平成20年10月26日(日)第15172号

◆全県◆
成安造形大学学生
=県PRのポスター展示=

◆湖南・野洲市◆
らんの家で
“秋の蘭展”


◆東近江・湖東◆
農業中心にした地域活動を評価
=読合堂営農組合が農水大臣表彰=


◆東近江・八日市◆
振り込め詐欺被害を防げ
南部地区で学習会
新手口で被害拡大
=留意点と対処法学ぶ=


◆東近江・五個荘◆
実話をもとに油山事件描く
NHKドラマ「最期の戦犯」
主演のARATA、倍賞美津子
=五個荘北町屋と金堂で撮影=


◆東近江・近江八幡市◆
西之湖園地の池を復元
メダカ1千匹放流
=びわ湖八幡ロータリークラブ=


成安造形大学学生

=県PRのポスター展示=

◆全県◆
 成安造形大学の学生が制作した県PRのポスター作品十五点が三十一日まで、県庁三階の渡り廊下で展示されている。

 これは、同大学のデザイン科グラフィックデザインクラス(三年生前期受講生)が、授業の一環として「滋賀県をPRする」ことを課題に、県広報課から素材提供を受けてポスター作品の制作を進めてきたもの。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


らんの家で

“秋の蘭展”


◆湖南・野洲市◆

 野洲市小篠原の「らんの家TSUTSUMI(堤研二代表)は二十四日から十一月三日の十一日間、「秋の蘭展」を開催している。

 らんの家設立二十周年を迎えて、洋蘭講習(無料)や、スピードくじでの洋蘭のプレゼントを企画している。

 内容的には、蘭愛好家が丹精こめて作った作品展示、人気投票(抽選で三人に洋蘭プレゼント)など。また、鉢物オークション=二十五、二十六日、十一月一日)、洋欄講習(無料)=二十七、二十九、三十一日(各日とも午後二時開催)なども予定されている。

 スピードくじにて洋蘭プレゼント


 ▽大賞及び各賞について=展示品の全ての中から審査をし、下記の通り各賞を設定します。一位大賞一点(野洲市長賞)、二位優良賞三点、三位各蘭園賞(一蘭園一賞とする)優秀賞・努力賞・珍品賞もある。その他、全参加者に参加賞を企画している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


農業中心にした地域活動を評価

=読合堂営農組合が農水大臣表彰=


▲中村市長に受賞を報告する西澤組合長ら(右端)
◆東近江・湖東◆

 湖東地区の読合堂営農組合(西澤喜久雄組合長)が、平成二十年度豊かなむらづくり全国表彰事業近畿ブロック表彰で農林水産大臣賞を受賞し、二十四日に東近江市役所を訪れ、中村功一市長に受賞の報告をした。

 この事業は、農林水産省と日本農林漁業振興会の共催で、農林漁業を中心に生活文化を含む幅広い地域活動に対して表彰するもの。

 読合堂営農組合は、平成五年に設立、今年一月には法人化され、現在の組合員は五十三人。

 農業の担い手不足や農業機械への過剰投資などを解決するため、作業の協業化や環境こだわり農産物の栽培、子どもらの稲作体験、都市住民と交流を図る「田んぼのオーナー制度」など、地域農業を基盤に自然と調和した取り組みが評価された。

 西澤組合長は「今回の受賞はこれからの活動の励みになります。受賞をきっかけにみんなで今後の活動を盛り上げていきたい」と話していた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


振り込め詐欺被害を防げ

南部地区で学習会

新手口で被害拡大
=留意点と対処法学ぶ=


▲南部コミュニティセンターで開かれた勉強会
◆東近江・八日市◆

 振り込め詐欺の被害にあわないように警戒を呼びかける勉強会が二十四日、東近江市の南部コミュニティセンター(旧南部公民館)で開かれた。

 同地区防犯自治会(加藤浩一会長)が、振り込め詐欺の被害は市内にも広がっており、人ごとではなく、地区内から被害者が出ないようにと東近江市に出前講座を要請。市から生活安全課と消費生活課の職員ら三人が訪れ、集まった高齢者ら約三十人に振り込め詐欺の手口や被害にあわない対処法を学んでもらった。

 振り込め詐欺は、大きく分けて家族になりすます「オレオレ詐欺」、税金などを返金するという「還付詐欺」、借金を申し込む際の「融資保証詐欺」、アダルトサイトなど不当な利用料を要求する「架空請求詐欺」の四パターンがあり、最近では還付詐欺や融資保証詐欺などの被害が増えている。

 県内の今年一月から九月末までの被害は、届けがあるものだけで百二十七件、被害額は一億五千五百万円にものぼっている。東近江署管内でも八件、八百八十五万円の被害届けがあり、増加の一途を辿っている。

 勉強会では、こうした増加している被害の実態や巧みな話術で騙されやすい手口を三人の職員による寸劇を交えながら紹介。現金を要求するような電話がかかってきたら(1)嘘ではと疑い、あわてない(2)せかす相手の話術につられてすぐに振り込まない(3)家族などに事実確認をする(4)090から始まる電話にはかけないなど、被害を未然に防止するポイントを学んだ。

 また、実際にあった被害事例を紹介した啓発ビデオ「許すな振り込め詐欺」を観て、警戒心を強め、参加者同士が注意しあっていた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


実話をもとに油山事件描く

NHKドラマ「最期の戦犯」

主演のARATA、倍賞美津子
=五個荘北町屋と金堂で撮影=


▲ドラマ「最期の戦犯」の撮影風景(五個荘金堂町花筏通り)
◆東近江・五個荘◆

 実話をもとに戦中・戦後の日本を描いたNHKスペシャルドラマ「(仮称)最後の戦犯〜最後のBC級戦犯・幻の手記から〜」のロケが始まり、主演のARATA(34)と倍賞美津子(61)両氏そろっての撮影が、東近江市五個荘金堂町と北町屋町で行われた。

 「最後の戦犯」は、小林弘忠氏のノンフィクション『逃亡―「油山事件」戦犯告白録』をベースにした終戦ドラマで、上官の命令により、アメリカ人捕虜(B29のパイロット)の首を切り落とした油山事件(福岡県福岡市)の見習士官・佐田野修を主人公にする。

 戦後、戦犯として追われる身となり、三年半にわたる逃亡生活を続けるものの、ついに逮捕され横浜裁判最後の被告となる。彼に下された判決は―、実在の男性の手記をもとに戦中の狂気と逃亡生活を描き、戦犯を裁く「東京裁判」の様子もふれられている。

 メインの撮影場所は兵庫県加古川市だが、逃亡先の陶器工場(岐阜県多治見市)を設定に五個荘北町屋町の萬松園が選ばれ、五右衛門風呂に浸かる主人公(ARATA)の一シーンが撮られた。また、警察の尋問を受けている母親(倍賞美津子)が釈放され、娘とともに家路に着く場面を五個荘金堂町花筏通りで撮影し、近江商人屋敷の舟板塀と赤い丸型のポストが戦後の時代背景に溶け込んだ。共演は原沙知絵(30)、田辺誠一(39)ら。放送は十二月七日午後九時。

 なお萬松園は、江戸時代中期から京都、大阪で呉服商を営んでいた近江商人・市田庄兵衛の本宅で、明治初期に築かれた母屋は京町家風の木造二階建て。広がる回遊式庭園の素晴らしさから、庭園名の「萬松園」と呼び親しまれている。また、売買のため取り壊し寸前だった同屋敷を同町自治会が買い取り、郷土愛や地域の歴史を語るシンボルとして保存・利用している。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


西之湖園地の池を復元

メダカ1千匹放流

=びわ湖八幡ロータリークラブ=


▲整備作業に汗を流す参加者
◆東近江・近江八幡市◆

 近江八幡・竜王・安土の三市町を圏域とするびわ湖八幡ロータリークラブ(西川雅啓会長)は、自然保護活動の一環として、近江八幡市北之庄町と円山町にまたがる西の湖畔に整備された西之湖園地の荒れ果てていた池を復元し、水性植物を植え、メダカを放流する「めだかの学校」事業に取り組んでいる。

 十八日には、北之庄老人クラブ(井上彰雄会長)の会員も手伝って、今月はじめに掘り起こされた池の周りに、ハナショウブ、アゼスゲ、マコモ、オギなどの水性植物の移植、ナノハナやレンゲの種まき作業、一周約百メートルの柵や、看板、木製の親水階段設置などに汗を流した。

 三十日には、開校式が予定されており、近江兄弟社保育園の園児と一緒に会員が県内各地で捕獲してきたメダカ約一千匹を放流する。

 池は地中で西の湖の水脈とつながっており、西の湖の水位に応じて池の水位も上下する。また、池に水が入ったことにより、ヨシが顔を出した。周辺調査により、オグルマなど貴重な湿地植物が見つかり、保護することにしている。年二回咲く珍しいサクラもあり、一年中、楽しむことができる。

 西川会長は、「利用者に琵琶湖の自然環境を守ろうという意識がめばえてくれれば」と、話している。 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ