那部館長は「日本のファーブルさんたちの思い出」と題して、日本のファーブルさんたち(岩田久二雄氏、常木勝次氏、坂上昭一氏)の研究を紹介しながらよもやま話をする。
 
また、学芸員は展示のみどころを紹介し、県内で活動している昆虫団体は活動を紹介するとともに、来館者と交流する。ただし企画展示室で実施されるフロアートークには企画展示の観覧料金が必要。なお、
フロアートークの日程は、次の通り。

 ▽六月一日=桝永一宏氏(琵琶湖博物館主任学芸員)、「ファーブルにまなぶ展のみどころ紹介」▽四日=同氏、同▽六日=老文子氏(琵琶湖博物館学芸員)、「虫愛づる国・日本」▽七日=琵琶湖博物館フィールドレポーター、「ヤママユウオッチングとフィールドレポーターの活動」▽十一日=中藤容子氏(琵琶湖博物館主任学芸員)、「カイコをめぐるくらしと展示を支える人々」▽十三日=布谷知夫氏(琵琶湖博物館上席総括学芸員)、「ファーブルと自然観察」▽十七日=川那部浩哉氏、「日本のファーブルさんたちの思い出」▽二十一日=八尋克郎氏(琵琶湖博物館専門学芸員)、「ファーブルが観察した昆虫たち」▽二十七日=川那部浩哉氏、「日本のファーブルさんたちの思い出」▽七月五日=同氏、同▽同日=琵琶湖博物館フィールドレポーター、「ヤママユウオッチングとフィールドレポーターの活動」▽十二日=川那部浩哉氏、「日本のファーブルさんたちの思い出」▽十九日=琵琶湖博物館フィールドレポーター、「ヤママユウオッチングとフールドレポーターの活動」


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


利用広がる

東近江市の子育て支援制度

ファミリーサポート
=会員数100人超える=


▲ファミリーサポート利用会員数(3月31日現在)
◆東近江・東近江市◆

 乳児から小学六年生までの子どもを預けたり、預かったりする東近江市の「ファミリーサポート」制度がスタートして一年が経過、会員数が百人を超えた。

 子育てを手伝ってほしい依頼者と手伝いが出来る協力者が市のファミリーサポートセンターに会員登録し、同センターの仲介で双方を紹介し、お互い了解を得た上で子どもを預けたり、預かったりする制度で、依頼者から一時間に付き七百円から九百円までの報酬が支払われる。

 子どもを地域で安心して預けられる民間主導の子育てサービス事業で、会員になるには同センターが実施する会員養成講座の受講が義務づけられている。

 五月二十三日現在の依頼会員は五十二人、協力会員は四十一人になっており、預かったり、預けたりどちらも利用するという会員も八人いる。

 依頼会員は、二十歳から三十歳代が中心で、お出かけ、通院、残業の時などに利用する母親が中心。一方、協力者は子育ての経験のある三十歳代から六十歳前後と幅広く、中には熱心な男性もいる。

 子どもの託児制度には、集団もあるが、ファミリーサポートでは、個人対個人の関わりが強く、回重ねるうちに気心が分かり合えて親しくなり、家で子どもを預かるようになって家族が早く帰って来て、一緒に遊ぶことを楽しみにするようになった、という報告も届いている。

 制度をスタートした担当課では、▽個人対個人の対応なので預ける時間の延長なども電話連絡で済む▽同じ会員同士だと子どもがなついて安心▽制度のルールをしっかり理解してもらった人だけを会員登録している▽預ける理由は問わない▽協力者が自己流の対応をしないなど、詳細なルールが守られていることで制度への信頼度が深まって来ており、口コミで会員数が徐々に増えているのでは、と話している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


魚の産卵場復活へ

ニゴロブナ放流

=市子沖町の水田で=


▲ニゴロブナの親魚を放流する子どもたち(東近江市市子沖町の水田で)
◆東近江・東近江市◆

 世代をつなぐ農村まるごと保全向上対策の一環として、東近江市市子沖町の市子沖環境保全向上協議会(福永政喜会長)が二十五日、「魚のゆりかご水田学習会」を催し、同町内の子どもたち九人が水田にニゴロブナの親魚十匹を放流した。

 昔、田植え後の水田は、豊富なプランクトン目当てに琵琶湖から遡上(そじょう)するフナやコイの産卵場所だった。しかし、ほ場整備や河川改修が進むにつれて遡上経路が分断され、産卵場としての機能も低下していった。農地への魚の循環を復活させ、水田の持つ多面的機能を知ってもらおうと、現在、各地区でニゴロブナの放流が行われている。

 市子沖環境保全向上協議会では、放流したニゴロブナが安心して産卵できるよう、野鳥などの外敵から守るため囲いを設置。七月上旬には、成長した稚魚を捕まえて、日野川へと続く水田近くの一級河川“古川(ふるこ)”に返す予定。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江署管内外国人地域連協

7月のG8洞爺湖サミット念頭に

=不法滞在・就労の防止に重点=


▲市役所別館で開かれた通常総会
◆東近江・東近江市◆

 東近江警察署管内外国人地域連絡協議会(望月常司会長)の通常総会が二十九日、東近江市役所別館で開かれた。近畿地方でも関連会議のあるG8洞爺湖サミット(七月七日―九日)を念頭におき、外国人の不法滞在・不法就労防止の啓発強化を確認した。

 同協議会は、外国人の不法就労・不法滞在の防止や、正規に在留する在日外国人と地域住民の共生促進を目的に、同署管内の二十八団体(二十四事業所、一団体、三自治体)で構成されている。

 総会では、今年度の予算案(四十五万円の収入・支出)、事業計画案、会長に望月常司氏(日本電産)、副に小梶猛氏(東近江国際交流協会)を選出する役員人事案がそれぞれ原案通り承認された。

 なお、今年度の事業計画は次の通り。

 ▽「不法滞在・不法就労防止に向けた啓発活動」(年度中二回)=外国人雇用企業に対する協力と呼び掛けをはじめ、来日外国人の参加も得た一斉街頭啓発活動を行い、来日外国人の不法滞在・不法就労の防止を図る。

 ▽「視察研修(秋頃)」=協議会運営で参考となる入管や税関などで視察研修を実施する。
  【その他】

 ▽「交流活動(適時)」=会員企業で働く来日外国人従業員と地域住民が交流を深めるため、地域社会とふれあう行事に参加する。

 ▽「指導援助活動」=署内の来日外国人対策支援チームと協力しながら、「非行防止教室」「犯罪(被害)防止教室」「交通安全教室」「雇用関係事犯防止講習会」を案施する。

 ▽「情報の発信」=来日外国人犯罪の傾向、検挙事例から見た参考情報、その他協議会の活動状況などを「協議会だより」で情報発信する。

 ▽「県協議会活動への参画」=滋賀県来日外国人問題対棄連絡協議会活動に参画する。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


新設小学校の名称募集

平成22年4月小脇町に開校

=八日市南小の分離校=


▲校名を公募する新設校の完成予想図
◆東近江・東近江市◆

 東近江市教委は、計画を進めている八日市南小学校を二つに分離する新学校のうち、平成二十二年四月、小脇町に開校する新設校の校名を募集する。

 現在の南小は、児童数千人(五月一日現在)と多く、校舎の狭あい化が目立っているうえ、未耐震構造で築後四十年余り経過して傷みも進み、今後も児童数の増加が予想されることから、小脇町と沖野地区に用地を求め、二つの新校舎を建設する計画を進めている。先に小脇町の校舎建設を進め、七月には着工式を行う予定。

 募集する校名は、新設校にふさわしいもので、学校という公共性の高い施設であることから長く市民に親しまれるものが望まれる。応募はだれでもよい。

 応募方法は、校名を漢字、ひらがな、カタカナのいずれかで表記したもので、漢字にはふりがなを振り、校名の理由、応募者の住所、氏名、連絡先を明記して官製ハガキ、eメール、ファックスで市教委学校建設準備室に送る。募集期間は、六月一日〜三十日(必着)まで。

 応募作品は、七月中に開く校名等選定委員会で決定し、ホームページと市広報誌で発表する。採用された作品の応募者には記念品を贈る。同名の応募者が多数の場合は抽選とする。

 校名の応募先は、官製ハガキ・〒527―8527 東近江市八日市緑町10―5 市教委学校建設準備室、ファックス・0748―24―5694、eメール・kyoiku@city.higashiomi.shiga.jp

 市教委では、校名を決定した後、続いて校章のデザイン、校歌(作詞・作曲)の公募も行うことにしている。問い合わせは、市教委学校建設準備室(0748―24―5670)へ。 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


全長75メートル

空に浮かぶ船

=竜王で待機中=


▲「大きいもんやなあ」と子どもも大人も釘付けになった飛行船
◆東近江・竜王町◆

 竜王町山面地先に二十九日、株式会社日本飛行船の準硬式飛行船「ツェッペリンNT(ニューテクノロジー)」が舞い降り、その美しい様子に大勢の地元住民が釘付けとなった。

 世界に三隻しかない飛行船(全長約七十五メートル)は、六月七、八日放送のNHK環境特別番組「SAVE THE FUTURE」の飛行船中継で、京都議定書が採択された京都から琵琶湖、愛知、静岡を経て、ゴールの東京を目指して日本上空を旅する。

 本番まで何度かテスト飛行を繰り返し、地上での点検・待機日(六月二〜六日)には、竜王西小学校一〜六年生と竜王小学校一年生が見学する予定。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


女性防火クラブリーダー

火事・災害の被害軽減へ

=近江八幡消防署で研修会=


▲心肺蘇生法の講習を受ける参加者
◆東近江・近江八幡市◆

 近江八幡消防署は、管内女性防火クラブの今年度代表者を集めて、リーダー研修会をこのほど近江八幡市防災センター会議室で開いた。

 女性防火クラブは、地域や家庭での防火推進を目的に、各自治会などを単位に組織されており、東近江行政組合消防本部で三百四十六クラブを統括、近江八幡、八日市、日野、能登川の各消防署ごとに事務局が、また、各市町ごとに支部が置かれ、活動を行っている。

 近江八幡消防署管内では、近江八幡市四十九、安土町二十八、竜王町二十の計九十七のクラブがあり、各クラブでは毎年代表が交代している。

 野田久三郎署長は「地域から一件でも火を出さない。災害被害の軽減化に努めるように」などとあいさつし、「研修の成果をリーダーとして地域にもって帰って下さい」と激励した。

 女性防火クラブの活動内容や今年度の事業内容、平成二十三年五月末までに各家庭で設置しなければならない住宅用火災報知器についての説明、胸骨圧迫(心臓マッサージ)や自動体外式除細動器(AED)による心肺蘇生法の講習が行われた。

 最後に駐車場で、建物に煙が充満した場合を模擬体験できるもくもくハウスでの避難体験や、消防・救急車両の見学などで、消防、救急、防災への意識を高めた。

 また、支部役員の改選も行われた。新役員は次のみなさん。敬称略。

 【近江八幡市】支部長 神田妙子(日吉野町)▽副支部長 中村邦子(十区)・中村節子(長光寺町)

 【安土町】支部長 井上八寿子(加賀)▽副支部長 木村順子(常楽寺橋本町)

 【竜王町】支部長 出原喜代子(松陽台)▽副支部長 近藤博美(川守)


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ