平成20年6月11日(水)第15056号

◆大津・大津市◆
京阪電車マナーポスター
利用者の「心の声」紹介
=来年2月まで6枚のシリーズ=

◆湖東・愛荘町◆
平成の名水百選に認定される
愛荘町の「山比古湧水」
=宇曽川ダム上流の景勝地に語り継がれる=


◆東近江・東近江市◆
留学経験生かして看護師に
北ミシガン大学留学の小嶋さん
=中村市長に帰国報告=


◆東近江・東近江市◆
外国人との共生
不法就労防止
=スーパー店頭で啓発=


◆東近江・東近江市◆
特養ホームも取り込み
要援護者に配慮した防災
=五個荘川並町自治会=


◆東近江・近江八幡市◆
武村正義氏迎え最後の研究会
=政策フォーラム滋賀が15日に=


京阪電車マナーポスター

利用者の「心の声」紹介

=来年2月まで6枚のシリーズ=


▲ポスターイメージ
◆大津・大津市◆

 京阪電気鉄道株式会社(本社・大阪市中央区、社長・上田成之助)は五月下旬から、マナーポスターの新シリーズ「心の声、きいてみませんか 〜お客さまの声より〜」を車両内で掲出している。来年二月まで計六枚のシリーズが続く。

 同社は昨年十一月に「京阪電車お客さまセンター」を開設し、そこに寄せられた意見・要望を一元的に集計・分析し、経営資源として活用することで、さらなるサービス向上につなげる取り組みを行っている。

 今回のポスターは、実際に同社に寄せられた車内と駅構内でのマナーに関する利用者の声を紹介している。誰もが心に抱く「心の声」として表現することで、マナーテーマヘの共感、訴求力を高めている。

 六月に掲出するマナーテーマは「電車内で騒ぐ」で、以降、「座席の座り方」(八月)、「荷物の持ち方・置き方」(十月)、「乗降時のマナー」(十二月)、「携帯電話の使用」(十二月)となっている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


平成の名水百選に認定される

愛荘町の「山比古湧水」

=宇曽川ダム上流の景勝地に語り継がれる=


▲平成の名水百選「山比古湧水」
◆湖東・愛荘町◆

 環境省の「平成の名水百選」に、愛荘町松尾寺(宇曽川ダム上流)にある「山比古湧水(やまびこゆうすい)」が選ばれ、二十五日に清澄庭園「大正記念館」(東京都江東区)で認定書交付式が行われる。

 環境省は、環境問題を主要議題の一つとして、七月に開催される北海道洞爺湖サミットに向け、水環境保全の一層の推進を図ることを目的に、昭和六十年に選定した「名水百選」に加え、新たな名水「平成の名水百選」を選定することにした。

 鈴鹿山系の山すそを通過する宇曽川の源流に程近く、湖東流紋岩帯(秦荘石英斑岩)を通って出てくる山比古湧水は、少し登った小さなお堂に鎮座する山比古地蔵尊にあやかって名付けられ、お伊勢参りの旅人や山仕事に携わる地元の人々によって、ひっそりと護られながら、今に語り継がれてきた親しみ深い名水として知られる。

 この一帯は、宇曽川渓谷として整備され、砂防堰堤(えんてい)や散策路などがあり、また一キロ上流は「観世音菩薩の滝」と呼ばれる景勝地で、地域の環境活動の一環として催されるウォークラリー会場ともなる。

 このほか、山比古地蔵と山姥(ばば)などの昔話も伝えられ、鈴鹿山系の恵みを受ける名水とともに、四季折々の渓谷美が存分に満喫できることから、地域住民が大切に守り、環境保全活動に力を入れている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


留学経験生かして看護師に

北ミシガン大学留学の小嶋さん

=中村市長に帰国報告=


▲中村市長に留学の思い出を語る小嶋さん
◆東近江・東近江市◆

 東近江市の姉妹都市、アメリカ・ミシガン州マーケット市の北ミシガン大学の奨学生として留学していた小嶋理佳さん(滋賀県立大人間看護部四年・札の辻二丁目)が九日、市役所を訪れ、中村功一市長に帰国報告を行った。

 北ミシガン大学では、旧八日市市と姉妹都市提携を結んだ後、毎年一人の奨学生を受け入れており、小嶋さんで二十八人目。

 小嶋さんは昨年、市の留学試験にパス。県立大を休学して同年八月から今年五月まで北ミシガン大で勉学に励んでいた。

 中村市長から「留学は、どうでしたか」と尋ねられた小嶋さんは「北ミシガン大学は、私が目指している看護教育が大変進んでいて勉強になりました。将来は、アメリカの看護師免許を取得して、外国で働きたいと思っています」と答えると中村市長は「夢があっていいですね、是非、頑張ってください」と激励した。
 また、小嶋さんは「まだ、英語が充分でないのでさらに勉強したいと思います。滞在中は、(姉妹提携に大きな役割を果たし、奨学生受け入れの制度
を創設した)元北ミシガン大学教授のデュアフェルト氏にも何回も会って、話する機会がありました。また、ポーレットさん(東近江市になっても友好関係に発展に尽力している女性)には、私の卒業式に出席していただき、うれしかったです。また、姉妹都市のことをみんなに紹介してもらっうなど、大事にしていただきました。街で知らない人に出会ってもニコニコしてくれ楽しかった」と思い出を語った。

 中村市長からは「食べ物はどうでしたか」と尋ねられると「味付けの濃いものが多かったので、塩粥を作って食べたのが一番おいしかったと思います」と笑いを誘った。

 市長への報告の後「渡米する前は、少し引っ込み思案なところがありましたが、人目を気にせず自由に活動できたことで、人と積極的に話せるようになりました。また、よく笑うようにもなりました。何よりも日本のことを見直すいい機会になりました。周りの景色が前よりも美しく感じられるようになったし、本当に日本はいいなぁーて思います」と話した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


外国人との共生

不法就労防止

=スーパー店頭で啓発=


▲スーパー店頭で啓発活動する来日外国人従業員
◆東近江・東近江市◆

 東近江警察署管内外国人連絡協議会は七日、外国人犯罪の温床となっている不法滞在や不法就労の防止を図るとともに、正規滞在する来日外国人との共生に向けて、市民に協力と理解を得るため、今崎町のスーパー店頭で啓発活動を行った。

 啓発では、協議会加盟企業の関係者や外国人従業員、署員ら十一人が、「住みよい町づくり進めるため、来日外国人との共生促進の啓発を行っています」と声をかけながら、啓発ビラを配った。

 ビラを受け取った買い物客は「東近江市はとくに来日外国人の方が多いので、共生は必要だと思います」と話していた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


特養ホームも取り込み

要援護者に配慮した防災

=五個荘川並町自治会=


◆東近江・東近江市◆

 大災害が発生した場合、援助から取り残されがちなのがお年寄りら要援護者。このため五個荘川並町自治会(約二百戸)は、町内の特別養護老人ホームも取り込んだ防災を進めている。

 取り組みをスタートさせた昨年五月当初は、防災マップや非常袋、防災頭巾などを配布し、住民に災害への備えを呼び掛けた。

 「川並は繖山(きぬがさやま)からの土砂崩れが何度かあったので、防災の取り組みは真剣」と元役員。このため反響は予想以上によく、早速、要援護者の情報把握にも取りかかることにした。

 災害時は、発生直後の三時間が生死を左右するといわれ、阪神淡路大震災では救出者の七割以上が隣近所の人に助けられた。しかし、迅速な安否確認で必要な住民情報の把握は、個人情報保護法の壁で全国的に進んでいないのが現状だ。

 同自治会では民生委員が中心になって、町内に住む独居老人をはじめ、寝たきりの人、高齢者世帯、介助のいる人、ペースメーカーで生活している人、乳幼児らを全てリストアップし、厳重に保管している。

 調査した民生委員は「素早く助け出すため、主な居住スペースまで分かれば、より効果的な救助ができるが、それは今後の課題」と話す。 

 また、同自治会は今年二月、町内の特別養護老人ホーム「清水苑」と災害時の相互協力協定を結んだ。不自由な避難所生活で体調を崩しがちなお年寄りに配慮し、地震など災害が発生した場合、医療設備のある同施設で地元のお年寄りを収容する。

 同協定は、昨年七月、不自由な避難所生活を強いられたお年寄りの中でエコノミークラス症候群が相次いだ、新潟県中越沖地震を教訓にしたもの。

 この症状は、長時間同じ姿勢で狭い場所にいることで足の静脈に血栓ができ、ついには肺の血管に詰まって呼吸困難やショック状態を引き起こす。

〈高山周治〉


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


武村正義氏迎え最後の研究会

=政策フォーラム滋賀が15日に=


◆東近江・近江八幡市◆

 市民団体の「政策フォーラム滋賀」(代表=阿部圭宏氏)は十五日午後二時から四時まで、武村正義元大蔵大臣を講師に迎え、「再始動・地方主権」をテーマに近江八幡市の県男女共同参画センター視聴覚室で最終定例研究会を開催する。

 講師の武村正義氏は、八日市市長時代に「自転車都市宣言」「屋根と緑と水のある街」を提唱。滋賀県知事時代には「琵琶湖富栄養化防止条例」「風景条例」制定、「世界湖沼環境会議」開催など環境政策で大きな実績を残す。

 衆議院時代には、自民党で「ユートピア政治研究会」を結成し政治改革を提唱、「新党さきがけ」結成で代表就任、細川非自民内閣で官房長官、村山自社さ内閣で大蔵大臣を歴任。参加費は、千円。先着順百人。

 なお政策フォーラム滋賀では、今回の定例研究会をもって活動を休止する。問い合わせは、政策フォーラム滋賀事務局の西沢久夫氏(FAX0748―23―8616、携帯電話090―9618―5548、Eメールhisao-nn@mx.biwa.ne.jp)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ