平成20年6月18日(水)第15062号

◆全県◆
「びわ湖検定」虎の巻!!
“公式問題解説集”発売中

◆湖西・高島市◆
劇団うりんこの
“バイバイわたしのおうち”
=7月12日、高島市=


◆東近江・東近江市◆
東近江市の組織防災
様々な立場から意見
=嘉田知事と担い手が直接対話=


◆東近江・東近江市◆
子供の安全、関係課が連携
市と市教委の5課
=万一の時に素早い対応=


◆東近江・東近江市◆
地域展開に向け
回想法マニュアル作成
準備から当日運営までの流れ紹介
=「認知症予防」レクリエーション感覚で=


◆東近江・東近江市◆
幼児から大人まで
のべ140人がダンス
=Dan's Studio Ban 第14回発表会=


◆東近江・東近江市◆
来年の市長選
去就の明言避ける
=中村市長=


「びわ湖検定」虎の巻!!

“公式問題解説集”発売中


◆全県◆

 滋賀の豊かな自然や歴史、文化や産業、暮らしの魅力を再発見してもらい、多くの人に滋賀の地を訪れてもらおうと十一月三十日に環境と観光を重視した「ぴわ湖検定」試験が実施されるため、びわ湖検定実行委員会(注参照)編集による公式問題解説集がこのほど、サンライズ出版から発売された。

 「びわ湖検定」で出題が予想される、滋賀の自然や環境、歴史や文化、観光と物産、人々の暮らしの各分野について、豊富な写真とわかりやすい解説をつけて、受検問題の実践感覚が養える参考問題形式の百問が収録されている。定価は千二百六十円(税込み)、サイズはA5版で百二十頁で、県内の主要な書店、県外大手書店で販売中。

 「びわ湖検定」は、日本最大の「びわ湖」をキーワードとした環境と観光を重視した検定。この検定を通じて、滋賀ならではの地域資源の再発見、滋賀県の魅力の再確認、県内外への情報発信、地域で活躍する人材育成を目的とするもの。

 検定試験は十一月三十日、草津市の立命館大学びわこ・草津キャンパスで実施される。受験資格は、だれでも可。今年度は三級、二級のみ実施する(一級受験は二級合格者に限る)。合格基準は、三級初級(基礎レベル)=七〇%正解で合格(受験料二千円)▽二級中級(やや高度なレベル)=八〇%正解で合格(三千五百円)▽一級上級(高度なレベル)=九〇%正解で合格(五千円)。受検募集要領配布は七月下旬〜十月中旬、申し込み期間は九〜十月中旬、合格発表は来年一月中旬。

 〈注〉びわ湖検定実行委員会=大津商工会議所、県商工会議所連合会、県商工会連合会、県商業観光振興課、県環境政策課、県立大学地域貢献研究推進グループ、(社)びわこピジターズピューロー、琵琶湖流域ネツトワーク委員会、立命館大学環境サークルReco.lab、(財)淡海環境保全財団などで構成。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


劇団うりんこの

“バイバイわたしのおうち”

=7月12日、高島市=

◆湖西・高島市◆

 高島市教育委員会の主催で劇団「うりんこ」による小学生向け演劇「バイバイわたしのおうち」が七月十二日、高島市の藤樹の里文化芸術会館で公演される。

 今回の上演作品は、両親の離婚に心揺れる少女が主人公の舞台。原作はイギリスで圧倒的人気を誇る児童文学作品だが、日本においても離婚は増加傾向にある。離婚という子どもにとって哀しい現実を、あたたかくユーモラスに、そして観た後前向きになれるよう描いた作品。

 前売り一般千円、高校生以下五百円、当日は各二百円増。チケット前売り所は、藤樹の里文化文芸会館、ガリバーホールやまびこ館、マキノ土に学ぶ里研修センター、今津東コミュニティセンター、新旭公民館、安曇川公民館。

 問い合わせは、藤樹の里文化芸術会館(0740―32―2461)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江市の組織防災

様々な立場から意見

=嘉田知事と担い手が直接対話=



▲意見交換する知事(中央)と参加者(市社協能登川支所)
◆東近江・東近江市◆

 嘉田由紀子知事がこのほど、東近江市内で災害時要援護者に配慮した組織防災に取り組む自治会役員、市社会福祉協議会、同市の職員らと「地域の助け合い、支え合い(共助)」に向けた取り組みについて意見交換した。防災の取り組みを積極的に進める地域住民との対話事業の一環で、今回で二回目。

 阪神淡路大震災で救出者の七割以上が、被災直後三時間以内に近所の人に助け出されたことから、自治会などによる「共助」が重視されている。これには安否を確認する個人情報の把握が不可欠だが、個人情報保護法の壁があって全国的になかなか進んでいない。

 調査するには、戸別訪問して本人の同意をもらう「同意方式」、啓発して希望者を募る「手挙げ方式」が多くとられるが、住民からは「プライバシーなので知られたくない」「他人に迷惑をかけたくない」など協力を得るのは容易でない

 こうした現状のなかで堀信立氏(市社協五個荘支所)は、地元自治会へアドバイスしている立場から「一方的に“高齢者=要援護者”と決めつけると、そうでないと思っている人から反発を受けて、取り組みがだめになることもあるので、まず理解してもらい、同意を得るところから始めるしかない」と述べた。

 五個荘地区の自治会役員は「私の地元では民生委員の協力を得て、本人同意のもと、要援護者(高齢者、障害者)マップを作成し、通常は非公開だが、いざという時になれば分かるようにしている」と紹介した。

 能登川心身障害児者親の会の会員は「障害をもつ児童の家庭では、どのような支援が必要か知ってほしい親と、そうでない親がいる。丁寧に聞き取りをしないと心を開いてもらえない」と現状を訴えた。

 今後の官民連携に関して真弓洋一氏(市社協能登川支所)は「市社協と市は、要援護者の把握について検討している。全世帯に向けてメッセージを発信し、要援護の希望者に手を挙げてもらい(手挙げ方式)、それを自治会と民生委員が把握する二段構えだ。今年度中にアクションを起こしたい」と抱負を語った。

 また、地震に目を向けられがちな中、嘉田知事は水害に対しても「地震と水害では対応が変わる。住民はハザードマップで危険地域を把握し、備えてほしい」と注意を呼び掛けた


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


子供の安全、関係課が連携

市と市教委の5課

=万一の時に素早い対応=


▲関係5課長が集まって開いた凶悪事件発生対策会議
◆東近江・東近江市◆

 東近江市と市教委は、三月末から四月末にかけて市内でひったくり事件が多発したことを受けて、市内で凶悪事件が発生した場合、児童・生徒を安全に下校さす連絡態勢について検討。万一、そうした事犯が発生した場合、学校教育課、青少年課、幼児課、こども家庭課、生活安全課の計五課が、即時に対策会議を開いて迅速な対応をとることを決めた。

 大阪の池田小学校で児童が刺殺される事件を教訓に学校敷地内に不審者が入ってきた場合の対応マニュアルはあるが、学校区で事件が起きた場合に関係課の連携態勢を整えたのは初めて。

 市では、児童・生徒を狙った不審者や変質者が出現し、言葉だけでなく身体にふれる事犯まで起きていることから市教委を通して各学校に警戒を呼びかけているが、万一、事犯が発生した場合の関係課の対応はこれまでバラバラで、情報把握の一元化と共同で素早く保育、幼稚園、学童保育所、学校などに対応を指示する連携が求められていた。

 警察などから事件発生の情報提供があった場合、関係五課を召集して情報を共有化し、内容によっては児童・生徒をどのように安全に帰宅させるか検討し、学校等に通知することにした。

 最近になって、市内で児童が連れ去られそうになった事犯も発生していることから、学校等に対して児童が携帯している防犯ブザーがすぐに使える状態になっているかの点検や低学年を中心とした防犯教室の開催を呼びかけていくことにしている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


地域展開に向け

回想法マニュアル作成

準備から当日運営までの流れ紹介
=「認知症予防」レクリエーション感覚で=


▲東近江市回想法プロジェクトチームが作成したマニュアル
◆東近江・東近江市◆

 東近江市は、介護予防(認知症予防)に効果があるとされる回想法を地域サロンなどで展開してもらおうと、「地域回想法マニュアル」を作成した。

 一千部発行し、同市回想法サポーター養成講座の受講者に配布するほか、関心のある人にも市いきいき支援課または能登川博物館で無料で配っている。

 回想法とは、一九六〇年代にアメリカの精神科医が提唱した心理療法で、懐かしい民具や写真を見たり、触ったりすることで、遠い記憶を呼び起こし、当時の思い出話をしたり、民具を動かすなどして、脳の働きを活発にする。このため、認知症予防に効果があるとされ、欧米ではすでに広がっており、国内でも注目されている。

 マニュアルは、A4判、十四ページ。プロジェクトチーム(六人)の同市いきいき支援課、能登川博物館、市社会福祉協議会のメンバーが、回想法に詳しい梅本充子・名古屋女子大学専任講師、下山久之・名古屋文理大学短期大学部准教授からアドバイスを受け、作成した。

 内容は、▽回想法の紹介▽準備から運営までの大まかな流れ(民具の選び方、能登川博物館の民具の貸出方法、司会)▽能登川博物館で借りられる民具セットの一覧―となっている。

 メンバーの一人、能登川博物館の辻村朋子・学芸員は「身構えずに、レクリエーション的な感覚で回想法の運営に取り組んでほしい」とPRしている。

 なお、数多くの古民具を収蔵する同博物館は、旧能登川町時代から回想法に取り組み、今年度から回想法セットの貸し出しに応じている。サポーター養成講座も同館を拠点に開かれ、三十六人のボランティアが誕生している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


幼児から大人まで
のべ140人がダンス
=Dan's Studio Ban 第14回発表会=

◆東近江・東近江市◆

 自由なスタンスから楽しく始めるダンスを目指しているDan's Studio Ban(ダンズスタジオ・バン 伴綾子主宰)の第十四回発表会「ステージダンス」が十五日、八日市文化芸術会館大ホールで開かれ、同スタジオに通う教室生たちがステージいっぱいにパワフルなダンスを披露した。

 同スタジオは、幼児から大人まで幅広い年齢層に合ったクラスを開設し、ジャンルにこだわらないフリーダンスで感性を磨き、レベルアップを目指している。

 発表会は、一年間の練習の成果を披露するとともに、ダンスの楽しさを多くの人に知ってもらおうと開催、今年も大勢の人々が訪れた。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


来年の市長選

去就の明言避ける

=中村市長=


◆東近江・東近江市◆

 中村功一東近江市長は、十六日に再開された定例市議会で「与えられた任期まで市政に取り組みたい」と次期市長選に出馬するかどうか、明言を避けた。

 これは、東近江市民クラブの代表質問に立った畑博夫議員の「来年二月に任期満了を迎える市長選に引き続き市政を担っていかれるのか」の質問に答えたもので、中村市長は「市政の課題は、まだまだ山積している。今はただ、与えられた期間、一日一日気をゆるめることなく、全力で市政に取り組む覚悟である」と答弁した。

 次期市長選には、複数の立候補予定者の名前が挙がっており、中村市長自身からの去就発言が注目されている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ