平成20年9月22日(月)第15144号

◆大津・大津市◆
若州人形座公演  
「はなれ瞽女おりん」
=10月12、13日大津で初演=

◆湖南・栗東市◆
栗東市観光協会
=“東海道ウォーク”=


◆東近江・愛東◆
マーガレットステーション
秋の手づくり&エコフリマ
=28日までの土日、祝日開催=


◆東近江・五個荘◆
うどんと喫茶の店「いっぺき」
23日 外村繁邸前にオープン
障害者の自立支援
=就労と暮らしの場つなぐ=


◆東近江・竜王町◆
安全・高品質 「プレミア米コシヒカリ」
道の駅竜王かがみの里で独占販売
=稲の力を信じて ―― 新竜王米が誕生=


◆東近江・近江八幡市◆
京滋のバンドとダンスチーム
琵琶湖畔はハワイアン
=27日 休暇村近江八幡に集う=


若州人形座公演  

「はなれ瞽女おりん」

=10月12、13日大津で初演=


◆大津・大津市◆

 大津市民会館(大津市)は十月十二、十三の両日、大津で初めて若州人形座公演「はなれ瞽女おりん」を開催する。

 若州人形座は、故水上勉氏が設立した福井県の「若州一滴文庫」の文化活動の一環として昭和六十一年に旗揚げし、若州一滴文庫くるま椅子劇場ほか、全国各地で様々な竹人形文楽を上演してきた。

 この「はなれ瞽女おりん」は、平成十三年京都の画廊での公演より、ひとりの語り手(飛鳥井かゞり)が、全ての登場人物の声を担当し、動くのは人形や仮面という形で上演。竹の持つ力強さとしなやかさを併せ持った人形は素朴であたたかく、水上文学の幽玄の世界にいざなう。

 公演は十月十二日午後六時からと、十月十三日午後一時からの二日間で入場料は全席自由で前売三千円(当日三千五百円)。問い合わせは、大津市民会(077―525―1234、FAX077―525―1788)


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


栗東市観光協会

=“東海道ウォーク”=


▲新善光寺
◆湖南・栗東市◆

 栗東市観光物産協会は十月二十六日、「秋の東海道ウォーク」を開催する。

 江戸時代、草津宿と石部宿の間に位置し、旅人が行き交った栗東のまち。四百年以上たった現代も、東海道沿いには多くの歴史遺産が残っている。東海道ウォークでは、梅ノ木村の小休本陣として、参勤交代の大名などの休息の場ともなっていた「旧和中散本陣」、田楽発祥の地である岡地域をはじめ、東海道沿いのさまざまな名所旧跡を訪れる。

 コースは約九キロ。集合場所は、JR草津駅(午前八時四十分)、参加費は一人千百円(当日徴収)。定員は三十人で、申し込み先着順。申込方法は事前に電話での申し込む。今月二十四日から受け付けを開始する。詳しくは、栗東市観光物産協会(077―551―0126)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


▲開催初日のフリーマーケット
マーガレットステーション

秋の手づくり&エコフリマ

=28日までの土日、祝日開催=


◆東近江・愛東◆

 秋の手づくり&エコフリーマーケットが、十三日からあいとうマーガレットステーションで始まった。二十八日までの土・日曜日、祝日に開催される。

 正面駐車場の特設会場には、木工芸や衣服、玩具などの二十店が並び、同ステーションを訪れた行楽客が楽しそうに品定めをしていた。

 問い合わせは同ステーション(0749―46―1110)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


うどんと喫茶の店「いっぺき」

23日 外村繁邸前にオープン
障害者の自立支援
=就労と暮らしの場つなぐ=


◆東近江・五個荘◆

 知的障害者の就労訓練の成果を実践するうどんと喫茶の店「いっぺき」が、東近江市五個荘金堂町の近江商人屋敷外村繁邸前にプレオープンし、古民家を改修した趣ある店内にだしの良い香りが漂った。二十三日が正式オープンで、当日に催されるイベント「ぶらりまちかど美術館・博物館」で初商いに挑み、時代を先取りした商人のまちに新たな活躍の場が誕生する。

 障害のある人の就労を支援することで、地域社会での自立をサポートする多機能型事業所群「クリエートプラザ東近江」が行う事業の一つで、めんの製造から調理、接客までを障害者が担う。

 めんは、事業所群の一つ就労訓練施設「びわ湖ワークス」(同市躰光寺町)で作ったコシのあるモッチリ感が自慢、サクサク衣の「天ぷらうどん」や、お揚げが三枚も入った「きつねうどん」のほか、「牛蒡うどん」「野菜たっぷりうどん」「カレーうどん」があり、季節に合った小鉢が添えられる。また「おにぎり」「炊き込みおにぎり」「コーヒー」「ジュース」もあり、ほっと一息をつきながら白壁の蔵屋敷や錦鯉が泳ぐ小川を眺めることが出来る。

 店の名前は、琵琶湖をイメージし、水も空も青く美しい「一碧(いっぺき)」から付けられ、木造平屋建ての店内は、古民家の落ち着いた雰囲気が心地良い。来店した地域住民らは「最高のロケーションだね。うどんも美味しいし、だしも良い味が出ている」と評判だ。

 価格は百五十円〜七百円、持ち帰り用生麺も百円とお得。営業日は水曜〜日曜の午前十一時〜午後三時だ。問い合わせは、いっぺき(0748―48―7210)、びわ湖ワークス(42―3715)へ。

 なお、クリエートプラザ東近江は、今年三月末に閉園した知的障害者の入所施設「県立しゃくなげ園」(日野町)の受け皿として、同園の指定管理者だった県社会福祉事業団が運営しており、東近江市から要望のあった無認可ののと川共働作業所(現能登川作業所)と五個荘共同作業所(現マイルド五個荘)を新体系に組み込んだほか、利用者が共同生活を営むグループホームとケアホームを能登川・五個荘地区に新設。両地区の半径三キロ圏内に、働く場と暮らしの場の六施設を構築する。

 その拠点となるのが「びわ湖ワークス」。合併によって利用されなくなった旧能登川水道事業管理センターを改修し、就労に必要な基礎訓練や職場実習を行うほか、「いっぺき」で出されるうどん麺やクッキーを製造しており、本人の障害の程度によって二年をめどに企業就職を目指す。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


安全・高品質 「プレミア米コシヒカリ」

道の駅竜王かがみの里で独占販売

=稲の力を信じて ―― 新竜王米が誕生=


▲消費者に安心とおいしさを届ける道の駅竜王かがみの里直売所の竜王米販売コーナー
◆東近江・竜王町◆

 日本の食の安全性について、再び疑問を投げかけた農薬汚染米の流通事件―。そんな暗いニュースを物ともせず、竜王町鏡地先にある道の駅竜王かがみの里で、新登場の「プレミア米コシヒカリ」が飛ぶように売れている。消費者の心をつかんだものは何か、取材した。

 道の駅竜王かがみの里の直売所には、その場で精米して販売する近江米コーナーが設けられている。販売する米は、安全性と品質にこだわる竜王町稲作経営者研究会が栽培した環境こだわり米(農薬や化学肥料の使用量を慣行の五割以下に抑えて滋賀県環境こだわり農産物の認証を取得した物)のみ。

 町内で収穫された米は、砂地の田んぼが多いため通常の米と比較してやや小粒だが、その分、米本来の持つ甘味やうま味が凝縮されており、おかずいらずで冷めてもおいしい。

 購入者の多くは近隣市町の主婦で、新米が出回る秋になると精米機がフル回転する。

 竜王産近江米のおいしさが浸透・定着した中で、新たに登場したのが「プレミア米コシヒカリ」。このプレミア米は、同研究会メンバー八人が稲の持つ力そのものを信じ、栽培期間中に農薬・化学肥料を使わず、農家として究極の愛情を注いだ逸品だ。

 「雑草が生えれば手で取ればいい。病原菌を侵入させない稲の力を信じ、新バージョンの竜王米を届けたい」と、草刈りの労苦また手間を惜しまずオール有機肥料で栽培。直売所には、その中でも一等米として認められた選りすぐりの物だけが並ぶ。

 農家の誇りと徹底した品質管理が消費者の心をつかみ、今月十一日からの道の駅竜王かがみの里での独占販売は好調な滑り出し。販売価格は一キロ五百四円。一見高値に感じるが、市場に出せば倍以上の値段が付くという。

 同里を運営する株式会社みらいパーク竜王の伴俊和取締役販売部長は「私たち直売所は、消費者の声を農家に、農家の思いを消費者に届ける役割があると考えている。双方が求める情報整理と安全な農産物の提供に力を入れていきたい」と話していた。

 プレミア米の販売は売り切れ次第、終了する。詳しくは、同里(0748―58―8700)へ。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


京滋のバンドとダンスチーム

琵琶湖畔はハワイアン

=27日 休暇村近江八幡に集う=


◆東近江・近江八幡市◆

 京滋のハワイアンバンドやフラダンスチームが、琵琶湖畔につどい、演奏やダンスを繰り広げる「びわこハワイアンバンドフェスティバル」が、二十七日午後一時から休暇村近江八幡西館芝生広場で開催される。

 第三十八回滋賀県芸術文化祭参加事業として実行委員会(丸山敬二委員長)を立ち上げ、休暇村近江八幡の共催、近江八幡観光物産協会の後援で開催。

 今回は、県内三グループと京都三グループのハワイアンバンドと、県内四チームと京都一チームのフラダンスチームが参加する。

 豊かな水と緑の琵琶湖畔が、この日一日だけハワイアンムードに染まる。入場無料。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ