平成20年10月9日(木)第15158号

◆全県◆
田島 3倍増の県議6人フル稼動
藤井 小西とのしこり解消アピール

◆湖南・野洲市◆
野洲市長選挙、後半戦へ
4候補が激しい舌戦
=旧中主町票が勝敗のカギ=


◆東近江・八日市◆
児童虐待を防止する講演会
「SOSを出せる環境を」
=山田容・龍谷大准教授=


◆東近江・能登川◆
実証運行「ちょこっとバス」
第2次実証で改正―能登川地区
5路線・9人乗りワゴン車導入
=期間も延長 地域密着、集落スイスイ=


◆東近江・竜王町◆
地域の中で見い出す役割
やまびこ作業所が新事業
=安否確認兼ねた「配食サービス」=


◆東近江・安土町◆
神になった信長・秀吉・家康
秋季特別展「天下人を祀る」
=11日から 安土城考古博物館=


田島 3倍増の県議6人フル稼動
藤井 小西とのしこり解消アピール


◆全県◆

 前回は、民主の田島一成が自民の藤井勇治と保守系無所属の小西理をきん差で破り、藤井が比例で復活当選。次期衆院選では、共産が候補を立てず、田島と藤井の一騎打ちの公算大。(敬称略)【石川政実】


【滋賀2区 (彦根市、長浜市、米原市、東近江市2区、愛知郡、犬上郡、東浅井郡、伊香郡)】

自民 藤井勇治

 アングラ情報がある。先月二十日ごろ、古賀誠党選対委員長はお忍びで藤井事務所を訪れて「各選挙区とも苦しい戦いだが、2区はうまくすれば当選できる」と激励したというのだ。本紙取材に藤井は「記憶にない」と否定するが、表のように前回の藤井と小西元衆院議員の票を合わせれば、計算上は田島に勝てる可能性も。ただし、絶対条件は前回の“しこり”の解消だ。 三年前の衆院選で郵政民営化法案に反対した小西に、党本部は古賀の秘書の藤井を公認し、刺客として送り込んだ。これに反発し、小西を支持する五人の県議を始め、百五人が集団離党した。公明も小西の応援に回った。藤井は当選後、県議らの復党を図った。

 藤井はこの四日、米原市で開いた拡大役員会で「先月三十日、東京で小西氏と食事を行った際、小西氏から『もう2区は藤井さんの地盤。がんばって』と激励を受けた」ことを紹介し、保守一本化をアピールした。後援会四十支部を中心に、女性組織「山水の会」(三千人)も稼働へ。遺族会や農協など自民の支援団体の掘り起こしに力を注ぐ。

民主 田島一成

 田島は先週、あえて藤井の地元の虎姫町を選挙カーで回ったところ、「手を振る人が多く、手応えを感じた」という。その背景には、前回は、県議が二人だったのが、現在は米原市、長浜市、犬上郡、愛知郡愛荘町で四人増えて六人になったことだ。県議ばかりでない。保守の牙城である伊香郡でも、町会議員が前回二人だったのが、現在は十数人に増えているという。

 この七月から九月までは、県会議員らと連動して、県政報告会の形でミニ集会を開催してきた。伊香郡は、町会議員を中心に展開した。これから公示までは、街宣活動に比重を移すという。政権交代の手応えをひしひしと感じるからだ。次期衆院選では小選挙区から候補者を出さない共産と、街宣活動で鉢合わせになっても「以前のような厳しいムードではない」と田島は苦笑する。さきがけから民主に入った田島だけに、労働組合の連合との連携強化は至上命令。昨年の県議選で彦根選挙区で当選した江畑弥八郎が連合党本部で局長を務めた実績を買って選対本部長に据える。自民が議席を一つ減らして、ごたつく長浜市に攻勢をかけていく。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


野洲市長選挙、後半戦へ

4候補が激しい舌戦

=旧中主町票が勝敗のカギ=


◆湖南・野洲市◆

 市制施行後で初の野洲市長選挙(十二日投開票)は後半戦に入った。いずれも無所属新人の前市総務部次長の舩橋登志夫候補(54)、前市議の藤村洋二候補(61)、前市議の荒川泰宏候補(54)、前滋賀県琵琶湖環境部長の山仲善彰候補(57)の四人が、行財政改革と重複する公的施設の対応などを争点に、激しい舌戦を繰り広げている。草刈り場である旧中主町の票の行方が勝敗を左右する。敬称略。

 舩橋は、地元三自治会中心の選挙体制で、三十一年間の行政経験を掲げ、野洲駅前中心の支持の輪を市内全域に広げる。

 動員が必要な集会よりも、街頭宣伝カーや辻立ちによる訴えを重視し、スーパーなどを精力的に回る。最終は地元に戻り、支援者とともにのぼりなどを持って練り歩く「桃太郎戦術」を実施し、票を固める。

 藤村は選挙前、低調なムードを盛り上げようと旧中主町でのフォーラム、旧野洲町では四会場で座布団会議(ミニ集会)を開いたほか、ビラを駅前で手配りし、知名度を上げてきた。

 一日二ー三会場で開く個人演説会は、応援演説の弁士を一人に抑え、有権者との意見交換を重視し、政策と人柄の浸透を図る。

 荒川は、後援会のほか自民系市議らで陣営を固める。個人演説会を一日一会場にとどめ、より多くの人に訴えを聞いてもらおうと、街頭演説に力を入れる。

 駅前やスーパーなどでのスポット演説で、政策や町議・市議通じて六期の実績、明るい人柄をアピールし、サラリーマンや女性に支持を訴える。とくに草刈り場である旧中主町には、積極的に攻勢をかけている。

 山仲は、一部保守系市議や山崎甚右衞門市長の支援を受けて保守票を取り組むとともに、連合の推薦を受けて民主、さらには公明、社民、市民グループなど幅広い支持を集めている。旧中主町は、地元有力者や元町議らを中心に浸透を図った。告示後は個人演説会を「対話の場」と位置づけ、質疑応答に力を入れるなど政策重視の戦いを進めている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


児童虐待を防止する講演会

「SOSを出せる環境を」

=山田容・龍谷大准教授=


▲東近江市役所別館で開かれた講演会
◆東近江・八日市◆

 増え続ける児童虐待を防止する講演会(東近江市要保護児童対策地域協議会主催)が六日、東近江市役所別館で開かれた。

 市内の民生委員、小中学校と幼稚園の教諭、保育士ら八十八人が出席し、講師の山田容・龍谷大学社会学部准教授の講演を熱心に聞き入った。

 児童虐待は主に身体への暴力が半数、次いでネグレクト(育児放棄)の三割で占められ、虐待者は実母六割、実父二割となっている。共通する背景は、▽地域・家族からの孤立▽不安定な生活基盤ーなどが挙げられる。

 この中で山田氏は「対応が早ければ早い方が良い。このため包み込むような支援を地域で構築し、気づきの力と早めの連絡が求められる」と呼び掛けた。

 具体的には「市町や児童相談所など公的機関が何でもできるわけでない。なるべく多くの人が担い合い、異常に気づく仕組みが大事」だとして、医療と教育、近隣のネットワークを示した。

 基本姿勢は「最低条件、子どもの命を守れなければ介入すべき」「親の言い分を聞くばかりでは対応できないので、親と子を分けての対応を」とアドバイスした。

 また、監視だけでなく日常の支えについても「母親(父親)が子を二十四時間叩いているのでなく、やさしい時もある。どんな時がいい状態なのか聞いて、それをつくるようにしてあげる。周囲は厳しいだけでなく、やさしい目も必要」と付け加えた。

 そして最後に「どんな家庭でも一〇〇%虐待が起こらないとはいえない。親がSOSを出せる環境を地域でつくってほしい」と訴えて締めくくった。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


実証運行「ちょこっとバス」

第2次実証で改正―能登川地区

5路線・9人乗りワゴン車導入
=期間も延長 地域密着、集落スイスイ=


◆東近江・能登川◆

 東近江市能登川地区で実施されている市内循環バス「ちょこっとバス」の実証運行が見直され、一日から、四路線を六路線に拡大すると共に、大中線を除く五路線(中洲線、城東線、ドリームハイツ線、神郷線、新宮線)で十人乗りのワゴン車を導入し、狭い集落内でも乗り入れできるよう対応した。

 実証運行は、利用や収支状況、利用者のニーズなどを基に本格運行に移行できるかどうかを検討するもので、交通空白地域として市民の移動手段に課題を抱えていた能登川地区に昨年十月、「出在家線」「伊庭循環線」「新宮線」「ドリームハイツ循環線」の四路線が設定され、委託を受けた湖国バスが二台のバスを運行してきた。

 今回の改正は、運行一年目の見直しとして利用状況やニーズなどを参考にしたもので、利用者の多い旧出在家線「大中線」(大中―福堂―山路)を、従来通り二十九人乗りのバスで運行させる。

 新しく十人乗りのワゴン車が導入されたのは、旧伊庭循環線を細分化させた「中洲線」(城東西―伊庭―猪子)と「城東線」(中央―須田―泉台)、旧ドリームハイツ循環線を細分化した「ドリームハイツ線」(ドリームハイツ―種―今)と「神郷線」(神郷―旭ヶ丘―丸善前)の四路線。「新宮線」(新宮西―川南―躰光寺)については名称・コースとも従来通りで、小型化させたワゴン車が走る。

 なお、各旧路線の一日平均乗車人数は、旧出在家線が三四・一人、旧伊庭循環線が九・〇人、旧ドリームハイツ循環線が一四・二人、新宮線が一六・〇人となっている。

 実証期間は、従来の二十一年三月末から二十三年三月末まで延長され、同地域にとって最もよい形での運行方法を見出していく。

 全線ともJR能登川駅と市立能登川病院を経由、運賃は一律おとな二百円(小学生百円、乳幼児無料)。問い合わせは市交通政策課(0748―24―5658)。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


地域の中で見い出す役割

やまびこ作業所が新事業

=安否確認兼ねた「配食サービス」=


▲「温かいうちに食べてください」との言葉を添えてサービス利用者に弁当を手渡す配達員ら(竜王町内で)
◆東近江・竜王町◆

 “笑顔が自慢の配達員が自宅までお届けします”をキャッチフレーズに、竜王町鵜川のやまびこ作業所が、十月一日から安否確認も兼ねて昼食の弁当を届ける「配食サービス見守り事業」を始めた。

 この事業は、町内在住の六十五歳以上の一人暮らしまた高齢者のみの世帯、調理が困難なため食事の確保が難しい人、安否確認が必要な人などを対象にした介護サービスの一つ。

 竜王町地域包括支援センターが業者へ委託していたものを、今年度からやまびこ作業所が新たに委託を受けて事業展開する。

 同作業所では、織物・陶芸・リサイクル・パピルス・農作業に班分けし、障がいのある人たちが安心して働ける環境整備と利用者自身が生きがいを見い出すきっかけづくりに力を注ぐ。

 念願だった食品分野への新規参入に、寺田孝明施設長は「利益を最優先する業者とは採算ベースが異なる。作業所はボランティアと企業のすき間を補える強みがあり、そのすき間にこそ可能性が広がっていると思う。毎日の生活の中でたくさんの人と出会い、誰かの役に立つという経験が、障害のある人たちの地域での役割ややりがいを生み出していく」と語り、新たな一歩に期待を膨らませる。

 調理については、JAから長期借用している作業所横の建物の厨房で、栄養士が個々の状態に合わせてカロリー計算した献立にそって職員(調理師ら)が行う。

 作業所で働く障がいのある人たちは、職員とともに配達員として活躍する。配食サービス初日は、「お味噌汁など温かいうちに食べてください」とやさしい言葉を添え、待っていたお年寄りにできたての弁当を届けた。「ありがとう。これからもよろしくね」とのサービス利用者の声掛けに、配達員たちは満面の笑みを浮かべていた。

 やまびこ弁当のサービス利用者負担額は、ごはん・おかず・汁物付きで一食(平日の昼食のみ)四百円、おかず・汁物のみの場合は三百五十円。詳しくは、やまびこ作業所(電話0748―58―2583)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


神になった信長・秀吉・家康

秋季特別展「天下人を祀る」

=11日から 安土城考古博物館=


▲左から織田信長画像(そう見寺蔵)、豊臣秀吉画像(大阪城天守閣蔵)、徳川家康画像(安土城考古博物館蔵)=いずれも部分=
◆東近江・安土町◆

 県立安土城考古博物館の秋季特別展「天下人を祀る―神になった信長・秀吉・家康―」が、十一日から開幕する。十一月十六日まで。

 戦国乱世を統一に導いた天下人、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康は、三人とも自ら神になることを望んだと言われ、実際に神となって行く。

 信長は、生きながら神となろうとしたことが実現せず仏として供養され、明治維新後に神格化された。

 秀吉は、遺言通り京都東山に豊国大明神として祀られ、徳川家康に対抗するため信仰を全国に広めたが、豊臣氏が滅亡すると、家康により神の座から引きずり下ろされてしまう。

 家康は東照大権現となり、日光に壮麗な社殿が造られた。三代将軍家光は、自分が家康の生まれ変わりであると主張して、東照大権現の信仰を全国に広めた。

 特別展では、それぞれの神格化の経緯とその背後にある意図を、関係資料や記録を元に紹介し、三人の神格化の共通点・相違点を考えて行く。

 会期中には関連行事も開催される。奈良大学の河内将芳准教授による記念講演会「天下人の『死』とその儀礼」が十月二十六日午後一時半から。十一月二日午後一時半からのシンポジウム「肖像画からみた神格化」では、大阪城天守閣研究の北川央副主幹による基調講演「豊臣秀吉の神格化と秀吉画像」、模写制作家の富澤千砂子さんによる事例報告「多賀大社本秀吉像の復元模写の成果から」のあと、討論が行われる。いずれも参加費無料で、定員は当日先着順百四十人。また、十月十二日と十一月八日には、午後一時半からギャラリートークが開かれ、企画展の解説が受けられる。こちらは、参加無料だが特別展入館料が必要。

 同館は月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)休館。入館料は大人八百六十円、高大生六百十円、小中生四百円。

 問い合わせは、県立安土城考古博物館(TEL0748―46―2424)まで。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ