平成20年8月12日(火)第15109号

◆全県◆
びわこ銀行が被害補償拡大
不正な払戻やネット被害
=無過失の場合は全額補償=

◆大津・大津市◆
真夏の夜に 浄土の光明
“比叡山ライトアップ”
=11日から15日まで=


◆東近江・東近江市◆
身近な河川は健康かな?
新山路川で親子水質調査
=判定結果「やや汚れている」=


◆東近江・東近江市◆
29人目の奨学生
富永さん渡米
=北ミシガン大学留学=


◆東近江・東近江市◆
遺族会永源寺支部
市内の全忠霊塔巡拝
=遺族延べ198人参加=


◆東近江・日野町◆
ペットボトルロケット発射!
参加親子約70人 大空に夢描く
=東近江青年会議所が企画運営=


◆東近江・竜王町◆
竜王町商工会女性部
バザー収益金を寄付
=町社協へ=


びわこ銀行が被害補償拡大

不正な払戻やネット被害

=無過失の場合は全額補償=


◆全県◆

 びわこ銀行は、平成十七年八月から実施している通帳盗難やインターネットバンキング被害補償の範囲を拡大した。

 預金者が盗難通帳により不正に預金を払い戻される被害にあった場合は、預金者保護法の定められた偽造・盗難キャッシュカード被害補償内容に準じ、預金者が無過失の場合は全額、過失となりうる場合は被害額の四分の三を補償する。ただし、重大な過失がある場合は、対象外とする。

 被害の未然防止策として窓口での預金等の払い戻しの際に印鑑の照合と本人確認を請求者に求めることがあるとしている。

 インターネットバンキングにより不正に預金等を払い戻された場合については、盗難通帳と同じ補償内容とし、預金者に重大な過失、または過失がある場合は、事情を真しに聞き取り、個別に対応するとしている。

 補償が受けられない預金者の重大な過失となりうる場合の典型的な事例として、(1)預金者が他人に通帳等を渡した場合(2)預金者が他人に記入、押印済みのの払戻請求書、諸届を渡した場合(3)その他、預金者に著しい注意義務違反があると認められる場合を挙げている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


真夏の夜に 浄土の光明

“比叡山ライトアップ”

=11日から15日まで=


▲阿弥陀堂
◆大津・大津市◆

 第十二回比叡山ライトアップ「根本中堂2008」が十一日から十五日まで、比叡山延暦寺東塔一帯で開催されている。比叡山延暦寺と比叡山振興会議の主催。

 今年で第十二回を迎え、世界文化遺産・比叡山延暦寺が持つ本来の魅力である荘厳さや静寂を生かし、比叡山の大自然を体感できる空間を演出する。また、国宝の根本中堂内では天台声明や護摩供法要を五日間執り行う。

 スケジュールは五日間共通で、午後六時から根本中堂で法話、護摩法要、午後七時から点灯式が行われ、根本中堂と大講堂、阿弥陀堂、法華総持院東塔、戒壇院など十二カ所が二百基の照明で浮かび上がる。

 根本中堂では、献灯ローソク(五百円)、献灯提灯(二千円)も受け付けている。

 参拝料は大人五百五十円、中・高生三百五十円(通常料金)。

 開催当日は臨時バスが、JR京都駅、京阪電車三条駅、JR比叡山坂本駅、京阪電車坂本駅を発着する。また、坂本ケーブルと叡山ケーブル・ロープウェイの比叡山頂駅から臨時無料シャトルバスが運行される。

 問い合わせは、比叡山振興会議イベント分科会京阪電気鉄道株式会社事業統括室(06―6944―2500)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


身近な河川は健康かな?

新山路川で親子水質調査

=判定結果「やや汚れている」=


▲指導員の解説を聞き入る児童
◆東近江・東近江市◆

 能登川博物館近くを流れる新山路川でこのほど、生息する生物を目安にして水質を調べる催し「川の健康診断」が開かれ、東近江市内から親子十人が参加した。

 身近な川の水質がどのような状態かを、自ら調べて知るとともに、川に親しみ自然環境に興味をもってもらおうと、博物館主催で毎年実施されているもの。

 連日の猛暑が続く中、児童はサンダルをはいたまま、気持ちよさそうに山路川に入り、川底の泥から虫を探したり、石をひっくりかえしてトビゲラを捕まえたりした。

 採取の結果、きれいな川にいる虫はカワゲラ類のみで、その他は少し汚れている川にいるトビゲラ類、カゲロウ類などで、判定は昨年と同じく「やや汚れている」と出た。

 指導員は解説をしながら「多様な生き物がすみやすい川にするため、環境に配慮した生活に心掛けて下さい」と呼び掛けていた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


▲中村市長から激励を受ける富永さん
29人目の奨学生

富永さん渡米

=北ミシガン大学留学=




◆東近江・東近江市◆

 東近江市の姉妹都市、アメリカミシガン州マーケット市にある北ミシガン大学の奨学生に富永千尋さん(21歳・林田町)が選ばれ、きょう渡米する。

 同大学への奨学生は、毎年一人、同大学が授業料など二万ドルを負担して受け入れるもので、富永さんで二十九人目。富永さんは昨年十二月に行われた市の公募試験で選ばれた。期間は来年五月初旬までの約八ヶ月間。

 富永さんは出発に先立ち市役所を訪れ中村功一市長に留学を報告。中村市長から「二十九年にわたり好意的に受け入れていただいていることに感謝し、東近江市を代表して一生懸命に学んできてください」と激励を受けた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


▲東近江市の忠霊塔を参拝する参加者
遺族会永源寺支部

市内の全忠霊塔巡拝

=遺族延べ198人参加=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市遺族会永源寺支部(奥居清一郎支部長)の役員二十四人がこのほど、うだるような暑さの中、市内全ての忠霊塔二十五基を巡拝した。毎年恒例となっており、遺族も延べ百九十八人が参加した。

 参加者は、六十二回目の終戦記念日を前に「二度と不幸な歴史を繰り返してはならない」と強い願いを込めて、戦没者へ慰霊と追悼の思いを捧げた。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ペットボトルロケット発射!

参加親子約70人 大空に夢描く

=東近江青年会議所が企画運営=



▲噴射口から吹き出す水を浴びながら大空にロケットを打ち上げる親子ら(日野町の大谷運動公園で)
◆東近江・日野町◆

 社団法人東近江青年会議所主催の「第二回ペットボトルロケット大会」が十日、日野町の大谷運動公園で開かれ、参加親子約七十人はものづくりのおもしろさを味わいながら自作のロケットを大空に打ち上げた。

 午前九時半からの開会式で、東近江青年会議所の今泉典賢理事長は「今年は洞爺湖サミットが開かれ、環境問題がクローズアップされた。今大会で使用するペットボトルも普段はごみとして捨てる物と認識しているが、うまく再利用すると遊び道具や新たな商品に生まれ変わる。エコも考えながら楽しんでほしい」とあいさつし、同会議所ひとづくり委員会の大橋慶之委員長が大会説明を行った。

 夏休みの自由研究や思い出作りにと、参加した親子三十二組は日本ペットボトルクラフト協会大津支部の松下修治さん指導のもと、持参した炭酸飲料用のペットボトルと牛乳パックを切り貼りしながらロケットを製作。

▲ロケットにアンパンマンを描く子ども(大谷運動公園内体育館で)
 競技は二回打ち上げた飛距離の平均で争うが、グッドデザイン賞も設けられているため、大好きなアンパンマンや花の絵を描いたり、ヒモを付けるなど参加者の個性が光った。

 日野町から初めて参加した村嶋梨歩ちゃん(小学三年)は「ロケットを作るのが楽しかった。初めてだけど、遠くへ飛ばす自信はある」と語り、父・久男さんと完成させたロケットを持って発射台へ。

 ペットボトルロケットは、水(四百五十cc)を入れてから空気入れ(四十回押す)で空気を注入し、圧力(四気圧)を高くした状態のまま発射台に設置。栓を抜くとロケット内の空気が水を押し出し、その反動で噴射口から勢いよく水を吹き出しながら加速する。

 参加親子は力を合わせて空気を送り込み、「五、四、三、二、一」のカウントダウンに合わせてロケットを発射。大空に向かって美しい軌道線を描きながら百メートルを超える大飛行のほか、カーブして植木に突っ込むロケットもあり、二回目の飛距離計測には微修正を加えて挑んでいた。

 なお、大会結果は次の通り(敬称略)。

 《飛距離》一位=奥村拓人(一回目八十六メートル、二回目百二十四メートル=平均百五メートル)二位=西堀凪(一回目百七メートル、二回目九十六メートル=平均百一メートル)三位=田中弘志(一回目九十四メートル、二回目百七メートル=平均百メートル)

 《グッドデザイン賞》森野心翔美、安居望月、工藤征太郎

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


竜王町商工会女性部

バザー収益金を寄付

=町社協へ=


▲バザー収益金を山中会長に手渡す島林部長と西村ふさ子副部長、谷村峰子副部長
◆東近江・竜王町◆

 竜王町商工会女性部(島林恭子部長)は七日、ふるさと竜王夏まつりの「エコ&福祉バザー」での収益金を、竜王町社会福祉協議会に寄付した。

 このエコ&福祉バザーは、同女性部の初の試みで、商工会員や町内企業などに協力を求め、家庭・会社に眠っている贈答品など物品の提供を受けて、千円以下の安価な値段設定で来場者に販売。

 特にバスタオルやせっけんなど日用品が人気で、提供品約九百点を売り切り、バザー収益金六万三千八百八十円に募金千四百三十一円を加えた計六万五千三百十一円の寄付を決めた。

 島林部長は「値札付けや販売など多くの方に手伝っていただき、とてもありがたかった。眠っていた商品でもどなたかには役立つ物であり、このバザーを福祉に結び付けられてよかった」と述べ、竜王町社会福祉協議会の山中忠郎会長に寄付金を手渡した。

 受け取った山中会長は「お寄せいただいた寄付金は、地域福祉また在宅福祉に活用させていただきたい」と語った。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ