平成20年6月27日(金)第15070号

◆湖南・草津市◆
絶滅危惧種“カゼ
トゲタナゴ稚魚”展
=琵琶湖博物館で開催中=

◆湖北・米原市◆
県立文産会館に
=「ウルトラマン」が来る=


◆東近江・東近江市◆
黒塗り公用車、競売します!
4千CCの市長車・議長車
環境問題で廃止
=東近江市=


◆東近江・東近江市◆
東近江の街道「御代参街道」
人々とのかかわり紹介
=29日まで、能登川博物館企画展=


◆東近江・東近江市◆
野々宮神社の正面参道に
「茅の輪」がお目見え
=8の字に3回くぐると暑さ知らず=


◆東近江・竜王町◆
山口町長の「お別れ会」
竹山新町長が初登庁
=山口町政から竹山町政へ=


絶滅危惧種“カゼ

トゲタナゴ稚魚”展

=琵琶湖博物館で開催中=


◆湖南・草津市◆

 県立琵琶湖博物館(草津市)では、水族トピック展示「カゼトゲタナゴの稚魚」を二十九日まで開催している。

 カゼトゲタナゴは九州北西部だけに分布するタナゴの仲間。全長五センチほどの小さな魚で、おもに平野部の小川や農業用水路々どで生息している。平成十九年に見直された環境省のレッドリストでは絶滅危倶IB類にランクされている。

 琵琶湖博物館では五年から同種の繁殖に取り組み、今年は約百尾を繁殖することに成功した。カゼトゲタナゴを繁殖している施設は日本国内では少ない。大人六百円、高・大学生四百円、小中学生二百五十円。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


県立文産会館に

=「ウルトラマン」が来る=

◆湖北・米原市◆

 県立文化産業交流会館(米原市)は八月二十四日、「ウルトラマン2008ファイティングステージinぶんさん」を開催する。ウルトラヒーローたちが会場に遊びにやってきて、親子三代で楽しめるウルトラマンの公演を行う。

 入場料は千五百円(全席指定、三歳以上有料)。発売日は六月二十八日午前十時から、県立文化産業交流会館、チケットぴあ、ローソンチケット、平和堂くらしのサービスセンターなどで発売する。問い合わせは、県立文化産業交流会館0749―52―5111まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


黒塗り公用車、競売します!

4千CCの市長車・議長車
環境問題で廃止
=東近江市=


▲70万円以上で売る元市長車
▲45万円以上で売る元議長車
◆東近江・東近江市◆

 東近江市は、市長車と議長車として使っていた黒塗りの公用車二台を一般競争入札にかけることにした。

 両車両は、いずれも排気量四千ccのクラウンマジェスタで、市役所あげて地球温暖化防止など環境問題に取り組んでいる中、走行時の環境負荷が大きいことや最近のガソリン価格の高騰を受けて廃車することにした。一日から市長・議長用の公用車は、職員用に使っていたハイブリッド車に切り替えた。

 競売される元市長車は、平成十一年十一月登録で車検は二十年十一月七日まで有効。走行距離は十万五、三○○キロ(六月十七日現在)、最低売却価格七十万円。

 また、元議長車は、平成十一年五月登録で車検は平成二十二年五月六日まで有効。走行は七万三、○七九キロで、元市長車の旧型。最低売却価格四十五万円。

 応札者は、市に住民基本台帳登録または外国人登録がある個人か、市内に事務所を有する法人に限られる。市税の滞納者、破産者で復権を得てない人、成年被後見人などは応札できない。

 入札は、七月十六日午後一時半から市役所別館で行う。出品車を見たい人のために七月十、十一日の二日間、能登川支所駐車場で公開展示するほか、一日から市のホームページに掲載する。

 応札には、事前の参加申し込みが必要で、一日から市役所総務部管財課で受け付ける。問い合わせも同課(24―5603)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江の街道「御代参街道」

人々とのかかわり紹介

=29日まで、能登川博物館企画展=



▲街道沿いの宿場町のにぎわいを伝える古地図
◆東近江・東近江市◆

 東近江市立能登川博物館の企画展「東近江の街道―御代参(ごだいさん)街道―」が、二十九日まで開催されている。

 同展は、門脇正人氏(愛荘町歴史文化博物館長)の研究成果を通して、街道と人々の様々なかかわりを紹介するもので、会場には、古地図や古文書、写真など約百点が展示されている。

 御代参街道は、東海道土山宿から日野、八日市を経て中山道愛知川宿を三十六キロで結ぶ近道=図参照=で、朝廷の名代が伊勢神宮参拝の帰路、多賀大社へ代参するため通ったことが、名称の由来となっている。

 江戸時代後期になると庶民の間で伊勢詣でが流行し、同街道は北陸方面から伊勢方面へ向かう旅人でにぎわい、街道沿いには旅人相手に宿泊や食事、土産を商う宿場町(小幡、八日市、石原、日野、鎌掛)が形成された。

 天保十三年(一八四二年)の小幡宿(五個荘地区)の古文書によると、村人が煮売り(食事、休憩)や土人形(小幡人形)、木綿、酒などを商っていたことが分かる。

 一方で宿場町は、街道の利益を享受するだけでなく、機能を維持する役割も担った。とくに公家・武士・僧侶らが公用で旅行する際
、隣りの宿場へ人と荷物を運ぶ継立(つぎたて)の負担が重かった。

 鎌掛宿(日野町)の場合、文政十二年(一八二九年)の記録では、人口千二百人に対して年間延べ四千百九十五人、馬七百十一頭も負担したと伝えている。

 また街道は、市場として栄えた八日市と近郷集落を結ぶ、「市道(いちみち)」と呼ばれる生活道でもあった。

 江戸時代後期の八日市を描いた「小屋略絵図」では、八日市村から浜野村までの街道沿いに雑品や農具、金物、乾魚を商う店舗がびっしり軒を並べ、市場として栄えたことがうかがえる。
 博物館副主幹の林純氏は「御代参街道は朝廷などの名代が代参のため通過した近道だけでなく、様々な役割を担った。展示を通して
、郷土を再発見するきっかけにしてほしい」と話している。

 入館無料。問い合わせは同博物館(0748―42―6761)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


野々宮神社の正面参道に

「茅の輪」がお目見え

=8の字に3回くぐると暑さ知らず=


▲茅の輪をくぐる家族連れ
◆東近江・東近江市◆

 東近江市立八日市図書館前の野々宮神社(中島伸男宮司)の正面参道に、氏子総代らが作った「茅の輪」(ちのわ)が完成し、参拝者らは夏の暑さを無事に乗り越えようと、茅の輪くぐりに訪れている。

 氏子総代らは、同市黄和田町の茅(カヤ)場で軽トラ二台分を刈り取った茅で、直径三メートルの茅の輪を見事に完成させた。アラビア数字の8の字に三回くぐってお祈りすると、暑い夏を病気、事故にも遭わず、無事に過ごせるという。

 この夏の無病息災を祈り二十九日に行われる「夏越大祓」(なごしのおおはらい)を済ませ、茅の輪は翌三十日に取り外される。中島宮司は「健康に夏を過ごしてもらおうと作りました。どうそ茅の輪をくぐってお参りして下さい」と呼び掛けている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


山口町長の「お別れ会」
竹山新町長が初登庁

=山口町政から竹山町政へ=


◆東近江・竜王町◆
▲職員に手を振りながら役場を後にする山口氏

まちづくりは人づくり
山口町長の「お別れ会」

 第七代竜王町長の山口喜代治氏(76)が二十三日、任期満了により退任のときを迎え、同町総合庁舎大会議室で「お別れ会」が開かれた。

 昭和五十八年に町議会議員に初当選してから五期二十年を務めた山口氏は、議員活動で培った知識と年齢を感じさせない行動力で職員からの人望も厚かった。

 午後四時からのお別れ会では、町長就任当初から四年間の歩みと思い出を広報紙でたどるスライド“山口町長 四年間の軌跡”が上映され、職員を代表して勝見久男副町長が「人を大切にする理念を実践し、みんなから慕われるすばらしい町長だった。若者定住・インター周辺整備・中心核づくりという三本柱を掲げて精力的に取り組み、将来のまちづくりにつながる礎を築いていただいた」と深い感謝と敬意を表した。

 職員約百人を前に、山口氏は「職員みなさんの力強い支えによって、四年間を大過なく送れたことに御礼申し上げる」と感謝し、「志半ばだが年齢も考慮し、後世によりよい竜王町を引き継いでほしいとの思いから退任を決意した。今日まで取り組んできた仕事を成功へと導くには、職員みなさんのお力添えなくして実現できない」と竹山町政への協力も呼び掛けた。

 受け取った花束片手に手を振りながら颯爽(さっそう)と役場を後にする山口氏を、正面玄関から両側に並んだ職員・町議らが見送った。

町政に民間経験加味

竹山新町長が初登庁


▲職員に出迎えられて初登庁する竹山新町長
 山口氏から舵取り役のバトンを受け取った竹山秀雄新町長(62)が二十四日、初登庁した。

午前八時半に役場玄関口で、町職員が歓迎の拍手で出迎える中、女性職員から花束を受け取った竹山町長は、晴れやかな表情で庁舎内へ。

大会議室に集まった職員に対して「山口町政の流れを引き継ぎ、私が培ってきた民間の経験・感覚・思い・考えを、その流れに加味させて充実させていきたい。竜王町をどこにもない、きらりと輝く存在にするためにみなさんと力を合わせて頑張っていく」と訓示、第八代町長として第一歩を踏み出した。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ